Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

完全キャッシュレス店舗の開発
キャッシュレスモバイル注文ソリューション「PLATFORM」
「飲食店スタッフの働き方とお客様の注文体験を進化させる」ことをミッションとするカチリでは、これまでにそのスピリットや価値観を表現するため自社グループのカスタムチョップドサラダ専門店クリスプ・サラダワークス全店にてモバイル注文アプリを導入し、約1年半で累計注文数15万件を達成するなど、日本のマーケットにこれまでにない新しい注文体験を紹介してきました。 PLATFORMは、月額数万円から簡単にはじめられる飲食店向けモバイル注文ソリューションです。お客様は自社ウェブアプリから事前に注文・決済をすることで、店頭でレジに並ぶことなくスマートに商品を受け取ることができ、店舗での顧客体験を飛躍的に向上させます。 また、注文を起点にお客様を会員化することで一人ひとりのお客様の様々なデータを蓄積し、店舗のスタッフが目の前の売上ではなく、お客様に満足していただけること、つまり顧客生涯価値を指標として行動することが可能になります。

なぜやるのか

代表の宮野
CRISP SALAD WORKS 店舗風景
飲食店の現場を知っているからこそ、できることがある 私たちはいわゆるITベンチャーではありません。 20年以上も飲食の最前線で働いてきた現役飲食店経営者でもある私自身が、店舗を経営する中で実際に現場で感じている課題を解決するために始めたサービスです。 飲食業界で働く人の多くがそこでしか体験できない特別な魅力や楽しさを感じながらも、同時に生産性の低さ・人不足・働き方など構造的な課題を抱えている業界の将来に希望を持てなくなっているように感じます。 そんな時だからこそ、誰かが私たちの問題を解決してくれるのを待つのではなく、自分たちの未来を自分で切り開いていこう。そう考えて「フード x テクノロジー」という答えに辿り着きました。 私たちは、接客業をもう一度、そこで働く人にとって楽しく魅力的なものにしたいと考えています。目指しているのは、テクノロジーを使ってより多くの飲食店が成功する事と、そこで働くスタッフが今まで以上に楽しくなる事が両立できる世界です。 代表取締役社長 宮野 浩史

どうやっているのか

カチリ取締役・蓮田
私たちは、テクノロジーを通じて飲食店を成功に導くためには「リアルな飲食店の現場理解」と「ユーザ視点で細部までこだわれるシステム開発」の両輪が必要と考えています。 だからこそ、私たちは飲食業界の未来をつくる部門として「株式会社カチリ」を新設し、企業の発展を支えるシステム構築サービスを得意とする「株式会社まちいろ」の経営陣とパートナーアップしました。 ---------- 株式会社カチリ 取締役 蓮田 健一 株式会社まちいろの代表でもある蓮田は、テクノロジーの力で飲食で働いている人の「つまらない」を、楽しくするため、2017年に株式会社カチリに参画。 株式会社エイトレッドの開発責任者としてX-point, AgileWorksを生み出す。 2011年に震災で傾いた父の会社を継いだ後、2013年にWebサービス開発の夢を再び追うため、株式会社まちいろ創業。 まちいろでは、店舗 x テクノロジーを切り口にリアル店舗での顧客体験を高めるサービスを提供している。 株式会社まちいろ http://www.machiiro.jp ---------- 新規プロダクトの開発プロジェクトは関わるメンバーの大きな成長機会にもつながります。エンジニア同士で高め合いながら、世界にも通用するような素晴らしいサービスを作りたいと思っております。