「AIチャットボットで課題解決できる組織を作る」3月入社の3名が語るジェナで働く理由〜組織づくりから携われるベンチャーの魅力〜

こんにちは。ジェナ採用担当です。

ジェナで働く社員インタビューをお届けいたします。第2回は2019年3月に入社した、AIソリューションチームの3名にインタビューをいたしました。ジェナでの仕事内容、前職との違い、働き方など詳しく語っていただきました。是非ご覧ください!

■今までのキャリアについて教えてください。

田森さん:
大学卒業後に食品商社へ入社し、ルートセールスを担当していました。その後SIerへエンジニアとして転職し、現在ジェナで再び営業を担当しています。

インタビュアー:
どうして営業からエンジニアに転職されたんですか?かなり珍しいご経歴だと思いますが。

田森さん:
元々、ITには強い興味があったんです。日々スピーディに進化し、発展していくテクノロジーに強く可能性を感じて、IT業界で成長したいと考え、SIerへの転職を決意しました。業務未経験でもOKという求人があったので、将来は、「技術のわかる営業」として活躍したいと思ってエンジニアとして転職しました。現在はそれらの経験を活かしつつ、営業職に戻ってとても楽しく働いています。

利光さん:
私は、もともと不動産業界のベンチャー企業で営業を担当していました。働きがいはあったものの、自分が売っていた商材にあまり自信を持てなかったんですよね。本当にお客様のためになっているのかなと・・・。その経験から、次の転職先では自分が自信を持って勧めることができる商材やサービスを扱える会社、そして成長市場で働きたいと思って、前職のIT企業へ転職しました。そこでカスタマーサクセスという新しい職種に出会って経験を積むうちに、販売代理店ではなく自社サービスを持っていて、お客様からの声を商品開発に活かせる環境でお仕事をしたいと思うようになり、ジェナに入社しました。

小林さん:
私はジェナに入社する前は人材系のベンチャー企業で新卒の採用支援をしていたので、異業種からの転職です。前職で人材業界を選んだのは、自分と年齢が近い学生の「ファーストキャリアを創る」という大きな責任感を伴う仕事に対して、当事者意識を持って働くことで、自身の成長スピードも上がるのではないかと考えたからです。実際に学びもやりがいも大きかったのですが、今の新卒採用ってすごい売り手市場で、今後も労働人口が減ることを考えると、この市場感はずっと続いていくのかな、と。仮にそうであるとしたら、「いかに人を採るか」も大事ですが、「いかに会社の生産性を上げるか」が、今後重要になってくると考えました。そこで、そのような課題を解決できるサービスを提供しているベンチャー企業、さらに今後大きく伸びるであろう「SaaS」業界に候補を絞り、最終的にはジェナへの転職を決意しました。



■みなさんがジェナにジョインされた理由は様々ですね。

小林さん:
私にとってはやはり、現在の会社のフェーズが大きかったですね。働き方改革などが求められる中、AIチャットボットの社内利用という新しい市場でチャレンジしていること、また、組織としてもこれから本格的に大きく成長していく現在のフェーズは、個人の裁量も大きくとても魅力的だと感じています。実際、他にも内定をいただいていましたが、自身が1番成長できるイメージを持てたのがジェナでした。

田森さん:
まだ少数精鋭でやっているので、チームビルディングや、組織の仕組み作りから携われるのはかなり貴重な体験ですよね。

一同:
そうそう。(大きく頷く)

利光さん:
少数精鋭で成り立っているチームなので、モチベーションが高く、優秀な人が集まっていると思います。これは選考時にジェナのメンバーと話をしたときから感じていました。入社前に何人かのメンバーに会いましたが、みんなが自社の提供するサービスの可能性を信じていて、常にスピード感を持ってPDCAサイクルを回している。ここでがんばれば、自身も大きく成長できるだろうなと思いました。

■現在の担当業務について教えてください。

田森さん:
私と小林は、セールスとして新規顧客開拓・企業様への提案をメインで行なっています。
電話、Web商談、訪問を組み合わせて提案活動をしていまして、主にWebからのお問い合わせやセミナーご来場者様、パートナー様からの紹介案件を担当しています。セールスはどうしても受注数やアクション量ばかりが目標になりがちですが、ジェナではセールス活動全体の質を向上していく考え方や、プロセスをしっかり可視化する文化が根付いていると思います。

小林さん:
初回のご提案から受注をいただくまでの流れを細かく分解して、各アクションの質を向上させる。前職では無かった動きなので最初はすごく驚きましたが、セールスとしてのスキルはとても磨かれる環境です。また、提案がうまくいかなかった場合もそれで終わるのではなく、何がダメだったのか?どうすればよかったのか?改善案を必ず考えてチーム全体として次回に活かします。どんなアクションでもPDCAを意識して全メンバーが働いていますね。

インタビュアー:
まさに、先ほど教えていただいた、「組織づくり・仕組みづくり」に毎日携わることができている、ということですね。

利光さん:
カスタマーサクセスチームは、hitTO(ヒット)を導入していただいたお客様の導入支援と、運用支援を行なっていまして、私は「導入支援」をメインで担当しています。AIチャットボットの導入は、学習データの作成が一番重要になるので、そこを重点的にサポートしています。前職もWeb/IT企業ではあったものの、「AIチャットボット」という商材を扱うのは初めてだったので、入社前はすぐにキャッチアップができるかどうか、かなり不安でした(笑)。ただ、しっかりとした研修があったおかげで、事前に抱いていた不安は解消されました。

小林さん:
それは私も感じました。ジェナの研修はベンチャーにしては珍しいくらい手厚いんですよ。座学でのサービス仕様に関するレクチャーや、SaaS業界の知識習得、ロールプレイングによる商談スキルアップなど、OJTと並行して色々なメニューがありました。

利光さん:
そうなんです。「仕組み化」への意識が強く、新しいメンバーを迎えるための制度がしっかり整っているので、スムーズに業務をスタートすることができたな、と思っています。


■他社にはない、ジェナだからこそ得られる経験やスキルはありますか?

田森さん:
やはり、組織づくり・仕組みづくりは他社ではなかなか経験できないな、と思っています。今までは、既に決められた仕組みの中で働くのが普通だと思っていました。ジェナでは、たとえ決められた仕組みがあっても、メンバー全員が現状に満足せず常に改善を意識しています。セールスのアプローチ方法や商談の進め方など、PDCAを高速で回していますね。

小林さん:
確かに、PDCAのスピード感はかなり早いです。今日うまく行かなかった事象に対して、今日改善案を出してチームで議論し、明日から別の業務フローに変更する、ということも可能な環境なんですよ。

インタビュアー:
ものすごいスピード感ですね!それを実現できる環境が整っていることに加え、優秀な方も非常に多くいるんだろうなあ、と想像がつきます。

小林さん:
あと、セールスとしては自社のサービスの価値を自信を持って提案できることも、とても大きいですね。一緒に働くメンバーでそれを共有できて、みんなが事業の成長を信じられる環境は素直に楽しいですし、やりがいを感じています。

利光さん:
カスタマーサクセスは導入ユーザーの皆様と接するので、提供しているサービスの価値を肌で感じることができています。先日も複数のユーザー様とジェナで、合同の意見交換会があったのですが、皆様がhitTOの未来やご要望について、とても楽しそうにお話しされていたのが印象的でした。ジェナのメンバーはもちろんですが、ユーザーの皆様と一緒に事業やサービスを成長させていくことは、新しい市場でチャレンジしている、hitTOのカスタマーサクセスならではの醍醐味だと思います!

■最後に、インタビューを見ている方へのメッセージをお願いいたします!

小林さん:
ジェナは、「成長したい!」という前向きな思いを持っていらっしゃる方にはぴったりの職場だと思います。私は異業種からの転職で、業界用語もほとんど知らないままに入社しましたが、わからないことがあっても、親身になって教えてくれるメンバーが揃っています。素直さと吸収力のある方であれば、違う業界から転職される場合でも、楽しくお仕事ができる環境だと思います!

利光さん:
ベンチャーという環境ながら、人を受け入れる環境がここまで整っているのは、ジェナくらいなのではないでしょうか。どのメンバーも常に「仕組み化」への感度が高く、1度経験したノウハウや事例がどんどん社内に蓄積しています。一緒に働くメンバーも魅力的な人がたくさんいますので、少しでも興味をお持ちいただければ、是非お気軽にオフィスに遊びにお越しいただきたいです!

田森さん:人生において、仕事をする時間はものすごく大きな割合を占めていると思います。どうせ働くのであれば、楽しく前向きに働いたほうがいいと思うんですよね。ジェナは、自身が思っていることは積極的に発信できる環境ですし、現場の声を受け止めて柔軟に動ける文化があります。仕事は自分の行動1つで面白くしていけると、ジェナで働いて毎日実感しています。これからたくさんのメンバーをお迎えして、サービスを成長させていきたいです。

皆様のご応募、心よりお待ちしております!


株式会社ジェナ's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more