Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

全部やったらええやん

株式会社ジェイケイ・ブランディングに入る前

僕は、一回生の秋のイベントでスタッフとして参加し、二回生になる春休みから本格的にジョインしました。丁度その時、僕は大学での部活に途中入部をする決断をした時でもありました。また、僕は理系学生で院に進むつもりです。

では何故、僕はインターンシップメンバーとして参加したか? まず前提となるのは、こんな限られた時間環境でありながらも受け入れてくれたという事。「可能性を眠らせるな」をモットーとして、限られた時間だからこそいかに効率良くアウトプットを出せるか、それに挑戦できる環境がここにありました。 その上で、理系学生だからこそこれからはビジネス的感覚も養うことが必要だと感じ、インターンシップとして参加させて頂く事になりました。 恐らく僕は将来この業種での就職をする可能性は低いだろうと思います。しかし、だからこそノーリスクで畑違いの業界を見られるチャンスが今でありますし、ビジネスの本質は業界は何であれ変わることのないものだと思って、ここでお世話になることにしました。

現在

現在は、理系学生向けのキャリア支援、産官学が連携できる環境作りへの取り組みを行っています。 2年間僕がビジネスに関わりつつ、また理系学生としての学生生活を送ってきた中で感じることは、ビジネスサイドの人間と、研究者サイドの人間の雰囲気・環境・人間性などが大きく異なっており、また当事者はそれに気づいていない(知る機会がない)状態であるという事です。 だからこそ、生粋の理系学生が理系学生向けのサービスを作るビジネス側で携わる事への価値は大きく、またその価値を最大化できるように頑張っていこうと思って事業に関わっています。

他の人にはない感覚があるが故にもっとチーム内でバリューを出せるように頑張っていきたいと思っています。

株式会社ジェイケイ・ブランディングについて

今まで様々な学生とお会いしましたが、本当にキャラの濃い学生ばかりです。出身大学が多様なのは当たり前で、学年も1回生の学生から院生まで様々、また出身国でさえも様々なメンバーが在籍していました。(5か国語話せる香港出身の方や、関西弁と広島弁を使いこなすアメリカ人など) だからこそ、自分とは違う価値観をもった方ばかりで非常に刺激になります。

また、カルチャーとしては前述したように、「可能性を眠らせるな」ということで、様々な条件がある学生に対して柔軟に対応してもらえる環境がある。 また、学生が多くジョインしているからこそ、多くの事にチャレンジできます。(もちろんそれに伴う責任は発生しますが、それは社会に出てからは当たり前のことで、それを早期に学べる環境だと思います。)

もし、「インターンは初めて」「ビジネスをやったことがない」といった学生さんがおられるなら、是非弊社でそのファーストステップを踏んでほしいと思います。 それができる環境がここにあります。

今後どういうことをしていきたいか

今携わっている事業を軌道にのせたいです。 次第に学業の方でも研究室に入るようになり、しっかりコミットできる時間が限られてくるようになってきます。 それまでに、「爆速」でカタチ・システムを創っていけるように頑張っていきたいです。

株式会社ジェイケイ・ブランディングでは一緒に働く仲間を募集しています
Anonymous
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
6e96dd3d fc77 47d1 a43d 5557d983e488
2 いいね!
Anonymous
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
6e96dd3d fc77 47d1 a43d 5557d983e488
2 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる

Page top icon