1
/
5

CMOのポジションを目指して。会社全体、そして社長が掲げるビジョンをデジタルの力で実現したい(村上華子)

こんにちは! ジェイフロンティアの採用担当でございます。
 
今回は、ヘルスケアマーケティング事業本部 マーケティング部 インサイドセールス責任者の村上にインタビューしました。ジェイフロンティアの特徴やこれまでの経験、今どんな仕事をしているのか、そして今後の想いについて語っています。
 
伺った内容は以下の通り・・・ぜひご一読ください。

・入社の経緯
・なぜジェイフロンティアだったのか?
・今の仕事内容
・入社してみて思ったこと・感じたこと
・今後目指したいことは?
・一緒に働きたい仲間とは?

# 転職先の会社に求めていたものは「3つの軸」との一致

ーー 村上さんはどのような経緯でジェイフロンティアに入社したのですか?

私が所属するヘルスケアマーケティング事業本部の執行役員が前々職の元上司で、お声掛けいただいたことがきっかけです。自分がこれまでやってきたことを認めてもらった部分もあって、嬉しかったですね。


―― では、前々職の上司が今の上司ということですね。なぜジェイフロンティアを選んだのですか?
 
当時、私が転職先に求めるものは、3つの軸がありました。
 
1.自分の成功体験と紐づく業務がメインの仕事にできること
2.直属の上司の仕事のやり方とビジョン、そして社長の大義に共感できること
3.マネージャーとして成功体験を積めるチャンスがあること
  
ベンチャー企業で20代のキャリアを積んできて、自分の得意領域や好きなこと、役に立てること、自分の市場価値を正しく知ること、足りないところは何か、得意なことは何か、得たいことは何かどのように成長したいのか、自分の中でこれらを全て整理して具体化しました。そうしてできた自分の仕事の価値観に紐づくのが、この3つの軸です。
 
社長の大儀や見ている世界、直属の上司への信頼、これまで自分が築いてきたものをベースにマネージャーを目指せる。それらが一致したご縁、それがジェイフロンティアでした。

# マーケティングチームの発足。デジタルの仕組化にチャレンジする。

ーー 具体的な今の仕事内容を教えてください。
 

ヘルスケアマーケティング事業本部は、自社通販のノウハウを活かして、他の通販会社様を支援するBtoB事業を展開しているのですが、部署内でも大きく役割は3つに分かれています。

・契約・受注をクロージングする「セールスチーム」
・広告のご予算をお預かりしてキャンペーンを展開し売上拡大に貢献する「運用チーム」
・新たな企業様と接点をつくりセールスチームや運用チームに見込み客を送客する 「マーケティングチーム」

私は「マーケティングチーム」の実務責任者として、チーム全体のKPIを担っています。実はこのマーケティングチームはほんの最近立ち上がったばかり、会社としては新たなチャレンジです。マーケティングチームは、自社通販のノウハウを提供して課題解決・売上拡大に貢献できそうな新規の企業様を探して、商談を設定し、セールスチームにパスすることがミッションです。どういうアプローチをすれば弊社のサービスに興味・関心を持っていただけるか、サービスの導入を検討いただけるかを企画立案し、セールスチームに受注確度の高い見込み客を渡していきます。
 
手段としては、メルマガ送付やセミナーの開催、代理店との協業スキーム、紹介ネットワークの構築、MAツールによるリード管理などを行ってます。インサイドセールスやMAツール、SFAなどの言葉やデジタルの仕組みが日本でも徐々に浸透化し、どの企業もその需要を認めている市場の中で、私自身はこの領域のプロフェッショナルになるべく営業のデジタル化も含めて、日々仕組みを構築しているところです。


ーー 実際に入社してみてどう思ったか、どう感じたかについて教えてください。

非常にホワイトな企業だな」が第一印象でした。これまでは、目標必達するまではとにかくがむしゃらに働くことの方が多かったのですが、ジェイフロンティアは定時を過ぎると本当にみんな帰ります。このご時世なので、そんなこと当たり前なのかもしれませんが、私は自分のキャリア・成長のために自ら進んでとことん仕事に没頭する人間だったのと、過去一緒に働いてきたメンバーも割と私と似たような働き方をしている人が多かったので、これは結構カルチャーショックでした。
  
ただその一方で、時間の制約が明確に存在しているので、圧倒的に抜きん出るためには別のベクトルで努力が必要な環境でもあり、ある意味厳しい環境な気もしています。どこで踏ん張るべきなのか、どのように切磋琢磨していくのか・・・自分自身のビジョンが明確で日々努力し続けることをしないと、上位レイヤーの人間、例えば上司や社長に勝つことは難しいです。
 
あとは、社長との距離がめちゃくちゃ近いということですね。ジェイフロンティアって実は社長室がないんですよ。私の2つ右隣のデスクに、普通に社長が座っています。この会社の規模で社長がすぐ近くにいることは驚きました。私としては、社長が会話している内容をいつも盗み聞いて、情報キャッチできないか画策しています(笑)
  
いただいた役割とポジション、恵まれた会社の環境などに感謝しながら、ジェイフロンティアに新たなデジタルの仕組みを構築していきたいと思っています。

# 誠意を尽くし、他責にせず、日々できることからコツコツ積み上げ、必ずやりきる

ーー 今後目指したいことについて教えてください。
 
まずは自分の目標数字を必達し、持ちうるすべてのスキル・経験をもって部署全体のインフラ整備と利益の最大化に貢献したいと思っています。そしてその成功体験をもって、会社のミドルマネージャーポジションを任されたいです。そして最終的にはCMOのポジションを目指して、会社全体、そして社長が掲げるビジョンをデジタルの力で実現できるような人財になるということを目指しています。

この会社へのご縁もそうですが、私自身、社長と今の上司に本当にあらゆる面で助けられています。今はまだ、恩をいただいているばかりの状態なので、将来は100倍で恩返しができるように、どうすればいいのか考え抜いて行動していきたいと思います。

ーー 最後に、村上さんに続いていく方たちに『一緒に働きたい仲間とは?』を教えてください。
 

ジェイフロンティアの行動指針の中で、私が好きなものをいくつか紹介します。

・至誠を尽くす(至誠にして動かざる者は、未だこれあらざるなり)
・当事者意識と主体性を持つ
・日々必達、死力達成
・すぐやる、必ずやる、出来るまでやる

私なりの解釈として、ジェイフロンティアが求めているひとは、誠意を尽くし、他責にせず、日々できることからコツコツ積み上げ、必ずやりきることなのかなと思います。そういうメンバーが集まれば、組織としてもチームとしても強くなっていきますし、一緒に働いていて「ビジネスの場で成功体験を共にできる」のかなと。私としても、そんな素敵な仲間が来てくれたらうれしいです。
 
働き方改革が進むビジネスの世界。今の時代って本当に多様な働き方、生き方がありますが、ジェイフロンティアが掲げるビジョンや社員に求めているスタンスを体現できれば、どんな会社・どんな働き方でも通用する「人間力」が備わると信じています。そんな想いを共有できる新たなメンバーとの出会いを楽しみにしています!


ーー 最後まで真剣に熱くお話ししていただきありがとうございました。


インタビューを終えて・・・

村上さんからもあった通り、ジェイフロンティアは、かかわるすべての人へ至誠を尽くし、地道に仕事をやり切るビジネスパーソンを求めています。
 
こんな熱い仲間の一員になりたい! とご興味をもっていただいた方は、是非『話を聞きにいきたい』をクリックしてください。
 

ジェイフロンティア株式会社's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more