インテグリティ・ヘルスケアで次世代に残るプロダクトを作りたい!

株式会社インテグリティ・ヘルスケアに入る前

インテグリティ・ヘルスケアへの入社前

私は中学を卒業してから10年間、航空自衛隊に在隊していました。主に無線機の整備をしていましたが、訓練もありますし、2年ぐらい総務の仕事をしたり、基地内のパソコンのセットアップや管理をしたり、色々経験させてもらいました。

もともとパソコンをいじるのが好きで、航空自衛隊での仕事の傍ら、プライベートの時間を使ってサイバー大学という通信制大学に入学し、4年間、ITを基礎から学習しました。卒業研究では、テーマを決める頃に東日本大震災が発生したこともあり、DTN(遅延耐性ネットワーク)という技術を使った、通信が途絶した環境下での代替通信手段の研究を行っていました。その頃から、ITで社会に役立つプロダクトを作りたいという思いがありました。

大学卒業後、航空自衛隊からIT企業に転職し、主に業務システムの開発を3年間行ってきました。ITインフラを作るやりがいのある仕事ではありましたが、段々と自分の求める仕事の方向性とは違うと感じるようになりました。ITをもっと違う形で活用し社会に貢献したいという想いから、転職を決意し、インテグリティ・ヘルスケアへの入社を決めました。

現在

インテグリティ・ヘルスケアへの入社を決めた理由

インテグリティ・ヘルスケアとは、ある転職サイトでのスカウトメールをきっかけに知りました。それまで医療系は全く考えていなかった、と言うより縁遠い世界だと思っていましたが、新しいことにチャレンジしたい気持ちもあったので、最初は軽い気持ちで面談に進みました。そして面談を重ねる内に、私の以下の2つの転職軸に非常にマッチしていたので、入社を決めました。

1つ目は、社会に貢献できるプロダクトを作ることです。インテグリティ・ヘルスケアでは、誰もが認知している超高齢化社会の医療の問題に取り組んでいます。その非常に大きな社会問題の解決に、自分のITの知識や技術が役に立つなら、これ以上の仕事はないと思っています。

2つ目は、自分のスキルアップができる環境であることです。今までは、安定稼働を求められるシステムの開発が多く、信頼性の高い一世代前の技術ばかり使っていたため、インテグリティ・ヘルスケアで使用している最新の技術はとても魅力的でした。また入社までの面談はほとんどがCTOの島本さんと行いましたが、面談の中で感じた技術力の高さや人柄を見て、この人と働きたいと思ったことも決め手の一つでした。

今後どういうことをしていきたいか

インテグリティ・ヘルスケアでチャレンジしたいこと

私のエンジニアとしての最終目標は、次の世代まで残るようなプロダクトを作ることです。インテグリティ・ヘルスケアの取り組みは、日本の医療をより良くし、今後の日本を変えるぐらいの力を持っていると思っています。それを実現するために、エンジニアとしての技術を磨いて、より大きくこのプロダクトを育てていきたいです。

とはいえ、まだ入社から間もなく、インテグリティ・ヘルスケアの皆さんのスピード感やモチベーションの高さに圧倒されています。まずはインテグリティ・ヘルスケアのエンジニアとしての下地を固めていき、着実に成長していきたいと思っています。

インテグリティ・ヘルスケアは、やる気と向上心のあるエンジニアにとっては最高の環境だと思います。まだまだエンジニアの数も少ないので、社会に役立つ開発をしたい、と思っているエンジニアの方は是非検討してほしいですね。

株式会社インテグリティ・ヘルスケア's job postings
Anonymous
72e374d8 982d 4450 8956 48ec65d489a3?1526313018
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
Picture?1523039868
15355608 10154307995078892 3971485937625445736 n
B06ad251 e559 4534 9478 1095a567da00
5 Likes
Anonymous
72e374d8 982d 4450 8956 48ec65d489a3?1526313018
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
Picture?1523039868
15355608 10154307995078892 3971485937625445736 n
B06ad251 e559 4534 9478 1095a567da00
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon