関西エンジニアインタビュー_リモートワークへの挑戦。

こんにちは。人事部の三輪です。
今回は前回の関西支社長に続き、関西支社のエンジニアに話を聞いてみたいと思います。

昨今、働き方改革における重点施策の一つでもあるテレワーク。
社長の村越や他の記事でも触れている通り、当社はリモート環境を利用した開発も行っているのですが、東京のPJをリモートにて開発を行う江本さんに色々な側面から話を聞いてみたいと思います。

これまでのキャリアと入社背景

三輪:江本さん、東京出張お疲れ様です。
時間の調整してもらってありがとう御座います。
以前から予告してた通りですが、インタビュー撮らせてもらいますね。

江本:お疲れ様です。いえいえ、こちらこそ宜しくお願いします。

(写真)素敵な笑顔です。


三輪:では早速なのですが、ジョイントクルーへの入社するこれまでの背景を教えてください。
江本:はい、えっと。
学校を卒業してから初めは印刷会社や商社で営業として働いてました。

三輪:おぉ、営業だったのですか。
江本:そうなんです、その後、デザイン周りに興味が湧いたのをきっかけに社会人向けのWebデザイン学校に通い、Web制作会社に転職しました。

三輪:働きながらですか?
江本:そうです。

三輪:え、凄い。営業しながらとかタフですね。
江本:まぁ営業職は時間のコントロールできますからね。
Web制作会社から自社サービスを持つ会社でディレクターやフロントエンド開発を経験し、縁あってジョイントクルーに入社しました。

三輪:なるほど、様々な経験をされていたわけですね。
そういえば、江本さんて紹介エージェント経由の転職ですよね。
江本:はい、そうですよ。

三輪:当時、担当のCA(キャリアアドバイザー)の方からどのように当社の紹介を受けてました?
と言いますか、その担当CAさんて今の奥様ですよね(笑)

江本:はい(笑)当時は彼女だったわけですが、丁度良いと思って転職の相談をしてました(笑)

三輪:かなりレアケースです(笑)
江本:その際、妻の他に企業側を担当しているRC(リクルーティングコンサルタント)さんからもオススメだと教えてもらいました。

三輪:それはありがたい!RCのTさんファインプレーです。
江本:ちなみに、当社に関しては

”福利厚生が充実している。”
”個人のキャリア形成に合わせてポジションを考えてくれる。”
”大阪支社は立上げ初年度でしたので文化を創っていくことも出来る。”

と紹介を受けてました。

三輪:面接はいかがでしたか?
江本:まず、面接に行ったら机と椅子しか無くてびっくりしました、立ち上げ中なんやなーって(笑)
竹内さんの人柄も勿論ですが、今後の取り組みや施策を伺い、総じてキャリアアップに繋がると思い入社を決めさせていただきました。


(写真)スピーチは社長の村越が担当しました。その後Slackには”江本さんの結婚式なう。”と投稿が。

リモート開発から得られていること

三輪:入社して半年経過しましたが現状はいかがですか?
江本:毎日楽しく仕事させてもらってます!

三輪:それは何よりですね。
現在のPJ内容を伺っても良いですか?

江本:某グルメサイト全体の新機能開発や保守に関わっています。
技術的にはAngularをメインに扱っています。

三輪:担当領域がかなり広いですね!
リモートでそれを開発されているわけですが、リモート環境ならではの感想と共に教えてください。

江本:そうですね〜。前職でもフロントエンドの技術、例えばReact、他にPHPやRubyを使ってましたが、同時にディレクションや何なら電話対応もしていたので浅く広く対応していた反面、深堀ができていなかったので技術に苦戦することもありました。

三輪:なるほど、それで?
江本:また、今のようなSESモデルで働いたことが無かったので戸惑いもありましたね。

三輪;確かにこれまでを考えるとそうですよね。
江本:ただ、別のPJですが同じようにリモートで開発をしている先輩社員が近くにいましたので色々と聞ける環境があり、入社時に抱いていた不安は払拭されましたね。
先輩も自分と同じくAngularを使っていたので。

三輪:何よりです。
江本:今は社員が更に増えましたので特に心配事はないです。
また、別の技術を使う場合はもちろんですが、同様の開発環境でもPJ別で技術的なアプローチをシェアできていたりとメリットが多いなと感じています。

三輪:医療系パッケージのカスタムとか全然ジャンルの違うPJもリモートで対応してますよね。
江本:そうですね、リモートでは難しそうなPJを遠隔で対応しているので凄いなぁと思います。

三輪:リモートで気をつけている点やコツがあれば教えてください。
江本:はい、自分も最初は苦戦しましたがクライアントとのコミュニケーションが非常に重要です。
今の市場ってまだまだリモートファーストではなく、基本的にはオフラインのコミュニケーションがベースになっている為、双方慣れていないとディスコミュニケーションが起きやすいです。
その上で自分が気をつけている点は意図をしっかり固めて言語化・文章化することだと思います。
あとはMTG時に「ふむふむ」と知ったかぶって何となくの理解はせずに、ちょっとした疑問点だろうが踏み込んで確認し、きっちり理解するようにしています。

三輪:ありがとう御座います。技術以外にリモートのノウハウも身についているわけですね。


(写真)リモート開発の”イメージ”です。

江本さんから見たジョイントクルーの社風

三輪:では続いての質問なのですが、当社の好きなところはどこですか?
江本:はい、他の社員の記事でもあったかと思いますが社長や取締役、支社長等、上役との距離が非常に近いです。かしこまった空気がないですし。
これって会社規模とかでなく各々のホスピタリティに寄るところが大きいと思います。
まだまだ当社は規模拡大すると思いますが、この文化はこのままで居てほしい、、、

あ、あと全社のコミュニケーションツールとして使っているSlackを上手く使えてる気がします。
非常に参考になる技術のチャンネルもあれば、日常生活でも使える知恵袋チャンネルがあったり、くだけたチャンネルもありますし。

三輪:知恵袋はポイント制で貯まればアマゾンカードももらえますよね。
江本:はい。回答数ではYさんがダントツじゃないですか?

