Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

Deep Learningモデルの圧縮から、ハードウェアへの組込みまで、LeapMindの技術をソフトウェアスタックとしたオープンソース「Blueoil」
誰でもすぐに組込みDeep Learningを導入できるためのプロダクト「DeLTA-Family」
■LeapMindとは? 「あらゆるモノにDeep Learningの恩恵を」 Deep Learningをあらゆるモノに適用するDoT (Deep Learning of Things)の実現を目指す企業です。 ▷▷▷https://leapmind.io ■何をやっているの? LeapMindでは主に、Deep Learningモデル構築における精度向上から計算量圧縮などのソフトウェア領域と、省電力かつ高効率を目指した回路設計などのハードウェア領域双方において研究開発を行なっています。 従来のDeep Learningには知識や技術はもちろんですが、他にも莫大な演算量が要求されるため、GPUやクラウド環境が必要でした。これを解決するため、LeapMindではPCやクラウドを利用せず、手のひらサイズの小さなデバイス単体でDeep Learningを動かすための研究を行ってまいりました。 そして、2018年春、誰でもすぐに組込みDeep Learningを導入できるためのプロダクト「DeLTA-Family」を開発し、提供するまで至りました。 ▷▷▷https://delta.leapmind.io/ 2018年秋には、Deep Learningモデルの圧縮から、ハードウェアへの組込みまで、LeapMindの技術をソフトウェアスタックとした「Blueoil」をオープンソース化し、誰でも、どこにいてもLeapMindの技術を活用することができる環境を整えました。これにより、組込みDeep Learning導入の促進活動に貢献できればと考えています。 ▷▷▷https://blue-oil.org/ 現在は共同研究開発をはじめ、自社プロダクト製品のさらなる開発と提供を行うことで、あらゆるモノからDeep Learningの恩恵を受けられる世界への発展に貢献しています。

なぜやるのか

各種展示会にも多く出展し、多数の講演も行なっています。
最近では、自社イベントも開催いたしました。
■LeapMindのミッション Smaller, Faster, More Efficient We enable Deep Learning of Things (DoT) 個人や企業を問わず、誰でも簡単に使えるDeep Learningプラットフォームを提供し、Deep Learningを社会に浸透させることによって、ヒトの生活は一歩先に進むと考えています。

どうやっているのか

ソフトウェアエンジニアからハードウェアエンジニア、デザイナーなど様々な職種の人が在籍しています。
2018年春に引っ越した広いオフィス。快適に過ごせます。
■50%エンジニア メンバの半分がDeep Learning, Web, Hardware, SIngle Board Computing, Infrastructureのエンジニアです。 多様なバックグラウンドを持つメンバが集まっており、セールスや人事にも元エンジニアが潜んでいるため、どの部署でも専門用語を用いた会話ができます。 ■社員の出身地、17ヶ国以上 参考▶︎多国籍な会社ってどんな感じなの?社員の3分の1が外国籍というLeapMind社に聞いてきた ▷▷▷https://www.vision-net.co.jp/morebiz/leapmind/

Page top icon