1
/
5

上流工程に携わり、より一層のスキルアップを目指して

【プロフィール】
加藤宏美さん
株式会社KDDIエボルバ ITソリューション本部システム部システム開発グループに所属し、
現在、株式会社KDDI 情報システム本部の案件にジョイン

今回は、KDDIエボルバに入社して1年目の加藤宏美さんにお話を伺いました。



--- 早速ですが、加藤さんがエンジニアになられたきっかけからお伺いしてもよろしいですか?

はい、現在KDDIエボルバで2社目になるのですが、1社目は未経験スタートで金融系システムを開発している会社で10年程働いていました。
大学では環境系のことを学んでいたので、プログラミングなどは学んでいなかったのですが、元々パソコンが好きだったこともあり学校の授業云々を抜きにして、働く上で手に職も欲しいし就職するのならエンジニアかなと思っていました。

--- それでエンジニアの道に進まれたんですね。未経験からエンジニアになられ、10年を経て転職に至った経緯、そこでKDDIエボルバを選んだ理由は何だったんですか?

一番の理由は、他の工程に関わりたかったことが一番大きかったですね。
もちろん、未経験から挑戦させてもらえたことはとてもありがたかったのですが、プログラミングは一度覚えてしまうと良くも悪くも慣れてしまい、どうしても作業になってしまいます。
その時任せてもらっていたのが、詳細設計〜プログラミング工程だったのですが、もっと上流フェーズの要件定義に携わり企画的なお仕事で、ただ伝えられた指示の下開発するのではなく、私自身の案も入れつつプロダクトを作りたいと思うようになりました。
その時、たまたまKDDIエボルバのホームページにある先輩インタビューを目にし、同じようなキャリアを歩んでこられた方の記事に影響され、“私も現職だけに留まらず、もっと挑戦したい”と思うようになりKDDIエボルバへの入社を決意しました。


--- 実際入社されてみて、入社前と入社後のギャップなどありましたか?

いい意味であったと思います。
やはり、これまでプログラミング工程は携わったことがあったものの、上流工程は未経験だったので、携われる範囲も限定されてしまうと思っていたのですが、想像以上に上流工程のお仕事を任せてもらっています。
正直、入社した時は、既に働かれているKDDIエボルバ社員の方のサポート程度でしか関われないと思っていました。
ただ、実際は今私が主体となって動けていますし、前職で開発工程もやっていたのでその経験を活かしつつ一通りの業務を担当することができています。
前職では指示の下でしか開発できなかったのですが、今は要件定義のフェーズで企画したものをパートナー会社と一緒に開発を進めることができとても満足しています。
あと、他の方も仰っていたかもしれないのですが、KDDIの案件に携わっていて感じることが本当に風通しのいい会社だと思います。
KDDIとKDDIエボルバの間に垣根がなく、同じ立場になって仕事をすることができるのでお仕事も進めやすいですね。



--- 加藤さんの中で今後の展望などあれば最後にお伺いしてもよろしいですか?

まずは、社内のメンバーに追いつき一人でも要件定義書を作成できるようになっていきたいです。
上流工程に関わる者としてはまだまだスキル不足と感じているので、もっと知識をつけて現場で活躍できるようになっていきたいです。

〜 取材を通じて 〜

今回、加藤さんに取材をさせて頂きましたが、10年も開発業務に携わられスキルを積まれているにも関わらず、新たなフェーズに挑戦すべく転職を決意され、現在もさらにスキルアップを図ろうとされており常に向上心を持ちながら仕事に向き合っておられる姿勢にとても刺激を受けました。

KDDIエボルバでは手を挙げれば仕事を任せてもらえる環境があり、自分次第でスキルアップを図れるがあるので、“今コロナ禍でスキルアップをしたい…でも転職はリスクがある…”と悩まれている方は、ぜひエントリー頂けたらと思います。

KDDIエボルバでは、挑戦する仲間を大募集しております!

株式会社KDDIエボルバ's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings