1
/
5

外資系企業でIPOを経験した経理のスペシャリストから見たエキサイティングな仕事 経理マネージャー / 佐々木 伸也

佐々木伸也 経理マネージャー

大学卒業後、大手メーカーグループの会計専門会社に入社。USCPA(米国公認会計士)を取得。その後、監査法人を経て外資系ITスタートアップ企業に入社し、日本法人ファイナンス部門の立ち上げからIPOまでのフェーズを経験。さらなるチャレンジを目指し、JX通信社へ2021年11月入社。

現在は、経理部門のマネージャーを務める。

会社の当たり前を創造していく仕事

-「会計」に興味を持つようになったきっかけはありますか?

大学は商学部に入学したのですが、実を言うと入学当初から興味を持っていたわけではありません。周りに会計士を目指す学生がたくさんいて、私も特に違和感なく取り組み始めました。会計・簿記は、初めは取つきにくい部分もありますが、分かってくると面白くなってハマりました。それで、就職する際も、経理部門を目指しました。

複数の企業を経験したからこそ感じるJX通信社ならではの面白さ

- JX通信社へ転職するに至った経緯を教えてください

前職は外資系のスタートアップで働いており、日本法人のファイナンス部門の立ち上げからIPOまでのフェーズを経験しました。IPOが終わり、業務が安定してくると、比較的ルーティンな業務が増えていきます。各業務が細分化され、チームに優秀な会計士の方々が多かったのもあり、メンバー皆が自走できる状態だったので、私が積極的に動くことが少なくなりました。ですが、まだそんなポジションに甘んじるには早過ぎると思ったんです。

業務プロセスの構築など、また自分の裁量を持ってやっていきたい気持ちが高まっているタイミングで、JX通信社から声をかけてもらいました。

- 決め手になったのはどんなところでしょうか

実は、他の会社からもIPO準備でオファーのメッセージが来ることがあったんですが、スルーするものが多かったです。今振り返ってみると、JX通信社からのメッセージで刺さったのは「ビジネス」でした。JX通信社のこのフェーズで事業を4つ抱えていることが珍しく、個人的に面白いと思いました。違うビジネス形態の仕事をひとつの会社でできるユニークさですね。その中で、やりたい仕事内容ができると思いました。

あとは、面談を通じてお話したコーポレートの人もみな良い人ばかりだったことでしょうか。

- 今のお仕事について教えてください

まず、経理の仕事の基礎は、正しい数字を記録することです。月々の経費精算や請求関連など、正しい数字の処理が求められます。今、入社して2ヶ月経つところですが、現状のプロセスを理解することに重きを置いて取り組んできました。

次のステップは、正しいことをいかに早く行うか。業務プロセスを押さえた上で、効率的な経理業務の仕組みづくりを進めています。

「正しく、早く」の先は、その数字をどう使うかがポイントになります。予算の策定や、予算と実績の比較、それを踏まえて今後どういうアクションをすべきかなどを数字に落とし込み、経営層に伝えていくことが重要になってきます。

並行して、IPOに向けて社内体制の構築に取り組んでいます。IPOに向けては、膨大に課題があります。監査法人から課題が出されていて、期日に間に合うように小さなものも丁寧に、ひとつひとつ解決している状況です。

- やりがいがありそうですね

良い・悪いではなく、経理と言えば、毎月同じことをこなしていくというイメージを持たれているかもしれません。当然、基礎としてそこはありますが、個人的にはエキサイティングだと感じる仕事もたくさんあります。

- 経理でもスタートアップ企業で活躍できますか?

ベンチャーやスタートアップ企業では、経営者やエンジニアがフィーチャーされがちだと思いますが、経理でも活躍できるというのが私の実感です。スタートアップ企業は、普通の会社の「当たり前」がまだ成熟しきっていません。成熟しきった会社だと、自分のやりたいようにプロセスを作っていくとか、「本当に意味があるのか」と感じるものを変えていくのにすごくパワーが必要だったり、そもそも変えられなかったりします。それが、スタートアップだと可能です。押さえるところさえ押さえられれば、裁量を持って自分が考えたプロセスを組み立てることができます。

チャレンジ精神を持つ人にこそおすすめしたい

- 今後の目標などを教えてください

正直、型にはまった将来像はもっていません。たとえば、「5年後にこういう役職につきたい」もないですね。

今、どういう仕事が面白いかと言うと、仕組みを作るとか、刺さるビジネスの会社でやっていけること。型にはまらず、そういった面白いと思える業務に飛び込める状態でありたいです。自分にしか出来ない仕事をやっていきたいと思っています。

経理業務は、紙を扱うことが多い仕事です。出社して書類をやり取りすることもありますが、将来的にはそういう働き方を脱却し、場所を選ばずに働ける組織作りをしていきたいです。国内に限らず、海外でも。できれば、今の会社の中で達成していきたいと思っています。身体を動かすことが好きでサーフィンもしているので、南国のあたたかい海辺で働けるようになったら最高ですね。

- 今後入社される方へのメッセージをお願いします

会社が急速に成長する中で、社内の重要な意思決定に資するために正確で迅速な数値報告が経理組織に求められています。また、将来のIPOに向けて拡大する業務に耐えうる強固なビジネスプロセスを作り上げることが急務です。

経理をはじめ、バックオフィスは保守的に見られがちですが、チャレンジングな面もあります。「失敗しても何とかなる」という気持ちで、向上心・チャレンジ精神を持った人と一緒に働きたいですね。

-ありがとうございました

このストーリーを読んで、ご興味ある方はお気軽にご連絡ください。

「先ずは話を聞いてみたい!」からでも、もちろんOKです。


経理
新しいカタチの報道機関でIPO経験を積みたい経理スタッフ募集
JX通信社は「データインテリジェンスの力でより豊かで安全な社会を創る」報道テックベンチャーです。 自然言語処理や機械学習といったテクノロジーで「報道の機械化」を進め、コストを下げながらニュース報道の付加価値を上げる「ニュースの産業革命」に取り組んでいます。 企業向けには、災害・事故・事件などの緊急情報をSNSから収集する「FASTALERT」を提供。当サービスは、全国の報道機関や官公庁・自治体、インフラ企業等に続々と導入されており、成長を加速させています。 一般ユーザー向けには、ニュース速報アプリ「NewsDigest」を提供。AIで報道価値を判定することで「どのニュースアプリよりも速報が速い」と評価も高く、500万DLを突破。2020年からはTVCM出稿も開始し、App Store/Google Playでは総合DLランキング1位獲得(※1)。新型肺炎情報の可視化をいち早く実現(※2)したことでも話題を呼びました。 ※1:2020年4月5日〜6日 ※2:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000024.000005993.html ※Google Play および Google Play ロゴは Google LLC の商標です。 2021年8月にシリーズCの資金調達を実施し、現在は事業の成長を図りながら将来的にIPOを目指しているフェーズです。(累計調達額は約37億円)
JX通信社
JX通信社では一緒に働く仲間を募集しています
5 いいね!
5 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
JX通信社からお誘い
この話題に共感したら、メンバーと話してみませんか?