1
/
5

インターンを経て入社!高い環境と基準に身を置いて働きたい【社員紹介vol.9】

こんにちは!株式会社レバレッジ広報担当です。
今回はインターン2ヶ月経験後、新卒でメディア事業部に入社した松尾さんにインタビューしました。

レバレッジに興味があり、どんな人が働いているか、これからインターンを始めようと思っている学生の方にも必見記事です!
ぜひ最後までお読みください!

ーー本日はよろしくお願いいたします!
  今月新卒で入社されましたが、学生時代はどんなことをされていたのですか?


学生時代は、旅が好きだったのでアフリカ大陸横断、インド周遊、東南アジア周遊の旅などをしていました。
大学4年間にやったこと、旅などについて日記のようにまとめていて、今でも時々振り返ったりしています!新型コロナが落ち着いたら、また海外に行きたいですね。



ーー松尾さんは入社前、レバレッジでインターンをされていましたが、きっかけは何だったのですか?

僕、趣味が総合格闘技なんです。元々筋トレをやっていて、もっと生物的に強くなりたいと思って始めました。
そういうこともあり、フィットネス系の仕事がしたいというのは常にありましたが、たまたまレバレッジでインターンをしている学生のツイッターアカウントを見つけたんです。
『ミスター早稲田で、筋トレをしている』・・・衝撃的でした!
自分が憧れた生物的強さを持っている人がレバレッジにいる!と思い、すぐにインターン参加を希望しました。

ーーそうなのですね!
  実際にインターンに参加してみてどうでしたか?

とにかく熱量がすごい会社という印象を持ちました!
インターン中から、※パーソナルトレーナー業界総合支援サービス「トレーナーエージェンシー」の営業をさせてもらっていました。
「世界に誇るトレーナー大国にする」をビジョンに掲げ、環境と基準が高く、自分に求めてくれるものが正確で自分もそれに納得して頑張れる場所だと感じました。
一日一日がとても貴重で勉強になる日々でしたね。

ーーレバレッジのインターンは、営業など実務的なことをを経験してもらいますが、大変だったことはありますか?

自分から情報をキャッチしにいかないとチャンスが降ってこないことや、わからないこと気になることは自分から聞きにいかないといけない部分ですね。
僕は、色々な企業のインターンを経験しましたが、どうしてもプライドが高くなってしまい、素直に聞き入れることが出来なかったんです。
レバレッジでは只石社長に素直になることの大切さを教えていただき、今でも意識しています!


ーー見事インターンからの入社第一号ですが、入社の決め手はありますか?


もちろん環境と基準が高い点もありますが、自分が常に熱量を求めているので、周囲の人から求められることに対応出来るようになりたいという想いが日に日に大きくなりました。
お互いがリスペクトし合う社風や雰囲気、自分のやりたいことと会社の目指しているものがマッチしていたという部分が決め手です!



ーー確かにレバレッジの熱量はかなり高いと思います!
  インターン生から正社員になって気持ちの変化などはありますか?

はい!
やはり正社員という部分で責任の重さを感じます。
それと同時に、インターン生の頃は出来なかった正社員ならではの仕事もあるので、それが出来るようになったというのはとても嬉しいです。
挑戦出来る範囲が広がることでワクワクしている部分もありますね!


ーーさらなる活躍が楽しみです!
  今後の展望はありますでしょうか?

今担当させていただいている「トレーナーエージェンシー」の営業では、もっとお客様に寄り添ったトークや提案が出来るようになりたいです。
長期的な目標としては、マネジメントや新規事業に携わることを目指したいと思います。
常に高い熱量で打ち込めるものと刺激が欲しいので、自分よりも優秀な人がたくさんいる今の環境でもっと成長したいですね!

ーー高い熱量と目標を持ち続けてくださいね!!
  引き続きよろしくお願いいたします。
  ありがとうございました!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

※トレーナーエージェンシーとは
未経験者のスクール選びから就職支援、経営支援まで総合的に支援するサイト
https://www.trainer.agency/

株式会社レバレッジでは一緒に働く仲間を募集しています
16 いいね!
16 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング