1
/
5

Loco部活から「テラスハウス部」と「フットサル部」をご紹介!

※2019年7月12日に広報ブログ(http://blog.loco-partners.com/)で投稿された記事です。

こんにちは、組織デザイン部の上原です。

Loco Partnersには、好きなことからつながりをつくれる「部活」があります。
今回は最近活動が活発な、一部の部活の様子をお届けします!

テラスハウス部

Netflixで配信中の、テラスハウスが大好きなメンバーで構成されている部活です。不定期でランチを食べたり、部員の家で動画を見たりしています!最新の活動では、Relux掲載の宿で鑑賞会を開いてみました。

Relux掲載宿で、みんなでテラハ鑑賞!

ピアボーナスのLocotipで獲得したReluxポイントを使って、葉山にある宿「The Bath & Bed Hayama」へ。

観賞用のお菓子と飲み物を購入し・・・

到着!こちらは蔵を改装した宿で、最近雑誌などにも取り上げられてる宿なんですよ。

2階建ての造りで、1階にはフリースペースと大きなお風呂。
2階にはこれまた大きなベッドが2台あり、プロジェクターが用意されていました。

Reluxで見ていた通り、おしゃれで綺麗な宿でした。
そして夜はお待ちかね。大きなプロジェクターで、みんなでテラスハウスを堪能!

湘南編から東京編まで、それぞれの好きなシーンを観たりしながら、至福の時を過ごしました・・・。
好きな宿と好きなテラスハウスで最高の時間を過ごせるのは、Loco Partnersの部活ならではです!

フットサル部

フットサル部は、月1回くらいの頻度で開催しています。
今回は、フットサルで汗をたくさんかいたあとに、BBQをして親交を深めました。当日の様子をご紹介します。

場所は新豊洲駅近くにある「MIFA FOOTBALL PARK」。
あいにくの雨・強風ですが、フットサルは雨天決行!この日は女性も合わせて全部で17名の参加でした。

Loco Partnersのフットサル部では「女性が1点取ると3点」という特別ルールがあるので、各チーム女性メンバーが前線に待機し、ゴールしてもらう戦術にしたのですが、女性メンバーが3点取ってしまいスコアが大きな差が・・・

さらに、インターン生が(普段のうっぷんを晴らすかのように)上司にボールをぶつけるなど(笑)、真剣さの中に珍プレー好プレーがあり、大いに盛り上がりました!

フットサル後は、隣にあるグランピング施設「WILD MAGIC」へ。
この施設からは、東京らしい夜景を見ながらBBQを楽しむことができます!BBQのみ参加のメンバーも数名増え、気づけば4時間。あっという間に時間が過ぎました。

フットサル部 部長 営業部 矢田貝コメント

フットサル部では、そろそろフットサルの大会に出たいね〜!という声も上がってきておりますので、今後もLoco Partnersを代表する部活動として盛り上げていければと思っています!

これからも、部活を通じて社内のつながりをふやしていきます!

出典:(https://blog.loco-partners.com/2019/07/12/191652

▼Loco Partnersでは、20新卒まだまだ募集中です。
興味のある方は、ぜひエントリーしてみてください!

21新卒
21新卒|旅を通して日本の魅力を発信していきたい新卒を通年採用で募集
弊社はホテル・旅館の宿泊予約サービス「Relux」を運営する会社です。 https://rlx.jp/ Relux がお届けしたいのは、宿の魅力はもちろん、 日々の暮らしでは得られなかった発見や、 人生の豊かさを見直すようなかけがえのない体験です。 この特別な旅行体験を提供するために、 全国各地のホテル・旅館を泊まり歩いてきたReluxの審査委員会が選び抜いた、 心からおすすめできる宿泊施設のみをご紹介しています。 芸術といえるような極上の宿泊体験を提供する「MUSEUM」から、 より気軽に満足度の高い体験ができる「CASUAL」まで、 約3,300施設の中から旅の目的に合わせてお選びいただけるサービスです。 高い操作性やシンプルなデザインのUIUX、旅行コンシェルジュによる丁寧な接客などが評価され、 2年連続お客様満足度1位(Emotion Techおよび日経BPコンサルティングによるNPS調査)を獲得。 ユーザー数318万人を突破しました。 宿を探すこと自体が、旅するように楽しめる場所へ。 それが私たちの目指す宿泊予約以上の体験です。
株式会社Loco Partners(Relux)
株式会社Loco Partners(Relux)では一緒に働く仲間を募集しています
9 いいね!
9 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう