linix行動指針の1つ【転ぶなら前に転べ】について

前回もお伝えした通り、linixでは強い企業文化を大切にしています。




今回は、5つあるlinix行動指針のうち

==========
【転ぶなら前に転べ】

ときには転ぶこともある。

ただ前に転んで立ち上がれば、それは前進である。
==========

について、詳しくお伝えしていきたいと思います。

”挑戦”があるから、”転ぶ”こともある

linixは、創業1年に満たないスタートアップ企業です。

日々、新たな課題が止め処なく現れます。
その課題と向き合い、挑戦し、前に進もうと”もがいて”います。

”もがいている”と表現したのは、「上手くいくこと」「上手くいかないこと」の
割合で言うと「上手くいかないこと」が、圧倒的に多いからです。

つまり、失敗することが多い。

ただし、これは”挑戦したからこそ”の結果です。

挑戦をしたからこそ、その結果として転ぶことがあり、行動せず止まっていたら、もちろん躓くこともなく、転びません。

その中でlinixは、挑戦することを止めないっていう意味も含まれています。

現在は、創業1年に満たないスタートアップ企業という状況もあり、課題との出会いが多いですが、それが理由でこの行動指針を決めたわけではありません。

これからも常に変化を受け入れ、挑戦を続けていくという確固たる決意です。

目的に向かって、前進することへの執着心

挑戦を続けていきますが、ただ単に挑戦をしよう!っていうことではありません。

なぜ挑戦を続けるのか?

それはlinixの会社名、企業理念、ビジョン、ミッションを体現、実現していくためです。
※詳しくはlinixのHPを御覧ください。

そのために私たちは前進していきます。

だから、たとえ挑戦して、転んだとしても、前に転ぶ。

これは「目的に向かって、前進することへの執着心」です。

単なる失敗を積み重ねるのではなく、成長して行くための執着心を持って、失敗から学びを吸い付くし、次の1歩に繋げる。

そうやって、泥臭く前進していきます。

まとめ

今回の行動指針【転ぶなら前に転べ】というのは、

挑戦し、失敗した(転んだ)としても、その失敗を活かして、少しずつでも前進していこう

というメッセージです。

このメッセージの中には、さらに2つのメッセージが含まれています。

①挑戦(目標達成のため)を止めないこと
②失敗したとしても、それを次のステップの糧にすること(執着心)

です。

どんどん挑戦して、転んだとしても、執着心を持って、前進していきます。

以上、【転ぶなら前に転べ】についてでした。

==========
【転ぶなら前に転べ】

ときには転ぶこともある。

ただ前に転んで立ち上がれば、それは前進である。
==========

株式会社linix's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings