1
/
5

ユーザーさんの為に課題解決を。ビジョンを実現していくことが人の助けに繋がると信じて

<プロフィール>
垣井 駿努(かきい しゅんと)/(カッキー)
1999年広島県生まれ。地元の高校を卒業後、青山学院大学へ入学し、在学中に自分の将来について不安を感じたことをきっかけに休学を決意。個人事業主やフリーランス、起業家など様々な人と会いながら、サービス開発を通して独学でプログラミングの勉強を開始。2018年11月にインターンとしてランサーズにジョイン。退学を決意し、4月に正社員となる。現在はエンジニアとしてプラットフォームの開発・運用保守の仕事を行っている。趣味はシェアハウス巡り・ポーカー。

フリーランスの為に何か自分に出来ることはないか、と模索していた時にランサーズに出会った

学生時代から、フリーランスの知り合いが多く、彼らならではの「仕事が取れない」といった悩みが私にとってはとても身近なものでした。そんな中で、独学で学んで身に付けたプログラミングの技術を使って、彼らのために何かできないかと模索をしていました。当時からシェアハウスに住んでいるのですが、その関連のイベントでたまたまランサーズで働いていた先輩と出会い、一緒に働かないかと紹介してもらったことが入社したきっかけでした。自分が模索していた時の気持ちと、「誰もが自分らしく働ける社会をつくる」というビジョンが重なって、クラウドソーシングという方法で自分の助けたい人たちを助けることができると考えました。

入社後、まずはメインのオンラインマッチングプラットフォームサービス「Lancers」の改善業務を行うことからスタートしました。カスタマーサポートの業務改善の為に、メンバーが利用している管理画面の改修を行ったり、プラットフォーム上でわかりずらい表記がある場所の修正をしたりと、小さくて見落としがちな問題に対して、ユーザーの立場に立って一つずつ改善を行っていきました。

初めはわからないことだらけで、先輩に聞いて調べながら仕事を進めていました。チームメンバーとはすぐに打ち解け、わからないことがあったらすぐに聞きにいける仲になりましたね。入社して1ヶ月経った頃に、「(あれ、まだ入社して1カ月だっけ?)もっと長く在籍してる思ってた。だいぶ馴染んでるね!」と言われたときは少し嬉しかったです(笑)

切磋琢磨しながら、新しいことにも手を挙げればチャレンジができる環境

最初は目の前の自分の業務のみに専念することが多かったのですが、当時1番の開発量を担っていたフロントエンドエンジニアの先輩から「実装終わるの早い!」と言ってもらえた事がありました。それまでチームの開発スピードにうまく乗れず、足を引っ張っているんじゃないかと感じてたのですが、その言葉を言ってもらえて良い意味で調子に乗りました。(笑) それがきっかけでチームメンバーが対応している他のタスクにもチャレンジをしていくようになりました。また、その先輩に開発量で勝ちたくてコードをひたすら書いていたことで最終的にはフロントエンドもバックエンドも機能実装していけるようになり、自身の成長に繋がりましたね。(結局一度もその先輩には勝てなかったですが(笑))

また、開発だけでなく、途中からディレクターの業務を行うようにもなりました。当時、チームメンバーにディレクターがおらず、自分から立候補したためわからないことだらけでしたが、手探りでやっていました。当時の部長や別チームのディレクターの方に話しや意見を聞きつつ、開発に関する課題を見極めながら施策を決めていました。

施策がなかなか決められず、当時の開発メンバーに迷惑をかけてしまったこともあります。しかし、実際に考えた施策がどのように要件や仕様に落とし込まれて機能として生まれていくか、という全体の流れを身を持って体験できたことは大きかったと思います。若いうちから全体の流れを知れる機会やチャンスがあるところはランサーズの良い所だと思います。

今では任せてもらう仕事が増えたことが私の成長にも喜びにも繋がってきています。マークアップに関しては、主力要員として数えてもらえるようになったり、小さいプロジェクトではありますが、PMとして入らせてもらえることもあります。新卒当時、何もできなかったことを考えると成長し、自分でできることが増えたのでWEB開発に関してとても自信がつきましたね。

現在は、プラットフォームサービスの新規開発と保守運用の仕事を行っています。プラットフォーム上でクライアントが抱えている課題解決のための発注機能の改善や、時間報酬契約の機能改善などを開発しています。

「Lancers」のシステム上、ユーザーの属性によってサービスの挙動が変わってくるため、そこを考慮した開発をしていくのがとても難しいところです。ただ、今までの使いづらかった部分の機能改修が直近の取り組むべきタスクとなっているので、前よりも「Lancers」を使いやすく改善していけることが大きなやりがいに繋がっています。

チームに「垣井が居たら安心だ」と言われるような打開力のある人材になりたい

最近は「Lancers」を利用して頂いているユーザーさんに頻繁に会うようになり、直接顔を見ることができました。今後も、もっとユーザーさんの為に着実に今目の前にある課題を解決していきたいと思っています。また、仕事の面では、「あの人がいたら安心だ」と思われるような存在になりたいと考えています。ランサーズは非常にチームワークを大切にしている会社なので、もしチームで悪い状況などになった場合でもその雰囲気をがらっと変えることができるような打開力のある仕事人になりたいです。

ランサーズ株式会社's job postings
13 Likes
13 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more