linix行動指針の1つ【市場へのインパクト追求】について

今回もlinixで大切にしている行動指針について、書いていこうと思います。


今回は、5つあるlinix行動指針のうち

==========
【市場へのインパクト追求】

市場へのインパクトがなければ意味がない。

linixという組織だからこそ残せるインパクトを追求する。

これは権利ではない。義務である。
==========

について、詳しくお伝えしていきたいと思います。

「インパクト」とは?

「インパクト」という単語を辞書で引くと、

1 物理的、あるいは心理的な衝撃。また、その影響や印象。

と出てきます。

物理的な影響度で言うと、わかりやすく「売上」が指標になると思います。

しかし、ここで「売上」という言葉ではなく、「インパクト」という言葉を使ったのには理由があります。

もちろん「売上」は重要な指標です。

ただ、数値なので定量的で、わかりやすい指標である反面、「売上」の”中身”に当たる満足度みたいな定性的な「価値」から離れた議論になりやすく、表面的になりやすいと考えています。

だから、表面上の「売上」だけを求めるのではなく、「価値」を提供することで、”よかった” ”ありがとう”という気持ちを含む対価を追求するという意味で「インパクト」という言葉を使っています。

つまり、「物理的(売上)、”かつ”心理的(満足度)な衝撃、影響」という意味の「インパクト」を追求していく。

これがlinixとして定義している「インパクト」です。

なぜ「インパクト」を追求していくのか?

理由は単純です。

「linix」という会社を設立した瞬間、法人格として、市場に存在しているからです。

成し遂げたいことがあるからこそ、会社を立ち上げています。
法人として、組織として、市場に存在しています。

そして、linixという会社名の由来は、

「”限界”という意味の”limit”」と「”皆無”という意味の”nix”」を足して「”限界なんて皆無である”」

という意味を込めてあります。

独自の法人格を持ち、市場に存在している限り、linixという組織だからこそ残せるインパクトを追求することは、義務だと考えています。

だからこそ、「インパクト」を追求していくと決めました。

最後に

【市場へのインパクト追求】は、シンプルな行動指針だと思いますが、”市場”という対外的なところに目を向け、「物理的(売上)、”かつ”心理的(満足度)な衝撃、影響」としての”インパクト”を追求していくというlinixとして核となる行動指針です。

市場に対し、linixとしてだからこそ提供できる価値に拘っていきます。

以上、【市場へのインパクト追求】についてでした。

==========
【市場へのインパクト追求】

市場へのインパクトがなければ意味がない。

linixという組織だからこそ残せるインパクトを追求する。

これは権利ではない。義務である。
==========





株式会社linix's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings