【新社長インタビュー】会社を愛し、社員を愛し、顧客を愛す。弊社に関わる全ての人達の幸福を追求する事が私の使命だと思っています

みなさんこんにちは!

連日猛暑が続いておりますが、いかがお過ごしですか?

ニュースでは熱中症の話題が絶えない毎日です。屋内でも熱中症の危険はありますので、お体にはくれぐれもご注意下さい。

突然ではございますが、株式会社Libeiroは2019年7月1日付で佐々木雄亮が代表取締役に就任致しました!

弱冠24歳で地元・名古屋を離れLibeiroの代表取締役となった佐々木社長。今回は社長就任のキッカケから今後の展望など、様々な質問をぶつけてみたいと思います。


―月並みですが、まずは社長になった経緯をお聞かせ下さい。

私は地元の名古屋で会社を2社経営しておりまして、一つ目はAmazon・楽天・ヤフーなどのECモールでYシャツとオーダースーツの販売をしており、もう一つは不動産会社を経営しておりました。

19歳から会社を始めて5年目に差し掛かっ頃に年商が伸び悩み…2000万円から3憶円まで伸ばす事ができたのですが、そこからの推移として、どう頑張っても10憶いけるかいけないかだと思ってた時、“ある方”に売上の伸ばし方を教えて頂きたいと思った事がキッカケでした。その後、行きがかり上でLibeiroの社長を引き継がないかと言うお話を頂き、代表就任に至ったのが経緯です。

私の思いと致しましては、自分の会社の年商と比較して10倍以上の会社の代表になれた事は、今後の人生においても勉強になる事が多いと思っております。


―既に社長業をされていたのですね。では、ビジネスを始める際の見極めポイントを教えて頂けますでしょうか。

日本~世界中でどれぐらいのニーズがあるかと言う事を把握した上で、商品開発から励み、どうセールスするか、また、どうしたらお客様に永く愛用して頂けるかと言うところに重点を置いております。また、弊社は健康食品と化粧品を扱っているので、お客様のお悩み解決に励むと言う点もポイントだと思っています。


―エンドユーザー・ファーストという事ですね。会社経営をする中で特に意識しているところはありますか?

弊社の経営理念は「会社を愛し、社員を愛し、顧客を愛し、弊社に係る全ての人達の幸福を追求する事」です。これは私のモットーとさせて頂いているもので、Libeiroで働いてる人達も共に会社を愛し商品を愛し、お客様にも愛して頂けるような会社作りが最も重要だと思っております。


―まだ就任して間もないですが、社員とのコミュニケーションで気を付けている事は何でしょうか?

働きやすい環境は人それぞれだと思っています。そこに対してはやはり皆様からヒアリングをしますが、全員の希望全てに応える事は正直難しい事だと思ってるので、その辺りの折り合いに気を付けながら社員と接しております。


―なるほど。Libeiroの社長に就任し、苦労している事はありますか?

地元で経営していた会社とのスタイルの違いですね。Libeiroはベンチャー企業なのでとても苦労しております(笑)売上の伸び率が昨対の5倍から10倍になるという部分でスピード感を非常に重視してるので…社員がついてくるのに必死だと思いますが、それ以上に私自身、売上を上げていく事や社内体制を改善していくのに苦労しております。


―同じ経営でも業態が違う事で違った苦労があるのですね。これまでは仕事の話でしたが、趣味など、社外での活動で注力していることはありますか?

あまり休まないのですが、強いて言えば19歳の頃から毎年1回海外旅行に必ず行っていますね。


―なぜ毎年必ず海外に行かれてるのですか?

海外に行くと新しいアイデアが生まれるんです。それに、普段生活している上で、日本では当たり前の事も海外では当たり前ではない事など、文化や習慣の違いの発見ができ面白いからです。


─ちなみに、今までで一番影響受けた国はどこですか?

やはり今年行ったバングラデシュが一番衝撃的でした。バングラデシュは親日国で日本のビジネスの模倣をしており、現在は日本の40年前ぐらいの感覚らしいんですよ。これから高度経済成長に入るという事も加味して「40年前の日本ってこんなだったんだ」とか「バブルってこういうふうに起きるんだ」など、自分が生まれる前の日本と重ね合わせ、それをリアルタイムに見る事ができるというのがとても面白いですね。


―バングラデシュは2019年にGDP成長率7.6%を達成し、発展目覚ましい国として注目を浴びていますよね。

そうですね。平均年齢も28歳ととても若く、今後が楽しみな国だと思います。


―個人として大切にしている考え方はありますか?

二つあって、一つは「常に感謝の気持ちを忘れない」という事。もう一つは「常に謙虚である」という事です。

これは尊敬する社長の教えなのですが、どれだけ会社が大きくなっても居丈高に振る舞わず、その環境自体に感謝すべきですし、社長と言えど結局は自分が凄い訳ではなく、従業員あっての会社ですので、誰に対しても謙虚でいたいと心がけています。


―なるほど、周りに対するリスペクトを忘れないという事ですね。

そうですね。社長として立場を張らないといけない時もありますが、社長だから、社員だからではなく、人対人で常に考えるようにしています。


―そんな佐々木社長がLibeiroで一緒に働きたいと思えるメンバーはどんな人ですか?

Libeiro自体、自分で考え能動的に動ける人がとても多いので。自分の考え方をしっかり持っており、且つ情熱があり、協調性がある人であれば誰でもLibeiroに馴染めるかなと思います。チャレンジ精神旺盛な方にはどんどん来て頂きたいですね。


―今後の展望や目標をお聞かせ下さい。

直近ではまずエゴイプセブランドを日本~世界中に広めていきたい。健康食品に関しては、永く愛用して頂ける商品を作っていきたいですね。中期計画では3年後に年商100憶を達成させたいと思っています。


―それでは最後にみなさんに一言お願い致します。

これからLibeiroは日本を代表する会社になっていきますので、是非よろしくお願い致します。


プロフィール

佐々木 雄亮(ささき ゆうすけ)、2012年中京大中京高校卒業後、株式会社モリタに就職。その後、株式会社BLOOMにて自営業スタート。2019年7月に株式会社Libeiro代表取締役に就任。

好きな言葉は「苦労してはじめて美しい花が咲く」、趣味はスノーボード・海外旅行。

24歳、愛知県名古屋市出身。

株式会社libeiro's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings