1
/
5

部署を超えた交流、そこから芽生えた尊敬

こんにちは!iYell1食べることが好きな前多です!
このページでは私が道玄坂で見つけた美味しいタピオカ屋さんについて50000字かけてお伝えしよう…と思ったのですが、それはまた次の機会にして今回は私が見つけた素敵なiYellists(いえりすと)についてお話ししようと思います!

iYellistsとバリューについて

iYellで働く社員のことをiYellists(いえりすと)と呼びます。
iYellには大切にしているバリューという価値観が18個あり、全社員がその月に最もバリューを体現していたiYellistsをエピソード付きで投票して、みんなの前で表彰するiYellists MVPというイベントがあります。
他部署のほっこりするお話が聞けたり、意外な人が自分に投票していたりとドキドキわくわくのイベントとなっております。
そこで今回は私が実際に投票したエピソードをご紹介します!

今回の主役は…?

私が投票したのはテックドライブ部の川越さんです!
(右のかっこいい女性)


私と川越さんは部署も違うし、働いているフロアも入社時期も年齢も違います。
一般的な会社ではそういう方とは中々話す機会もないのではないでしょうか?
しかし、iYellには様々なイベントやプロジェクト、部活などが多く存在しています。
その中で様々な部署、年齢、立場の方と交流することが出来ます。
そんなところもiYellの魅力の一つですね!

私と川越さんが初めて会ったのも入社して一週間後に行われた社員旅行でした。(社員旅行の詳細は「毎年恒例!社員研修旅行★」の記事をご覧ください!)

ドキドキのHTML! 思い出せ淡い記憶!

入社1か月後私は営業部に配属され、そこで初めて私個人に任された仕事がお客さまへ送るHTMLコードを組み込んだメールのテンプレート作成でした。
私は過去に個人サイトを作っていたので僅かですがHTMLの知識はありました。しかし、それは私が中学生だった時というはるか昔…。
思い出すことも一苦労だった私を助けてくれたのが川越さんでした。
過去に似た作業をしたことがあるとのこと!まさに救世主でした!
このメール作成をきっかけに川越さんとやり取りをする機会が増えました。
川越さんは私からのチャットの質問にとても早く、丁寧に答えてくださるだけでなく文章での返答が難しい質問だとすぐに会って説明する時間を作ってくださいます!
教え方もとても丁寧です。実物を見せながら口頭での説明のあとに実際にやらせてくれたり、私が分からない顔をしていると何が分からないのか聞き細かく答えてくれます。
そして最後には「分からなくなったらまたいつでも聞いてね」と言ってくれます。

iYellで働くということ

みなさんも新卒の時にこんな経験をしたことはないでしょうか?
いつも忙しそうで質問してもないがしろにされる、何度も同じ質問をするなと怒られる、そもそも質問出来るような雰囲気じゃない…
iYellに入社してからそのような経験をしたことは一度もありません。
誰にでも親身に、そして誠実に答えてくれる。
そんな人たちが集まっている会社がiYellです。
そしてそれは正社員同士だけでなく誰に対しても同じです。

例えばインターン生!
iYellで働いていると楽しそうに、そして真剣に作業をしているインターン生の姿を見る機会が多くあります。積極的にインターン生同士で議論をしたり、社員に質問したりととても生き生きと働いています。
もちろん、iYellに来ているインターン生が真面目ないい子たち、というのも大きいのですが、それだけではなくインターン生が働いている環境も影響しているのではないかと思います。
インターン生の質問に親身になって答え、話しやすいような温かい雰囲気作りをしていて、仕事の話だけでなく趣味や家族の話で盛り上がっている姿をよく見ます。会社とは思えないくらいリラックスした空気が流れています。

私はiYellに入って4カ月。
まだまだ自分の業務にてんやわんやしておりますが、私にもいずれ後輩ができるでしょう。
そんな時に自分が今、iYellに入ってやってもらっていることを後輩にもできるように、iYellらしい先輩になれるように今からたくさん吸収していきたいと思います!

iYell株式会社's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more