三輪:確かに。でもベストアンサーか次第ですよ。
江本:そうでしたね(笑)

江本:ジョイントクルーの人間関係ってSlack上でもそうですが、、、
え〜と、、、名称忘れました。日本語で心理的・・安全だったかな。

三輪:サイコロジカルセーフティ?
江本:あーそんな名称です!

三輪:(ググりました。)
グーグル社では”チームの成功に最も重要な要素”としているようですよ。(検索結果のトップにありました。)
江本:みたいですね。ジョイントクルーでもそういった心理的安全性が高いため、Slackにおいても代表や上司がいるチャンネルで攻めたボケを言う人が多いです(笑)

三輪:確かに(笑)気兼ねなく投稿できる環境って精神衛生上も良いですよね。

三輪:では関西支社にフォーカスして、支社のことを教えてください。
江本:独自の文化が多いかなと思います。

三輪:例えば?
江本:めっちゃしょうもないことばっかですよ(笑)
例えば、、、お菓子を大人買いしてくる社員が多いのでお菓子がなくならない、、、

三輪:金のチカラ・・・他はどうですか?(笑)
江本:ルール作りを自主的に行うメンバーが多いので具体的には電話や掃除当番、会議室予約などの細かなルールがスピーディに片付くことが多いです。
些細なことですが、お互いが気持ちよく仕事ができるような仕組みづくりをメンバーが主体となって行っています。
当社は社内や社外で働くメンバーと混在しますが、皆、ベテランで思考が柔軟な人が多いからかなと思います。

三輪:仕事が捗りそうですね。逆に会社の課題や不満だと感じていることはあります?
江本:パッと思いつかないので、不満は無さそうです、、、
課題、、、そうですね、僕以外にもリモート案件に携わるメンバーが増えてきているので、それぞれのPJでリモート会議が始まると・・・

三輪:うるさい?
江本:です。仕方ないですが(笑)

三輪:それは支社長案件ですね。
社員が増えて「部屋が手狭に・・・」って社員総会でコメントしてましたし。

江本:あとはPJがばらけているので自社のプロダクト開発を始めようと思った時にスムーズに体制が組めるのか?って点が気になりますね。

三輪:なるほど、それは確かに。
東京も同様の課題はありそうですが、社員が増えてきているので自ずと解決するかもしれませんね。

江本:そうかもしれないです。

江本:あ、あと、話は戻るのですが、ゲーム部が生まれたりと仕事とプライベートで壁が無いのも個人的には良いなぁと思いますよ。
最近は東京とオンラインで繋いで東西対戦もするじゃないですか?
レクリエーションとしてはもちろんですが、オンラインでコミュニケーションを取りながらなので、リモートワークでも活用できることがあると思いました。間の取り方とか。

(写真)場所を変えてみました。

将来の展望について

三輪:ありがとう御座います。
では再度、江本さんにフォーカスしますが、仕事面での今後の展望を教えてもらえますか?

江本:そうですね。
地方創生や子供を笑顔にするといったビジョンに紐づく活動に参加したいです。
他にリモートワークに関してノウハウをきっちり貯めて別エリアの立ち上げの時のバイブルを用意したいです。

三輪:素晴らしいですね。
リモートワークが更に推奨できると子供に割く時間を柔軟に作れそうですね。

江本:はい、それを自分だけでなく第3者にも提供できるような環境を作っていきたいです。

三輪:では、未来の社員さんが見るかもしれませんので参考までに聞きますが、どういった方に入社してもらいたいですか?
江本:はい、これまでの経験に意固地にならずに色々と周囲の意見を受け入れチャレンジ出来る方が合うかなと思いますし、入社してもらいたいです。
また、人間がフラットなので新参でもスッと入ってこれると思います。

三輪:江本さんもスッと出てきましたね。
支社長は「やる気があれば・・・」でしたのに。(笑)

三輪:では最後にプライベートでの展望を教えてください。
江本:はい、大阪万博の影響も大きいと思いますが、土地代が年々急上昇している大阪にマンションを買いたいです。
あと、先日に第一子が産まれましたので子育てとスキルアップを両立していきたいです。

三輪:先日に行われた社員総会でも取締役から発表されてましたよね。
改めてではありますが、ご出産おめでとう御座います!

江本:ありがとう御座います!

三輪:子育てとスキルアップの両立はまさしく当社ビジョンに紐づくことですので是非とも体現してもらいたいと思います。
マンションに関しては・・・これも支社長案件とさせてください(笑)

三輪:色々と聞かせていただきありがとう御座いました!引き続き宜しくお願いします。
江本:こちらこそありがとう御座いました。

(写真)お宮参りの写真を提供頂きました!幸せそうですね。

株式会社JOINT CREW's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more