1
/
5

大東建託グループ全拠点に「申込受付くん」を提供開始します!

【プレスリリース】
7月中旬より賃貸住宅の入居申込書のWEB受付システムの提供を開始します!

イタンジ株式会社は、7月中旬より大東建託株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:小林 克満、以下「大東建託」)に賃貸住宅の入居申込書のWEB受付システム「申込受付くん」の提供を開始します。

プレスリリース

<本件のポイント>
● WEBサイト上で入居申込手続きが可能に
● 入居申込書の提出のための来店が不要に
● 大東建託グループ全417店舗(2019年6月11日現在)へ順次導入予定

申込受付くんサービスサイト:​https://moushikomi-uketsukekun.com/lp


国土交通省が進める賃貸契約の電子化を見据え、利便性と業務効率の向上を目指します。

今後も、テクノロジーを活用した不動産業務支援を通じ、デジタル社会に対応した不動産業界の発展と新たな顧客体験の創造に貢献してまいります。

不動産テックや新サービスに興味のある方はぜひオフィスに遊びに来てください!下記の求人もチェックしてもらえると嬉しいです!


カスタマーサクセスマネージャー
業績好調で組織拡大中!カスタマーサクセスチームをリードいただける方募集!
イタンジは、「テクノロジーで不動産取引をなめらかにする」というミッションを掲げるVertical SaaSスタートアップです。 不動産リーシング業務のリアルタイムデータベースである「ITANDI BB(イタンジ ビービー)」や、不動産賃貸業務のDXサービス群「ITANDI BB +(イタンジ ビービー プラス)」、「nomad cloud(ノマドクラウド)」、セルフ内見型賃貸サイト「OHEYAGO(オヘヤゴー)」など、不動産事業者向けのSaaSや消費者向けの不動産賃貸サービスを開発・運営しています。 下記動画にて、不動産業界が抱える課題と私たちのソリューションを簡潔に紹介しておりますので、ぜひご覧ください。 【toBサービス ITANDI BB, ITANDI BB +(3分)】 https://www.youtube.com/watch?v=9DWmSGZp3tg 【toBサービス ノマドクラウド(2分)】 https://youtu.be/D-BKHy_ql4o 【toCサービス OHEYAGO(50秒)】 https://www.youtube.com/watch?v=z4a0DmMzmkU また現在、更なる事業拡大を目指すフェーズとなっており、 「暮らしと人をつなぐプラットフォームで人々の生活を豊かに」というビジョンを掲げ、 不動産賃貸取引のみにとどまらず、引越しやその先の暮らしを変えるソリューションを提供し、 新たな暮らしのインフラを創ろうとしています。 私たちは、日本のSaaS企業の中でも高い成長を続けており、取り組む事業はもちろん、 PropTechという領域自体も国内外共に盛り上がりを見せています。 2021年4月、デジタル改革関連法案が衆院本会議で可決されました。 これにより、不動産業においては、賃貸・売買契約における重要事項説明の非対面化および、書類手続きの電子化が施行される予定であり、賃貸業務における電子化のニーズが高まっています。 ❐ 不動産賃貸業務の業者間リアルタイムデータベース「ITANDI BB(イタンジ ビービー)」 ❐ 不動産賃貸業務のDXサービス群「ITANDI BB +(イタンジ ビービー プラス)」   サービスサイト https://lp.itandibb.com/ 不動産賃貸領域においてのリアルタイムな物件データベースを実現した「ITANDI BB」。 その関連システムである「ITANDI BB +」は顧客管理機能を有し、物件検索から内見、入居申込、契約、更新、退去手続きまでを一気通貫でサポートする、不動産賃貸業務のDXサービス群です。 withコロナ時代の新たな生活様式に対応した賃貸不動産業務の実現を推進し、現在、約1,900店舗の管理拠点で導入、約38,000店舗の仲介拠点で利用されています。 「ITANDI BB +」には、累計利用者数340万人を超えるAIを活用した顧客管理・自動物件提案システム「ノマドクラウド」や、累計電子申込数約49万件の不動産関連WEB申込受付システム「申込受付くん」などの、賃貸不動産業界のインフラとも呼べるサービスが含まれています。 (※2021年7月現在) ❐ 新サービス セルフ内見型賃貸サイト「OHEYAGO」   サービスサイト https://oheyago.jp/ 「OHEYAGO(オヘヤゴー)」は、スマートロックを活用することで、入居希望者がスマホ1つで内見から申し込みまでが即日中に可能な、新しい部屋探し体験を提供するサービスです。内見に不動産会社スタッフの同行が不要なため、入居希望者は自身の都合で希望する部屋を内見し、IT重説を活用することで不動産会社へ一度も来店せず、物件を借りることが可能な新しい賃貸サービスです。 ■『OHEYAGO』はどこが新しい? 事業モデルとめざす世界を徹底解説 https://www.wantedly.com/companies/itandi/post_articles/334811 日本の不動産業界は約40兆円もの巨大市場ながら不透明なことが多い状況です。これは同時にイノベーションの余地が多く残されているということ。 このようなテクノロジーによって業務の分業化・自動化を進め、不動産取引をなめらかにすることで、不透明で非効率な不動産業界を変えたいと本気で思っています。
イタンジ株式会社


BtoBフィールドセールス
好調につき募集再開!不動産TechベンチャーでセールスをWANTED!
イタンジは、「テクノロジーで不動産取引をなめらかにする」というミッションを掲げるVertical SaaSスタートアップです。 不動産リーシング業務のリアルタイムデータベースである「ITANDI BB(イタンジ ビービー)」や、不動産賃貸業務のDXサービス群「ITANDI BB +(イタンジ ビービー プラス)」、「nomad cloud(ノマドクラウド)」、セルフ内見型賃貸サイト「OHEYAGO(オヘヤゴー)」など、不動産事業者向けのSaaSや消費者向けの不動産賃貸サービスを開発・運営しています。 下記動画にて、不動産業界が抱える課題と私たちのソリューションを簡潔に紹介しておりますので、ぜひご覧ください。 【toBサービス ITANDI BB, ITANDI BB +(3分)】 https://www.youtube.com/watch?v=9DWmSGZp3tg 【toBサービス ノマドクラウド(2分)】 https://youtu.be/D-BKHy_ql4o 【toCサービス OHEYAGO(50秒)】 https://www.youtube.com/watch?v=z4a0DmMzmkU また現在、更なる事業拡大を目指すフェーズとなっており、 「暮らしと人をつなぐプラットフォームで人々の生活を豊かに」というビジョンを掲げ、 不動産賃貸取引のみにとどまらず、引越しやその先の暮らしを変えるソリューションを提供し、 新たな暮らしのインフラを創ろうとしています。 私たちは、日本のSaaS企業の中でも高い成長を続けており、取り組む事業はもちろん、 PropTechという領域自体も国内外共に盛り上がりを見せています。 2021年4月、デジタル改革関連法案が衆院本会議で可決されました。 これにより、不動産業においては、賃貸・売買契約における重要事項説明の非対面化および、書類手続きの電子化が施行される予定であり、賃貸業務における電子化のニーズが高まっています。 ❐ 不動産賃貸業務の業者間リアルタイムデータベース「ITANDI BB(イタンジ ビービー)」 ❐ 不動産賃貸業務のDXサービス群「ITANDI BB +(イタンジ ビービー プラス)」   サービスサイト https://lp.itandibb.com/ 不動産賃貸領域においてのリアルタイムな物件データベースを実現した「ITANDI BB」。 その関連システムである「ITANDI BB +」は顧客管理機能を有し、物件検索から内見、入居申込、契約、更新、退去手続きまでを一気通貫でサポートする、不動産賃貸業務のDXサービス群です。 withコロナ時代の新たな生活様式に対応した賃貸不動産業務の実現を推進し、現在、約1,900店舗の管理拠点で導入、約38,000店舗の仲介拠点で利用されています。 「ITANDI BB +」には、累計利用者数340万人を超えるAIを活用した顧客管理・自動物件提案システム「ノマドクラウド」や、累計電子申込数約49万件の不動産関連WEB申込受付システム「申込受付くん」などの、賃貸不動産業界のインフラとも呼べるサービスが含まれています。 (※2021年7月現在) ❐ 新サービス セルフ内見型賃貸サイト「OHEYAGO」   サービスサイト https://oheyago.jp/ 「OHEYAGO(オヘヤゴー)」は、スマートロックを活用することで、入居希望者がスマホ1つで内見から申し込みまでが即日中に可能な、新しい部屋探し体験を提供するサービスです。内見に不動産会社スタッフの同行が不要なため、入居希望者は自身の都合で希望する部屋を内見し、IT重説を活用することで不動産会社へ一度も来店せず、物件を借りることが可能な新しい賃貸サービスです。 ■『OHEYAGO』はどこが新しい? 事業モデルとめざす世界を徹底解説 https://www.wantedly.com/companies/itandi/post_articles/334811 日本の不動産業界は約40兆円もの巨大市場ながら不透明なことが多い状況です。これは同時にイノベーションの余地が多く残されているということ。 このようなテクノロジーによって業務の分業化・自動化を進め、不動産取引をなめらかにすることで、不透明で非効率な不動産業界を変えたいと本気で思っています。
イタンジ株式会社
イタンジ株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
2 いいね!
2 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう