【Interview 001】5年目の今こそ聞きたい!LiB代表・松本が語る創業ストーリー

こんにちは!広報・PRの冨松愛子です。

株式会社LiBは、2014年4月1日に創業、ただいま5年目に突入しています。今回はあらためて、みなさまに創業期のことを知っていただきたく、会社設立のきっかけや思いについて、弊社代表・松本にインタビューを行いました!

入社してまだ3か月の私だからこそ聞ける、初歩的な疑問にも答えてもらいました。

----------------------------------------

松本洋介・プロフィール

明治大学卒業後、2003年に株式会社リクルート入社。全国営業MVPとして受賞歴多数。新規事業開発に携わった後、2007年4月トレンダーズ株式会社にCOOとして入社。2010年6月より取締役就任。2012年10月営業取締役としてミッションであった東証マザーズへの上場を実現。入社当時2億強だった売上を約20億まで牽引。2014年4月1日株式会社LiB創業、代表取締役就任。

----------------------------------------

大学生の時に、はじめての起業を経験
―社会人になるまでのバックストーリーについてお聞かせください!

埼玉県幸手市という田舎町で、商売を営んでいる家庭に育ちました。「業績がダイレクトに自分自身に跳ね返る」光景を間近で見ていたせいか、幼い頃から「自立と自由」への憧れが強くありました。

「自立するためには、自分で費用を貯めて、東京の大学に進学せねば」と、高校時代からせっせとアルバイトに励んでいましたね。

大学在学中は、はじめての起業も経験しました。

―えっ?LiB設立以前に起業していたんですか?

そうなんです。大学生になってからも、自分の生活費を工面すべく、バイト三昧の日々を過ごしていたのですが、ある日、「雇われる立場では、本当の自由は得られない」ということにふと気づいて。それからまもなくデーターベースマーケティングの会社を立ち上げました。しかし、事業展開をしていく中で、徐々に「社会を変えたい」「よい会社ってどういう場所なんだろう」という気持ちが次第に強くなっていったんですよね。所詮、学生がやっている事業なので、単なる金儲けの手段にしかならなかった。だから新卒時は、企業の仕組みを学ぶため、リクルートに入社しました。

働きやすいだけにとらわれない、本当に女性が“活躍できる”社会とは?
―リクルート勤務後、トレンダーズを経て、LiBを設立したきっかけは何だったんでしょう?

一言で言うと、「企業で活躍する女性を増やし、女性が活躍する社会を創りたい」、そう思ったからです。

少子高齢化で労働人口が激減すると予測される中、女性の労働率をアップさせていくことは国を挙げての課題。一方で、結婚・妊娠・出産などのライフイベントによって「実力があっても活躍できない」と悩む女性たちが大勢います。

その矛盾を何らかの形で解消したいと思い、「日本初のキャリア女性向け転職支援サービス」を立ち上げたんです。

-女性のキャリア支援をしているLiBと、通常の転職支援会社との一番の違いはどこにあるのでしょうか

男性と比較して、女性が職場で活躍し続けるのが難しい理由は、ずばり、出産と育児による「時間」と「場所」の制約ができてしまうからです。

LiBは、女性たちの悩みと対峙すると同時に、企業が女性を雇用する際の課題とも向き合った上で、女性が活躍できるような商品・サービスを提供しています。

-商品・サービス以外にも2016年より日本最大規模の女性アワード「Forbes JAPAN JAPAN WOMEN AWARD」を協賛していますよね。

「真に活躍する女性と、女性が活躍する企業に光を当てる」というテーマを掲げているのが、このイベントの大きな特徴です。

これまで実施されてきた国内の女性アワードは、すべてが「働きやすさ」にフォーカスしたものばかりでした。しかし、真の意味で「社会での活躍において性差のない世界」を実現するために必要なことは「企業の利益創出、事業成長において女性たちが“戦力”として貢献できるか?」、これに尽きると思っています。

自らの手で、理想とする場を創ろう!―何よりも挑戦が大事
-今後、将来的に目指していきたいことは何ですか?

現在LiBは「女性のキャリア支援」を中心に事業を行っていますが、将来的には、これから来る介護社会に向けて「老若男女が分け隔てなく、いつまでも活躍し続ける社会へと変革したい」と考えています。

その実現に向け、僕が一番大切だと思っているのは「働き方のフォーマット(形式)」を増やすことです。

リモート・時短・副業・・・

多種多様な働き方のフォーマットを用意しなければ、多種多様な人に参加してもらう社会の実現は不可能です。実際、LiBメンバーは出産、育児、起業などをしていても、その人その人に合ったさまざまな働き方をしながら活躍してもらっていますよね。

-一児の母である私も、時短やリモートワークができる『ファミリーシップオプション』を活用してます!
では、最後に。創業5年目を迎えて、あらためて、社長の仕事ってどんなことだと思いますか?

僕は、5つあると考えています。
①事業と会社の未来を描く「構想力」
②構想を実現できる可能性を持った人物を集める「仲間集め」
③集まった仲間が最大限パフォーマンスする「チームと文化創り」
④チームが事業を加速させていくために必要な「資金集め」
⑤お金・仲間・仕事が集まるための「話題集め(=信頼獲得)」
※詳しくは、LiBを創業して学んだ「社長の仕事(仮)」をご参考ください。

LiBを創業して学んだ「社長の仕事(仮)」 - LiB-log
先日、12月22日に 創業前の第0回、去年創業期の第1回に続き、 第2回目のLiB忘年会を開催しました。 どうせ一度きりの人生なのだから 「仕事」も「遊び」も記憶に残るクオリティで、 と考えているLiBらしく 数ヶ月前から念入りに準備して 創業したばかりの会社とは思えないぐらいの気合いの入りようで 忘年会を開催しました。 船を借り、全員が正装し、マスクを被り、 当日は男性が女性をエスコートし、 船上ではバディとして連帯行動し、 すべての企画、クイズ、出し物にもバディと参加し、 相互理解を深める。 兎にも角
http://yosuke-lib.hatenablog.com/entry/2015/12/26/132506

ほっておいてもよい組織は生まれないんです。優秀な人を引き寄せる文化も、雰囲気も、
集まった人の能力が120%発揮されるチームも、心血を注いで育てて行く必要があります。
僕を含めた社員・役員の一人ひとりが「自らの手で、理想とする場を創ろう!」と
挑戦することが、何より大事であり、最も楽しいことだと思っています。

----------------------------------------

いかがでしたか?
松本の熱弁には、いつも心が揺さぶられ、「がんばろう」という気持ちが湧いてきます。

LiBでは松本と一緒に事業の未来を作ってくれるメンバーを募集しています。
ご興味ある方はぜひ求人票をチェックしてみてくださいね。お待ちしております!

株式会社リブ's job postings
Anonymous
6f1868a4 ec28 4396 9dee 1ffe1a3c58da?1542507779
40de66b3 e41f 44e6 a365 f92d8edf8cc4?1513748875
B866f650 f740 4356 b7e3 f8897a8b9f74?1548999776
Picture?height=40&width=40
1517629 903486633105534 6009590664607709018 n
16 Likes
Anonymous
6f1868a4 ec28 4396 9dee 1ffe1a3c58da?1542507779
40de66b3 e41f 44e6 a365 f92d8edf8cc4?1513748875
B866f650 f740 4356 b7e3 f8897a8b9f74?1548999776
Picture?height=40&width=40
1517629 903486633105534 6009590664607709018 n
16 Likes

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon