成功も失敗も、行動したヒトにしか得れない成果

株式会社Kaeマネジメントに入る前

1986年生まれ  北海道札幌市立国際情報高等学校、専修大学商学部卒

小学校、中学校とサッカーに明け暮れる日々を送っている中、ふと目にしたニュースが「カルロスゴーン」の日産社長就任だった。 高校受験という一つのターニングポイントにおいて「経営コンサルタントになれば実力で偉くなれる」という意識を持ったのを覚えています。その影響か、高校では札幌市内の新設の進学校の商業科へ入学。父親(現・社長)が経営者ということもあり、経営者になりたいという意識を持つ。 大学進学後、空前のベンチャーブームが訪れ、起業家への夢を膨らませる。

大学卒業と同時にベンチャーキャピタルに入社、社長室にて秘書として1年間を過ごす。リーマンショック後の不況の煽りを受け、12月には給与遅滞、翌1月には給与未払となり、3月に同社を退社。4月より株式会社Kaeマネジメントに入社する。

「人生に無駄はない」という言葉の通り、新卒1年目の生活は決して楽なものではなった。いわゆる“ブラック”である。その中で経験をしてきた、色々なハチャメチャ、そして精神力こそが、「やれない仕事はない、やり方がわからないだけ」という自らの働き方を気づきあげました。

現在

現在は、西日本を中心とした薬局のコンサルティング業務に従事しています。経営戦略はもちろん、新規プロジェクトの立ち上げ、リクルートの支援など幅広い業務を行っています。得意な分野は「財務会計」。 高校より慣れ親しんだ数字の分析にはバンクミーティングでも好評。

また全国の薬局経営者の弟分、そしてよき相談役として日夜飲み明かす毎日。

株式会社Kaeマネジメントについて

「規模が大きいからいい会社とは限らない」

その仕事にやりがいを持てるかどうかが大事であり、経営者としてそういう環境を作ってあげることが必要だと思っています。

小規模のため、他社に比べて人的な寂しさがあるのは否めませんが、弊社には全国のクライアントと同じ志を持つ仲間がいます。

自分の評価は自分でするものではなく、評価は他人がするもの。

これを理解し、努力を続ければ間違いなく道が開けると思っています。 いまのKaeマネジメントがあるのはそういった努力の結果であり、これからもそういう人材を評価し支えていきたいと思っています。

今後どういうことをしていきたいか

現在「一般社団法人日本薬局経営学会」を立ち上げ理事をしています。 薬剤師でなくても、医療のことを本気で考えればそれも一つの「医療人」。

業界の仲間達と時代を変える取組をしたいと考えています。

株式会社Kaeマネジメント's job postings
Anonymous
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
1 Likes
Anonymous
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon