働き方の常識を塗り替えるママ編集者!〜私が大企業マインドを手放せたワケ〜

<プロフィール>
和田 由紀恵(わだ ゆきえ)/スノー
1983年宮城県生まれ、東京育ち。早稲田大学法学部卒業後、外資系大手生保へ入社。法人代理店営業や銀行窓販解禁に携わる。その後、結婚・出産を経てキャリアチェンジを一念発起。現ランサーズ・エージェンシー社(旧パラフト社)へ転職。オウンドメディア事業『PARAFT』のライター・編集者として新たなキャリアをスタート。2018年、ランサーズへジョイン。現在も『PARAFT』編集者として「働き方」に関わる記事制作を行う。趣味は読書と料理。休日は少年野球をする息子を応援。

働き方の常識が塗り替われば、ママもいきいき働ける

 ランサーズ・エージェンシーに入社する前は、担当する複数の法人代理店の保険販売支援や、事務手続きの特殊処理、特殊トラブル対応など、ひたすら電話で話しながら業務を遂行する毎日。入社から数年は営業担当でしたが、母となってからは後方支援業務に。販売する商品がたくさんの人の役に立っていることが働くモチベーションだったものの、一方で金融業界特有の制約に違和感を感じていました

 子どもと一緒にいる時間を削ってまで仕事をするなら、自分がもっと楽しめる仕事をしたいという思いのもと、自分はいったい何が楽しいんだろうと、数年にわたって考え続けていました。営業ラインで管理職についている女性は、独身かお子さんのいない人ばかり…ママ社員がマミートラックに置かれている状況を見聞きし、実際に自分もそうかな、と思ったりもしていました。

 そんな中、働き方の選択肢を増やすためのサービスを提供しインフラとなりつつあるランサーズを知り、その社会的意義の大きさに魅力を感じました。フリーランス・プラットフォームがインフラとして広く定着すれば、働き方の常識が塗り替わるかもしれない。そんな思いとともに「言葉を扱う仕事」に自分の強み・楽しみを見出し、働き方メディア『PARAFT』のWebメディアのライター・編集者職を志望しました。

企業とランサーさんの間で社会の役に立つ

 ランサーズ・エージェンシー入社後は、それまでの経験を活かせるエージェント事業の営業事務からスタートし、徐々に『PARAFT』編集部の実務に移り、インハウスライターとして記事を執筆する日々を過ごしました。その後、運営やメディア全体の編集を担当するようになり、『PARAFT』事業運営が主な職務になりました。

▼ランサーズグループの働き方メディア『PARAFT』はコチラから👇

 現在は、アウトソーシング事業部という部署に在籍しています。アウトソーシング事業部は、フリーランスへ仕事を発注したい企業とランサーズに登録するフリーランス(※ランサー)の間に立って、企業のさまざまな「困りごと」を解決するための手段の設計から解決までをワンストップで行っています。いまの私のミッションは、「オウンドメディア『PARAFT』を運営することと、アウトソーシング事業部のソリューションとなるランサーさんを選任する方法や仕組みを考えること」です。『PARAFT』で制作した記事の反響が大きかった時や、素晴らしいスキルを持つランサーさんにランサーズ経由で仕事をしていただけた時などは、社会の役に立てた手応えを感じられます。

▲ランサーズでは、"ランサー中心主義"を掲げています

さまざまな経験を積み、大企業マインドが手放せた

 合意形成や調整が「仕事」、それまでの業務の延長線上に明日がある、といった大企業的マインドを手放せたのは、大きな収穫でした。ゼロベースで考え、仮説を立てて、実行・検証する――。激変する環境に身を置いて初めて、正面から知恵を絞って仕事に取り組むようになりました。

 想像すらしなかった仕事や機会に恵まれることも。新進気鋭の映画監督、AI関連のサービスを開発するベンチャーの社長に、海外で暮らしながら活躍するフリーランスのママ。普通に過ごしていたらまず出会えない人たちに会って、存分に話を聞けるのは、取材する者の特典です。日々接する全てが、成長へとつながっていく実感があります。

 変化が激しいランサーズでは、ゼロから事業や機能を立ち上げる場面が多く、半年前に立てた計画が役に立たないことも。変化に次ぐ変化がストレスになることも時にありますが、反面ではありがたい状況だと感じます。チャンスがゴロゴロしていて、さまざまな経験を積めて、マインドがリセットできる。しかも社会的意義のあるサービスに携われているのは大きなモチベーションになります。

『社会に役立つ仕事に自分の強みを活かして取り組む』

 これが働く上での私の原則となっています。その原則のもとで、編集者やライター、マーケターなどその時々で求められる役割が変われば、その役割を楽しみ、パフォーマンスを発揮していきたい。自分が先々どんな職業人に収斂するのかワクワクしています。子ども世代に残せる仕事をしたいですね。

 自分の強みと社会から求められること(=ビジネス)をリンクさせ、もっと自分を成長させたいと考える方想像もしなかったワクワクするような仕事をしたい!と思う方。そんな方たちと、ぜひ一緒に働きたいです。まだ出会ったことのない未来の仲間たちから、たくさんの学びをいただけることを今から楽しみにしています!

ランサーズ株式会社's job postings
7 Likes
7 Likes

Weekly ranking

Show other rankings