【インターンインタビュー第一弾】#自由な働き方について

ごあいさつ

はじめまして!インベストデザイン株式会社の槙塚と申します。

前回のオフィス紹介の記事でいじられていたあの人です。


今回は弊社に所属するインターンの三宅くんにインタビューを敢行しました!

インタビュー第一弾の今回は”インベストデザインでの働き方”について聞いていきたいと思います。

三宅くんについて


まず「三宅って誰?」となると思うので、軽く彼の紹介をさせていただきます。

本名:三宅 翼

年齢:21歳

所属:早稲田大学国際教養学部

今年(2018年)の5月から弊社にジョインしてくれたインターン生です。

社会での実務経験を積みたいという理由で弊社に参画してくれました。

現在は週3日出勤し、私のもとで主に採用マーケティングを担当してくれています。

働き始めてまだ半年ですが、今では重要な戦力になってくれています。

インタビュー開始!

それでは前置きはこんなところで、早速インタビューを始めさせていただきます。


槙塚:約半年働いてきたと思うけど、インベストデザイン(以下インベスト)での働き方についてはどう感じている?


三宅:そうですね。まず僕は学生という立場なので、どうしてもテスト期間であったり、学校の行事があったりでインターンをお休み・時短勤務したい場合があるんですが、中川社長がとてもご理解のある方なので、「学業優先だから休みなよ!」と快くお休みをくださる事に一番感謝しています。おかげで前の学期でも申請した18単位すべて取ることができました!(半期の単位の上限は20単位なので結構優秀な結果です)
三宅:また、僕より一回りほど大人の方が多い中でもとても温かい雰囲気で、いつでもなんでも相談できる社内環境にはとても恵まれているなと思っています。みなさん優しくて、僕の事を見守ってくれているような感覚なので、常に色んなことにチャレンジできて、成長にも繋がっていると感じています。
三宅:あとは、他人の話になってしまうんですが、お父様の介護と仕事を両立している社員がいます。週1程度お休みをしていたり、早上がりしながらお仕事をこなしているのがすごいなぁといつも見ているのですが、弊社の柔軟な雇用体制があってこその働き方なんだろうなぁと感じています。


槙塚:三宅くんって結構いろんなところで仕事してるよね、ベランダとか、ベンチとか。

三宅:そうですね(笑)僕は昔から落ち着いて行動できないクセがあって、一箇所座って仕事していると集中が切れちゃうんです。「どこで仕事してもいいよ」って許されているインベストだと、一段落つくたびに移動を繰り返して気分を変えられるのですごく気に入ってます。
三宅:「なんでもOK!!」ってわけでもないですが、インベストのほどよく自由な社風はすごく好きですね。

(三宅くんお気に入りのベンチ)


槙塚:そういう面で言うと、お昼寝できる点も三宅くんには大きいかもね

三宅:本当にそうですね。僕はロングスリーパーなので、人より睡眠が必要なんです。だから昼休みのお昼寝の時間は本当に至福のひと時ですね。
三宅:あとは、昼休憩を自由な時間にとれる点もすごくありがたいです。僕は待ち時間が大嫌いで、コンビニやお弁当屋さんでも絶対に列に並びたくないので、空いている早いor遅い時間帯を狙っていつもお昼ご飯を食べてます。列に並ぶくらいなら僕は寝てたいので(笑)
三宅:あといつもお菓子をくれる澤田さんには感謝でいっぱいです(笑)頭を使うとお腹がすくので、快くお菓子を分けて頂けるのは本当にありがたいです。

(澤田さんお菓子たちと変な本)

三宅くんのいらない余談


三宅くんから謎の余談をいただきました。。

三宅:本当に余談なんですけど、僕ちょっと頻尿気味なところがあるんです。だからいくらトイレに行っても怒られないのもありがたいですね(笑)「トイレに行く」ことって意外と気分転換になったりして、僕としては結構好きな行動なんですけど、学校の先生とかって怒る人いるじゃないですか。それがないだけで僕としては万歳って感じです(笑)


おわりに

いかがだったでしょうか?

次回は三宅くんにインベストでの成長について聞いていきます。

インターンに興味のある方、弊社が提供できる成長環境について興味のある方には

ぜひお読みいただけたら嬉しいです。

それではまた!

インベストデザイン株式会社's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings