Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

なんども仮説をぶつけて、形にする。
何気ない会話から新しいアイデアがパッ!と。
「Innovate Working Spirits!」というビジョンのもと、組織コンサルティング事業と、メディア事業を行なっています。 【組織コンサルティング事業】 急成長をしているベンチャー企業では、メンバーをまとめる管理職の成長こそが鍵です。そして現場で商品を提案する営業力強化も欠かせません。私たちは急成長しているベンチャー企業において、この2つのテーマが特に重要だと考え、コンサルティングを行っています。 【メディア事業】 研修の新しい形を目指しダウンロード型オウンドメディアの企画制作を行なってます。今までに無かった”IT×研修”という新しい形の研修提供に挑戦しています。(2017年7月ローンチ)

なぜやるのか

プロジェクトの進め方を適宜、プレゼンします。
外苑前のオフィスビル。ベランダ付きで太陽が眩しい!
【Mission】 “Innovate working spirits!”ー日本人の就労観を変革する 私たちは「仕事を楽しみに思う人」を1人でも増やすために存在しています。 あるグローバルコンサルティングファームが実施する労働意欲度調査。世界の主要28カ国を対象としていますが、その中には「あなたは意欲的に仕事に取り組んでいますか?」という質問があります。残念ながら日本はその項目で最下位。「労働は苦役なり」がいまだ日本人の就労観の中心にいるという事実です。 【組織Style】 “Just like a JAM session”ージャムセッションのような組織 日本にはオーケストラ型組織が多く存在しています。指揮者(経営者)が指示して、演奏者(メンバー)が決められた音楽を奏でるってこと。この組織も悪くはないです。ただJAMは、他のカタチがあってもいいよね?と考えています。 奏でる曲くらいは指揮者(経営者)が決めますが、いつ終わるのか、次に誰がソロを奏でるのかは演奏者(メンバー)のアイコンタクトや阿吽の呼吸で進めます。 それが組織でもできたらいいなぁと。 ※JAM session・・・JAZZの演奏スタイル

どうやっているのか

ブレイクタイムにはメンバーに声をかけ、一緒に息抜きをします。
適度な距離感で集中して仕事に取り組みます。
JAMにはいろんなバックグランウドを持ったメンバーが集まっています。 2つの会社に所属して2児のママをだったり、 アメリカの大学卒業後リクルートから市議会議員になったり。 仕事とプライベート、両方の充実に高い関心を寄せるメンバーたちです。 にぎやかに、チームワークよく、真剣に、そして自らに厳しく仕事に取り組んでいます。