1
/
5

なにをやっているのか

2019年5月に事務所を池袋ダイヤゲートビルに移転しました。7階は営業・総合事務、5階はシステムのフロアです。
2021年7月21日、東証JASDAQ市場に新規上場しました。
当社は、日本の不動産を「流通・再生・運用」する不動産流通会社です。 中古ワンルームマンションをメインとした全国各地の物件を取り扱っております。 『不動産×テクノロジー』の理念を基に、デジタル化が後進的と言われる不動産業界においても、当社は早い段階で不動産とシステムの融合を果たし、他社にないビジネスモデルを強みとして、事業拡大をして参りました。 これからの不動産ビジネスは、経験値だけではなく精度・鮮度ともに高いデータこそカギを握る。 そんな信念のもと、システムを内製化し独自のIT「不動産流通データベースシステム」を 構築・運用しながら、先進的な取り組みを行い、常に複数のプロジェクトが平行して動いており、 現在、約60名の組織で開発を行っています。 多岐にわたる実績と広範なネットワークから収集する情報・専門知識を駆使し、不動産運用における様々なシーンでサービスをご提供しています。

なぜやるのか

本社での集合写真 社員数は支店も含め約500名と急成長しています。
弊社が買取り、フルリノベーションした事例
人生100年時代と言われてる今、将来の年金不安を解決するためにも、自らで資産作りをしていくことが必要となってきています。 現在のメガバンクの定期預金の利率は0.01%と預貯金だけで資産を増やすことが難しい時代になり、世界的パンデミックによっても資産形成の必要性は高まっております。 様々な投資商品がありますが、その中でも不動産投資は株価に変動されにくく、長期的・安定的に運用することが出来ます。「リスクを分散させる」というのは投資する上では基本となってきますが、その中で「不動産投資」という選択肢を知って頂きたいと思っております。 また、少子高齢化が進む中で、相続問題・空き家問題をよく聞きますが、古くなった物件を当社で買取り、リノベーションをして再生し、販売するという不動産の流通は、社会課題への解決にも繋がります。 「不動産を通して生活者が豊かに暮らせる提案を行う」こと。 豊かなライフプランを実現するための、最高の”個人資産運用顧問(プライベートリアルター)”を目指しております。

どうやっているのか

エンジニアが集中できる環境を整えるため、システム部門は別フロアとなっております。
社内で開催されたシステム勉強会「Sharing The Knowledge」の様子
弊社の成長にはITの活用が必要不可欠のためシステム部門の強化を随時行っております。 システムでは大きく分けて「社内システム・アプリケーションの開発」と「社内サーバー・ネットワークの構築と保守運用」があります。 不動産会社では珍しい「システムの内製化」を果たし、現在は約60名のSEが在籍しております。 DjangoとVue.jsは担当が分かれて開発することが多いですが、当社では両方を作ることができ、 Pythonの基礎が働きながら学べます。 当社のシステムでは要件定義・企画するところから、設計や開発など全ての業務を一連して行います。 ユーザーが社員だからこそ、PDCAを回すスピードが速く、「開発して終わり」ではなく長いスパンでサービスに携われるのは、エンジニアにとっての魅力の1つです。 2020年10月には、社内向けシステム「RCP」を開発し、業務効率の向上と円滑な取引に貢献することが出来ました。現在はこのRCPに更なる機能を加えるためプロジェクトが進行中のほか、お客様専用マイページや賃貸向けシステムの開発など複数のプロジェクトが進行中です。 エンジニア向けの部内勉強会「Sharing the Knowledge」を月に1~2度開催し、スピーカーを交代しながら、それぞれの知識や得意分野を共有することで、お互いの知らない知識やスキルを補い、 より強い組織形成を行っております。 【勉強会の様子】 ・第1回エンジニア向け勉強会「Sharing The Knowledge」を開催しました! https://www.wantedly.com/companies/landnet/post_articles/295950 ネットワーク機器についての基礎知識/SQLとORMの理解 フレックスタイム制度を導入しており、テレワークや必要に応じて出社するなど それぞれに合った働き方を推奨しています。またメンバー同士もとても仲が良く 個性豊かなメンバーが多いです。 自由な風潮もあり、やりたい事が実現したり、評価が反映されやすい環境です。