東大生が「世界で活躍するため」に読んでいる本1~20位

興味深いランキングがありましたので、共有しておきます。

東大生が「世界で活躍するため」に読んでいる本1~20位(東大生協の売上データから)

1位
『これからの「正義」の話をしよう』マイケル・サンデル 著 鬼澤忍 訳/早川書房

2位
『20歳のときに知っておきたかったこと』ティナ・シーリグ 著 高遠裕子 訳/ CCCメディアハウス

3位
『米国製エリートは本当にすごいのか?』佐々木紀彦 著/東洋経済新報社

4位
『スティーブ・ジョブズ Ⅰ』ウォルター・アイザックソン 著 井口耕二 訳/講談社

5位
『スタンフォードの自分を変える教室』ケリー・マクゴニガル 著 神崎朗子 訳/大和書房

6位
『ハーバード白熱教室講義録+東大特別授業 上』マイケル・サンデル著 NHK「ハーバード白熱教室」制作チーム、小林正弥、 杉田晶子 訳/早川書房

7位
『スティーブ・ジョブズ Ⅱ』ウォルター・アイザックソン 著 井口耕二 訳/講談社

8位
『2050年の世界 英『エコノミスト』誌は予測する』英『エコノミスト』編集部 著 船橋洋一 解説 東江一紀、峯村利哉 訳/文藝春秋

9位
『君は、こんなワクワクする世界を見ずに死ねるか!?』田村耕太郎 著/マガジンハウス

10位
『ハーバード白熱教室講義録+東大特別授業 下』マイケル・サンデル 著 NHK「ハーバード白熱教室」制作チーム、小林正弥、 杉田晶子 訳/早川書房

11位
『ゼロ・トゥ・ワン』ピーター・ティール、ブレイク・マスターズ 著 関美和 訳/NHK出版

12位
『外資系金融の終わり』藤沢数希 著/ダイヤモンド社

13位
『世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?』戸塚隆将 著/朝日新聞出版

14位
『フェイスブック 若き天才の野望』デビッド・カークパトリック 著 滑川海彦、高橋信夫 訳/日経BP社

15位
『スティーブ・ジョブズ 驚異のイノベーション』カーマイン・ガロ著 井口耕二 訳/日経BP社

16位
『選択の科学』シーナ・アイエンガー 著 櫻井祐子 訳/文藝春秋

17位
『これが物理学だ!』ウォルター・ルーウィン 著 東江一紀 訳/文藝春秋

18位
『イノベーション・オブ・ライフ ハーバード・ビジネススクールを巣立つ君たちへ』クレイトン・M・クリステンセン、ジェームズ・アルワース、カレン・ディロン 著 櫻井祐子 訳/翔泳社

19位
『Googleがほしがるスマート脳のつくり方』ウィリアム・パウンドストーン 著 桃井緑美子 訳/青土社

20位
『なぜマッキンゼーの人は年俸1億円でも辞めるのか?』田中裕輔 著/東洋経済新報社

藤井の所感としては、左脳系、欧米系が多いのが気になるところ。時代が変革の過渡期だから、まだ軸足が20世紀のままな印象。気持ちとしては、22世紀を意識してほしい。
http://kanglo.main.jp/

カングロ株式会社's job postings
Anonymous
Anonymous

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon