スマホを介したアプリのグロースハックはどこでもできるけど、タクシーを介したアプリのグロースハックはここしかできないはず

JapanTaxi株式会社に入る前

大学・大学院時代は数学の研究していました。研究分野は「作用素環論」(ざっくりいうと無限サイズの行列の塊がどんな構造をしているか調べる分野)でした。

2006年、数理システム(現NTTデータ数理システム)に新卒入社し、3ヶ月の研修を経てデータマイニング部に配属になりました。そこでデータマイニングっぽいことをちょろちょろやっていました。 当時は開発熱の方が高く、かつ今ほどビッグデータがどうとか機械学習がどうとかいう感じではなかったのでやややる気に欠けてた気がします。

2009年にとある中小企業に転職してC++ですが開発の仕事をすることができました。そこでC++の仕様のみならずプログラム設計の思想、プロセス改善の思想など今の仕事術のルーツとなるものが構築されました。

2010年にインフォマティクスという官公庁向けにGISパッケージを提供するSIerに転職しました。そこで初めてAndroidと出会い数年間Androidアプリ(GooglePlayに上がっている一般的なものではないですが)開発に従事しました。 そこから派生してRICOH THETA, RaspberryPiなどをいじりそれがきっかけでIoTの力があれば業務改善およびそれに伴う利益向上が実現できるのでは?と思い始めました。だけど、その職場ではデータを集めて活かすという文化が全くなかったのでその文化があるようなところに行きたいと思いました。

そして、2016年JapanTaxiに入社しました。

現在

・決済機システム開発 Androidベースの決済機システムの開発をやっています。 一般的なAndroidアプリ開発と違い種々の機器と連携して価値あるシステムを作るのはやはり面白いです。

・広告タブレット開発 これもAndroidベースのアプリを開発しています。 アドテクのノリで事業を展開していくのでアドテクの文化を知るために勉強中だったりします。

JapanTaxi株式会社について

ちょうどいいくらいにレガシーさとWeb系っぽさが混ざっていると思います。

Web系開発文化とエンタープライズ系開発文化が同じフロアで一丸となって作業しているところは弊社ぐらいなんじゃないでしょうか。

今は世界と戦うための下準備を虎視眈々と進めていますが、そのうち攻めに転じます。データもたんまりと溜まっているのでそれを使って攻撃力をあげて攻め落としたいです(何を?) 開発事情的にもそうですが制度的にも準備中なので、これは自分で会社の文化を構築していきたい人にとっては絶好の環境でしょう。

あと、変態大歓迎な雰囲気なのは面白い!

今後どういうことをしていきたいか

・タクシーを介したBtoCアプリを作りたいですね。 「スマホアプリよりもWeb系っぽさがないが、一般的な車載システム(カーナビなどto乗務員さん向け)よりもtoCよりなアプリで「タクシー業界から見たお客様」を楽しませる」ってなかなか面白いと思いますよ。

たとえば、VRとかってその例だったりしないかなと。

・データやログなどを使ったプロダクト改善。 上記のようなややエンタープライズよりのものでGoogleAnalyticsみたいなものないですよね?それ作ってアプリやサービスを成長させたらこの分野での草分け的な存在になれそう。

JapanTaxi株式会社's job postings
Anonymous
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
312412 270668806398632 1567139670 n
10378972 561307537319079 6344052219899992610 n
547407 10151513986539291 666104192 n
Dff0a8cc 1e3b 45e0 be63 1e8cfc041eb4
5 Likes
Anonymous
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
312412 270668806398632 1567139670 n
10378972 561307537319079 6344052219899992610 n
547407 10151513986539291 666104192 n
Dff0a8cc 1e3b 45e0 be63 1e8cfc041eb4
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon