1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

コロナ禍でオフィス移転を決めたその理由

株式会社リプロネクストは、2020年11月に新潟オフィスを移転しました。その模様をリアルにお伝えしていきたいと思います!

弊社代表・藤田とセールスディレクター・河合の会話形式でお届けしますね!それでは、どうぞ!!

2年前からオフィス移転を考えていた!?

かわい:いつからオフィス移転を考えていたんですか?

藤田:結論から言うと、実は2年前くらい。創業当初、にいがた産業創造機構(NICO)さんの「創業準備オフィス」を利用していたのは知ってるよね?
■公益財団法人にいがた産業創造機構 HP「創業準備オフィス」はこちら

▼創業時は藤田一人で、創業準備室の一角をレンタルしていました。

かわい:はい!朱鷺メッセの、確か11階でしたよね。かなり眺めの良いところ!

藤田:そう!そこから以前の事務所に一人で引っ越してきて「会社を大きくして、人を採用して、ここからまた2年後に移転する」って決めたんだよね。まあ、新型コロナの影響とかもあって、結局1か月ずれちゃったけど。

かわい:以前のオフィスに引っ越したときからもう決めていたんですね!

▼以前のオフィスはこんな感じです!

藤田:まあでも、こんな風に人が増えているなんて想像もできなかったな。NICOさんのオフィスの時はネット回線の料金込みで5千円くらいだったけど、以前の事務所に移転したら家賃や光熱費などの費用がそれまでの16倍くらい。今回も以前のオフィスの4倍くらいの広さだから家賃もかなり上がった。なかなかやばい!笑

▼現在のオフィスがこちら!



かわい:みんなで頑張りましょう!! ちなみに次はどのくらいで引っ越すとかってもう決めてたりするんですか?

藤田:次は何となく3年かな。3年ってことは、いまは想像できないけれど、毎年5~6人は増えないとこの事務所が手狭にならないな~。

かわい:3年!毎年5~6人! いいですね!! なんだかわくわくします!

人を増やしていく

かわい:藤田さんの中でオフィス移転は会社の規模を拡大していくということとかなり繋がりがあると感じました。ただ、コロナ禍でオフィスに依存しない様々な働き方が浸透しつつある中で、広いオフィスを構えるというのはどんな意図があるんですか?

藤田:ん~。人を増やしていくっていう意識をみんなにも持ってもらいたいんだよね。今のオフィスの広さは前の4倍…、その環境でいまの人数はヤバいよね笑
なんとなくでも、これから人が増えていくっていうことを感じ取ってもらえるといいなって思ってる。

かわい:なるほど!

藤田:そして、今いるみんなが、これから教える立場になるっていうことも同時に意識してもらえるといいな。

かわい:ちなみに、そういう意図を踏まえて、今のオフィスはどんな条件で物件を探していたんですか?

藤田:やっぱりちょっと大きいところだね。中途半端に狭いと、会社を大きくしていく上でブレーキになってしまうから。
あとは、西区ってこと。今いるみんなが西区に住んでいるというのもあるし、将来的に大学生のインターンもたくさん来てほしいと思っているから新潟大学の近くが良いな~って。

コミュニケーションが生まれる場に

かわい:リモートワークが進んでいる中で、リアルなオフィスにどんな価値を見出していますか?

藤田:難しい質問だね(笑)ん~、ただ仕事をするだけの場だったら、オフィスはいらないという選択をすると思う。

かわい:仕事以外の部分でもオフィスに価値を感じているんですね!



藤田:そうだね。社内の人だけではなくて、社外の人にも遊びに来てもらって、コミュニケーションが生まれるような場にしていきたいなって思っているんだ。オンラインに移行している今だからこそ、オフラインでちょっとした交流ができるスペースもつくっていきたいね。

かわい:そうですね!いろいろな人に遊びに来てもらえるようなオフィスにできたらいいな。

藤田:あと、経営的な視点で話すと、この移転はある種、”広告費”として捉えてる。東京なら大規模な投資をして、かっこいいオフィスで仕事をっていうところは結構あるけど、新潟にはあまりないよね。
うちも、めちゃくちゃこだわれるかと言ったら予算面でなかなか厳しいところもあるけど、少しずつ、みんなが集まってくれるおしゃれなオフィスにできたらいいな~。

かわい:採用やインターン募集のお話もありましたが、興味を持ってもらうきっかけにもなりそうですね!

藤田:そうだね。オフィスがきっかけでもたくさんの人に興味を持ってもらえたらすごく有難いな。イベントや交流会なんかもしたい!

かわい:金曜日に飲み会やりましょう。「スナックふじ田」と「河合食堂」開店ですね(笑)

■関連記事:オンラインスナック・ふじ田 開店初日レポ

■関連記事:誰でも参加OK!合同忘年会!(河合食堂)

キャンプっぽい雰囲気に

かわい:ちなみに藤田さん的には今後オフィスをどんな雰囲気にしたいな~っていうのはありますか?

藤田:正直そんなにこだわりがないんだよね笑
だからできるだけみんなの意見を反映させたいな~。でも一つ考えているのは「キャンプ」っぽい雰囲気。社外の人にとって、ただフリースペースを使うのではなくて、「リプロネクストのオフィス」に来る理由があるって感じかな。

かわい:キャンプっぽい感じ、めちゃいいですね!

藤田:転職を考えている人や、社外でお世話になってる人、取引先の人とかが興味を持ってきてくれたら嬉しいな~。
アウトドア用品とか置いて、気軽な勉強会とかもしてみたい!

かわい:フリーランスの方とかも、この空間で仕事をしたいって思ってもらって使ってもらえたらいいですね。

藤田:うんうん。リモートやフリーランスで家にいるからこそ外に出たいって人もこれから増えてくるだろうし、週1回気分を変えるために来たいですっていうのも歓迎できる雰囲気にしていきたいね!

まだまだ進化中のリプロネクスト新潟オフィス!

今回は2020年末のオフィス移転についてご紹介させていただきました。
2021年1月にカウンタースペースが誕生したり、オフィスはまだまだ進化の途中です!

一緒に空間作りも楽しんでもらえたら嬉しいです。

株式会社リプロネクストでは一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう