Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

創業期メンバー
代表:亀井
創業者の亀井は、エンジニア出身。 エンジニアとして働くうちに業界内でまことしやかにささやかれている【エンジニア35才定年説】だとか【いつかはPM(プロジェクトマネジャー)へ】というエンジニアのキャリアパスについて疑問を持ったのです。 -35才で仕事がなくなるって本当? -エンジニア→マネージメントの道しか本当にないの? 仮に、35才で仕事がなくなるとしたらそれを回避できるのはどんなエンジニアなんだろう?マネージメントが苦手、やりたくないエンジニアが生き残るにはどうしたらいいんだろうか? その結果・・・ エンジニアとして生き残る道は必ずある、想いを共有できるメンバーと一緒にエンジニアが思いを果たせる場所や環境を作っていこう!とケイズ・ソフトウェアを立ち上げました。

なぜやるのか

日本のSI産業は、残念ながら多くの場合、エンジニア職が『キャリアのゴール』にはなっておらず、 一定のタイミングでマネジメントへ進むようなキャリアプランを求められます。 でもマネジメントサイドには回らず、ずっと現場で開発に携わっていたいという人は少なくないですよね?できれば、一生涯エンジニアでいたい、と感じている人もいます。だから、わたしたちの会社は“生涯現役”でやっていきたいというエンジニアが思いを果たせる場所や環境を作っていきたい!と考えています。

どうやっているのか

多種多様な言語を活かす、または学ぶ事もできます。 全部できる必要は勿論なくて、どれか一つでも極めたいという思考だったり、一通り学んでみたい、という考え方でもOKです。「作る事が大好き」これが一番大事だと思っています。私たちの考え方として新しい物をどんどん取り入れていこうという意識は強いです。新しいものってやはり作る上では楽しいですし、開発を行う上でもっとハッピーになれば素敵だと思うのです。 (逆に地獄になることもあります!) その為に言語に関して言えば、一つのバージョンだけを使い続ける、ということはしません。(当然業務上でのケースバイケースはあり得ます。)開発スタイルとしてはアジャイル方式を採用しています。 お取引させていただいているクライアント様にとっても柔軟に対応させていただいたほうが、 メリットがあると判断している点が強いところです。 あとアジャイルのほうがチーム感がより強く出ると思っています。1機能に関してちゃんと自分で設計して、自分で実装し、テストをして責任を持ってコミットする。当然責任は出ますが、楽しみとやりがいはあります。 勿論悩んだときはチームに相談です。 一人では当然できる事も限られますし、チームで言い合いながら意見をブラッシュアップしていくことでより良い物ができると考えています。

Page top icon