1
/
5

【21新卒/ストーリーNo.7】個人がそれぞれのスキルを活かせる世の中にしたい

<プロフィール>
池田 直人(いけだ なおと)/なおちん
1998年静岡県生まれ。静岡大学在学中。工業高校在学時からエンジニアの仕事に興味をもち、ランサーズのミッションに共感しジョイン。12月からインターンとしてMENTAの開発業務と合わせてマーケティング運用などを担当。趣味はクライミングと読書。

定年まで1つの会社で働き続けることへの疑問

ランサーズを志望した理由は個のエンパワーメントというミッションに惹かれたからです。私の地元では、地域で有名な企業に入社して定年まで勤める、という進路が褒められます。ですが私は大学のときに地元の友人がその中でつらい経験をしていることを目の当たりにして、企業に依存するような働き方に疑問を持つようになりました。その疑問をもったまま就活に臨みましたが、やはり大学の友人も有名企業だからと就職する人が多く、自分はどのように働いていきたいのかを考えました。高校生のときの経験から漠然ではありますが、個人が活かせるスキルをもって自分らしく働ける世の中にしたい、会社がなくなっても生きていけるような個人の力を付けることが出来るような社会をつくりたいという思いがあり、そのときランサーズを知りました。高校生のときからパソコン一つでなにかを生み出すことが出来ることに面白みを感じており、開発者として入社を志望しました。


認知がまだないのは、ポテンシャルだと思う

入社を決めたのは、ランサーズのサービスが個人と企業(社会)を結ぶサービス、というのが一つあります。自分がつくりたい世の中において必要なサービスだと思うからです。しかしながら現状認知はまだまだだと思っています。地元静岡では副業を認めていない企業が大半で、ランサーズの認知度も自分の周りで知っている人がほとんどいませんでした。ですが私はネガティブには思っておらず、今後ポテンシャルがあることだと考えています。知っている中でやらないことと、そもそも知らないのでは大きな違いがあるので、自分がサービスをよりグロースさせることで世の中にランサーズのことを広めていき、自分がかなえたい社会の実現に近づけたいです。現在はインターンとしてMENTAの開発とマーケティング運用を行っています。MENTAのサービスのユーザーを増やしたい、ユーザーがシェアしたくなるような施策を打ち出さないとならず、現状はまだ厳しく難しく感じることも多々ありますが、自分の提案や相談を日々代表の入江さんと壁打ちをしながら方向性を詰めていく過程はとてもやりがいを感じています。また、開発部の上長とは面談を行いながら4月以降に何を担当するのか話し合いをしています。既にMENTAに愛着が出てきているので、今後も携わっていきたいと思っています。


サービス思考をもつエンジニアになりたい

長期的な目標は、マーケティング視点をもつエンジニアになりたいです。なぜかというと、マーケティングの知識を持っているとユーザー視点を持つことができ、仕様を詰める際にその知識と経験により、より良いサービスを作れると思うからです。どういう技術を使うのかももちろん大事にしたいですが、それよりもユーザーが求めているものをどのようにしたら提供できるのか、に重点をおき、受動的にならず、仮説を持ち続けてサービス思考をもったエンジニアになりたいです。実際にランサーズのエンジニアの方々は開発だけではなく、サービスをより良いものにするための施策や認知度を高める施策などをCSのチームなどと連携して次々と打ち出しています。そして、それらの施策一つ一つには明確な根拠があり、どれも目を見張るものばかりです。これは、普段からサービス思考を持った開発経験の賜物であると感じています。私はまだインターンとして入社したばかりで右も左も分からない状態ですが、若さを武器に試行錯誤をして新しい風を吹き込んでいきたいです。また、先輩エンジニアたちの背中を追いかけながらスキルを磨き、1日でもはやくマーケティング視点をもった一人前のエンジニアに成長したいです。

ランサーズ株式会社's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more