定年説なんて話題もあった35歳エンジニアがスタートアップに転職した経緯

社員一同で入社理由をカミングアウトするこの連載企画、
とうとう自分にお鉢が回ってきてしまいました。
少しの間ですがお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。

これまでの働き方

ITプロパートナーズ入社前は10年ちょっとの間でいくつかの会社に所属していました。
会社は違えどどの会社でも外部に常駐で作業する、いわゆるSESのエンジニアとして
大小様々な会社やプロジェクトに関わっていました。
主に転職のタイミングで年収を上げ、会社に不満があると次の会社に移る…
職歴は汚れるけどやること一緒でしょ!IT業界なんてそんなもの!
という生き方を若い頃はしていました。

常駐先ではプロマネとして任されることはなかったですが、
チームリーダー程度の仕事は任されることも増え、
一緒に働く方とも良好な人間関係を築いていたのでSESという働き方に特段不満はなく、
不満があるとしたら月1回の帰社日イベントや
常駐先での評価より社内プロジェクトの評価の方が高いことくらい。
奥さん・子ども2人・犬1匹と暮らしていけるだけの給与も頂いてましたので
変化はないけど挑戦もない、そんな日々を過ごしていました。

訪れる転機

そんな働き方をしていた自分に転機が訪れました。
それまで2年在籍していたプロジェクトが常駐先の都合で
関わっていたほとんどの外部エンジニアをリリースすることになりました。
もちろん、フリーランスではないので会社が次の案件を探してくれますが、
自分の希望に合う案件というのはなかなか見つからず、
そこで働き方を考える機会になりました。

美味しくご飯が食べられるのか?

今までであれば似たような会社に転職し、同じようにSESか、
フリーランスで働くのもアリかな、などとと考えていましたが、 当時は34歳、
それまで色々な業種に携わっていた自分にはウリとなる業務知識はありません。
ましてや絶対的に技術に自信を持つエンジニアでもない。
プロマネとして参画はできるか?いや、プロパーがやることが多く経験もない。
言われたものを作ってテストしておしまい、それ以外のことの経験がほぼない状態で
10年後も今と同じように家族と美味しくご飯が食べられるのか…?
この先もエンジニアとして働くことを前提に考え出すと、不安が募る一方でした。


これからどうなりたいのかを考えた

まずはフリーランスを考えましたが、過去にもそのような時期があり
当時のリーマンショックで内定していた契約が吹き飛び
3ヶ月まるまる仕事がなかったことがありました。
その時点でフリーになっても経験に少し毛が生えた状態、かつ年齢も増えていますので
同じような状況になった場合は確実に詰むと思って諦めました。

次に、エンジニアになる前はわずかですが営業として働く時期もあり、
人と関わるのが苦にならない性格でもあるので、
エンジニア以外の武器を使って、小さな会社を大きくできるような実績を積めば価値が上がるかな、
などと考え、その軸で探しました。

ベンチャーと呼ばれるいくつかの企業を含めて何社か回るも
年齢とスキルがミスマッチし不採用のお祈りが届く日々…
35歳のこれと言って武器のないエンジニアを採用してくれる企業はそうあるわけもなく、
エンジニア定年説が頭を過ぎ、職歴を汚していたのをただただ後悔する。。。

心が折れたも同然の2015年末の最終営業日に当時7名、エンジニアは1名という会社の面接で、
そんな自分に共感してくれ、一緒に成長しましょうと言ってもらった会社が現れ、
小さなスタートアップの会社でチャレンジすることを家族にも了承してもらい
5年勤めた前職を退職しました。

ITプロパートナーズで働き始める

入社して1年半が経ちます。
これまでとの違いは以前にまとめたので見てみてください。

営業経験が生かせるかな、なんて思ってましたが、甘かった。。。
会社は順調に成長し、年下の優秀な社員もたくさんおり、
年長者のおっさんが迷惑をかけながらも必死にやっている、そんな毎日を過ごしています。
当初期待していただいていた部分も裏切っていることも多くあると思います。
課題もたくさんあり、こういう場でしか振り替える余裕はありません。

それでもこの1年半でエンジニアとしての幅は拡がりました。
高い自己実現を掲げているみんなと一緒に働けていることを感謝し、
新しいことへの挑戦を許してくれている家族にも感謝し、今後もやっていきます。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

株式会社ITプロパートナーズ's job postings
9 Likes
9 Likes

Weekly ranking

Show other rankings