馴染めない大企業、夫の看病体験、「パパ」になる決意。とにかく必死に駆け抜けた20代の先に見つけた、「自分らしさ」と「働く意義」

大企業に「馴染めない」!?毎日を楽しく忙しくしたかった20代

私の社会人生活は、「馴染めない会社」からのスタートでした。誰もが認める大手企業なのに、内定者懇親会で既に感じてしまった違和感は、入社してから拭われるどころか、どんどん膨らんでいく一方でした。 昔からブランド志向とは無縁だった私。最初は社長の姿が見える企業で働きたいと、中小企業を中心に就職活動をしていました。そんな私が結果的に大手企業を選んだ背景には、母の存在がありました。

小さな頃から、私にとって母は絶対的な存在であり、最も“認められたい人”でした。「いい会社に就職して、いい人と出会って結婚するのが女の幸せ」という価値観を持つ母は、名の無い企業からの内定通知書を見てもあまりいい顔はしませんでした。それならばと一念発起して就職活動を再開し、母が一番喜んでくれた企業に入社したというのが、私の就職活動の結末でした。

もちろん、そんな「自分らしくいられない社会人生活」は長くは続けられませんでした。自分がいる意味を感じたい。一度でいいから、「仕事が忙しいから遊べない」と悩んでみたい。それがそのまま私の転職動機になりました。転職先に選んだのは当時社員数16名の創業10年にも満たないベンチャー企業。この転職が私の人生の大きな転機となりました。年収は前職の3分の2に下がり、残業時間は倍以上になりました。それでも、毎日が忙しくて、楽しくて、生きている実感がありました。「汗水垂らして稼ぐ」ことを体感できる毎日は、私にとって非常にありがたくもありました。

思い描いていた未来が一気に崩れた、2度目の転機

四季報を見ながら営業を掛けたり、営業先拡大のためのツールを作ったりして悪戦苦闘する毎日を過ごし、社員数が30名を超えた頃、私に2度目の転機が訪れます。結婚生活半年にして夫が過労で倒れたのです。当時私は26歳でした。ある程度仕事をやり切ったら家庭に入るという計画が一気に崩れ、「家庭を支えるために、働き続けなければ」という使命感に変わりました。ある程度の豊かさは確保したいけれど、働き過ぎてボロボロの女性にはなりたくないと考えた私は「自身の単価を上げる方法」を考え、必死に未来設計をしました。

今思えば自分でもスゴイと思うのですが、この時の私の未来設計にはネガティブな要素が一切なく、とにかくキラキラと輝く未来に向けて、「自分はどうなりたいのか、何がしたいのか」を突き詰めた夢が詰まっていました。そこから、私の働き方、考え方、生き方が大きく変わった気がします。一気に「大人」になりました。

以来、「社会に認められる人材になるためにすべきことは何か」を常に考え、自己啓発本もガンガン読みました。その成果か、看病を続けながら働く私に「新卒採用担当をやってみないか」と社長が声を掛けてくれたのです。もともと教育や研修事業に興味があり、人に何かを教えたり伝えたりすることが好きだったので、これはキャリアを広げるチャンスだと思いました。でも着手してみてすぐに、課題が明らかになりました。新卒時の自分のように会社にマッチしない不幸な人材を生み出してはならない。採用をするということは、その人の人生を背負うということ。その責任を果たせる企業であることが、大前提必要なのではないかと。当時の会社は、事業は前進しているものの、社員の過労環境が顕著で、整備も管理も行き届いておらず、新卒を受け入れる土台も、社員の心の余裕も、全くあるようには思えませんでした。このままでは、いくら採用してもすぐに辞めてしまう。これがその時に感じた危機感でした。

会社の課題、個々人の課題に丁寧にひとつひとつ向き合った人事時代

中途半端に出来る仕事ではないと感じた私は、「採用担当兼任」から「人事部立上げ」にミッション拡大を提案し、思い切って、看病をメインにするスタンスから、仕事をメインにして夫を気遣うスタンスに変えることにしました。「事業に共感する誰もが、ワクワクして働ける会社にしたい」これがその当時の私のモチベーションでした。

社員一人一人と面談を重ね、不満や不安を聞き出し、役員に会社の目指すべき方向を言語化してもらい、会社と個々人の課題にひとつひとつ向き合ううちに、少しずつ少しずつ、就業規則や制度が整い、ビジョンやクレドが言語化され、それに則した評価制度が形になっていきました。社員の安心や期待の声が私のやりがいであり、採用活動を通して会社のファンが増えてくれることが私の生きがいになりました。

そんな活動を通して、次第に私の“働くことの意義”が、「働くことにワクワクできる世の中づくりに貢献する」というものに固まっていきました。積極的に就活セミナーを開き、採用選考の不合格通知にも必ず理由と次に繋げるための応援メッセージを加えて送付するようにし、どうしても納得がいかないという学生に対しては個別面談も行うという徹底ぶりでした。

母親業との両立に苦しんで出した「パパ」になる決意

そんな風に、私は仕事人生を全うするんだろうなと思っていましたが、看病が落ち着いたころ、なんと私にも子供ができたのです。母親になることは、私の一つの夢でもありました。しかし、「働きマン」になり過ぎていた私は、出産後に母親業と仕事との両立に苦しむことになりました。なぜかというと、やはり私が目指す母親像は、自分自身の「母」だったからです。家のことは出来るだけやりたかったし、子供の側にもいてあげたかった。家族が安心できる家庭を築くのがお母さんの仕事だと思っていました。でもその時は、夫の病状的にも、会社の環境的にも、仕事の割合を減らすことができず、どちらも100%というのは実現不可能な実態でした。考え抜いたあげく、私は「母」になるのを諦めて、「パパ」になる決意をしました。週に2~3回は時短勤務にして、それ以外は終電まで働くこともありました。帰ってきて子供と夫の寝顔を見る。そんなことが日常でした。

しかし息子が2歳になった頃、どうしても自分の中のバランスが崩れてきて、「ちゃんとしたお母さん」になりたいという自分の欲求の強さに気がつきました。このままではいつかきっと後悔すると感じ、自分の人生を自分らしく生きるために、転職活動に踏み切りました。「働くことにワクワクできる世の中づくりに貢献する」×「子供と一緒にいる時間を増やす」をテーマに活動した結果、縁あってLiBに出会いました。「生きるをもっとポジティブに」というLiBのビジョンに、「これだ!」と感じた時のワクワクは、今でもはっきり覚えています。

働くことにワクワクして欲しいという願い

今は転職支援を行うLiBz PARTNERSで、キャリアパートナーとして働いています。自分のこれまでの経験から、「自分らしく生きてほしい」、「働くことにワクワクしてほしい」という願いを込めて、自己分析に重きを置いたキャリアカウンセリングを心掛け、日々実践しています。最初は成果を出すことにコミットし過ぎて自分の中の「働きマン」が蘇ってしまい、上手くバランスをとれずに苦しみましたが、少しずつ「マイペースに働きながら、息子と一緒の時間を楽しみ、成果を上げる」ということができるようになってきた気がします。おかげで、大分母親らしくなってきました。

この仕事の面白さは、「正解がないところ」かもしれません。お客様は一人一人価値観も、歩んできた道も、これから目指す道も違うし、そのお客様から何を引き出し、何にフォーカスし、どの企業と繋げるかは、パートナー一人一人に委ねられます。私自身は「転職支援」を目的にはしておらず、あくまでも、入社した後の活躍(ワクワク)に視点を合わせてリードするようにしています。それこそが、お客様が求めるゴールだと思うからです。

ただ、私の立場で入社後の責任を負うのは実際には難しいことです。だからこそ、「転職を正解にするのはあなた自身なんですよ」ということをお客様にしっかりと伝え、自走力を鍛えられるパートナーでありたいと思っています。

リブについて

とにかくスゴイと思うのはママさんが多いこと。そして、ママさん以外の社員一人一人が、驚くほど子育てと仕事の両立を受け入れ、応援してくれること。タスクが多すぎて、夜間の仕事に埋もれ、家庭とのバランスが保てないという悲鳴をあげた時、社長が私に言ってくれたのが、「寝かしつけ以降の仕事を全部捨てて!」でした。そして、「成果を上げることより、長く働けるペースを作ることを最重要項目にして欲しい」と言われました。これを聞いた時には「なんてこった!」と思いました(笑)。でも、これが新たな成長のきっかけになりました。16:30までの就業時間と19:30~20:30の自宅での仕事時間で全ての仕事を片付けるにはどうしたらいいか、生産性アップと効率化を意識するようになったことが、私の仕事の質を上げてくれたし、何より家庭の幸せな時間を生み出してくれました。

“誰かの一歩”のために、これからも価値を提供し続けたい

こうして、いつも試行錯誤しながら懸命にもがいている私ですが、ゆくゆくは学生へのキャリア教育、女性に特化したライフキャリア支援に関わっていきたいと思っています。日本の就職活動はやはりどこか間違っている気がしていて、それを変えるために、中・高生や大学生の意識改革が必要だと思っています。また、世の中の頑張る女性たちに、私の経験から得た気付きの中から何か一つでも学んでもらって、それを生きる勇気や安心に変えてもらいたいとも思います。「誰かが一歩前に進むためのきっかけづくり」をし続けたい。というのが、私の働く幸せなんじゃないかと思う今日この頃です。

株式会社リブ's job postings
Anonymous
Picture?height=40&width=40
Aa3649fe 5b69 4b19 98d0 4f984f4ffa5b?1532074968
381547 153459191426524 38612439 n
Picture?height=40&width=40
Picture?1523046965
14 Likes
Anonymous
Picture?height=40&width=40
Aa3649fe 5b69 4b19 98d0 4f984f4ffa5b?1532074968
381547 153459191426524 38612439 n
Picture?height=40&width=40
Picture?1523046965
14 Likes

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon