【開発者に聞いた】「Kyash」Androidアプリ開発の舞台裏を紹介

本日7/12、「Kyash」Androidアプリリリースしました

こんにちは、Androidエンジニアのkobakeiです。本日「Kyash」Androidアプリをリリースしましたので、開発背景をまとめておきたいと思います。

そもそもKyashとは、LINEやFacebookなどのSNSや電話帳で繋がっている人であれば、相手が「Kyash」アプリを持っていなくても、その相手に対して無料で送金や請求ができるアプリです。受け取ったお金はそのままVisa加盟店でのお買い物やモバイルSuicaへチャージして駅やコンビニ等で使用できます。

ユーザー調査によると、Kyashのアプリを利用したユーザーの94%がKyashを継続的に利用したいとご回答いただいています。まだ使ったことのない方は、ぜひこれを機にダウンロードしてみてください( iOSAndroid

これまではiOS版にてご提供してきたのですが、Android版リリースにより、端末を問わずより多くの方にKyashをご利用頂けるようになりました。同時に、すでに提供しているiOS版でもユーザーのご要望の多かったFacebook経由での送金・請求する相手の自動追加や、複数人での精算に便利な機能を加えるためにアップデートしています。Android版に関しても同様の機能を順次アップデートしていきますので、乞うご期待です。

◯爆速での開発を可能にした技術的チャレンジ

さて本題に入ります。私が入社したのは2017年5月ですが、すでにiOS版は先行してリリースしておりました。個人間送金というサービスの特性上、グループの中にKyashを使えないAndroidユーザーがいると利用シーンが大きく制限されてしまうため、まずはとにかく早く出すことを目標とし、これを実現するために様々な技術的なチャレンジを行いました。代表的な点をいくつかご紹介します。

・Kotlin全面採用

KyashのAndroidアプリは、Kotlinを全面採用して開発を行いました。最初期のモックこそJavaで書いていたのですが、Android開発者コミュニティでのKotlinでの盛り上がりやKotlinを採用した他社の話を聞いて、より高速かつ高品質なアプリ開発にはKotlinが適していると判断しました(その直後にGoogle IO 2017でKotlinが公式言語に認められたときは、内心ガッツポーズしました)

・設計

アプリの設計面では、MVVMとClean architectureをベースとしたアーキテクチャを採用しました。各レイヤー間はRxJavaのストリームを受け渡すことで、RxJavaに慣れていればUIでもビジネスロジックでも同じ作法で実装できます。データのUIへの反映にはデータバインディングを採用し、UI周りのコードを可能な限り共通化しています。

・セキュリティ対策

早く出すことと同時に、お客様のお金を預かるサービスの性質上、データベースの暗号化などセキュリティ対策も入れています。リリース前には社内のセキュリティエンジニアによるチェックを十分行っています。


Android ロボットは、Google が作成および提供している作品から複製または変更したものであり、Creative Commons 3.0 Attribution ライセンスに記載された条件に従って使用しています。

◯これからの目標

ようやくiOS版とAndroid版が揃いましたが、これで終わりではありません。むしろようやくスタートラインに立ったばかりです。

NFCやQRコードなどスマホを使ったオフラインでの決済やグローバル展開など、やりたいことは無数にあります。技術的にも、Google IOで発表されたArchitecture componentsの検討や、よりAndroidらしいUI/UXの実現など、エンジニアの腕の見せどころは満載です。

今はAndroidエンジニアは私一人ですが、これらを高いクオリティとスピードで実現していけるエンジニアを探しています。Kyashは世界中で使われるサービスを目指しているので、チームとしても、少なくとも国内では他に類がないくらいレベルの高いAndroid開発チームにしたいと思っています。

Kyashに興味があったり、スタートアップでの開発に興味のあるAndroidエンジニアの皆様、是非下記のリンクから話を聞きに来てください!


Androidエンジニア
Kotlinで個人間送金アプリを開発したいAndroidエンジニア募集!
株式会社Kyashはウォレットアプリ「Kyash」とAPIを企業へ開放し、カード発行と決済をクラウドで提供する「Kyash Direct」を展開する、表参道にあるFintechスタートアップです。 ウォレットアプリ「Kyash」はアプリをダウンロードすると、すぐにKyash Visaカード(バーチャルカード)が発行され、チャージをするといつでも、どこでも、誰にでも送れるモバイルアプリサービスです。決済領域と、これから変革が求められる送金領域の双方に跨がるFintechサービスを提供しています。 「Kyash Direct」はAPIを解放することで、パートナー企業のVisaカードをスピーディに提供することが可能です。カード発行やプロセッシング、リアルタイムファンディングをワンストップで行うことができるため、パートナー企業のニーズに応じた柔軟で新しい決済体験の提供が可能となります。 300兆円の小売市場のキャッシュレス化が進む変革期。 累計28億円の資金到達を実施し、Kyashはいよいよ決済事業者の枠を超えて次のステージを目指します。一緒に「価値移動のインフラ」を創るメンバー募集中です! サービスを通じて、ユーザーの暮らしがより便利に、そして日本がキャッシュレスへ向かう勢いを加速してまいります。 ◯ メディア掲載 PR TIMES: Kyash、シリーズBで米国ベンチャーキャピタルなどから約15億円の資金調達を実施https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000040.000020416.html Kyashが凸版印刷、三菱UFJニコスとの業務提携契約の締結を発表https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000039.000020416.html
株式会社Kyash

Kyashでは、私達と一緒に個人間決済の未来を切り拓いてくれるAndroidエンジニアを募集しています!


@kobakei profile  東京大学工学部システム創成学科、工学系研究科精密機械工学専攻修了。大学院修了後はソニーでデジタルカメラのミドルウェア、デバイスドライバの開発に従事。その後グリー株式会社にて、ゲームプラットフォーム(Unity用SDK)、海外向けメッセンジャーアプリのAndroid版開発、cocos2dxでネイティブゲームの開発を立ち上げから担当。その後スタートアップでのサロン予約サービス開発を経て、KyashにJoin。
株式会社Kyash's job postings
12 Likes
12 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more