1
/
5

Wantedlyは、260万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

◆飲食業界の「あたりまえをハックする。」 飲食業界の歴史は長く、私たちの生活になくてはならない産業のひとつです。人が「集う場」を演出する飲食店は、家族や友人、職場の仲間などがコミュニケーションをより深めることのできる貴重な体験を提供し続けてきました。 しかし、歴史のある業界だからこそ、長い間「あたりまえ」のこととして受け継がれ、誰もそこに問題があることにすら気付かず、放置されてきたことが沢山残っていることも事実です。 私たちは様々なプロダクトを通して、そういった飲食業界の「あたりまえをハックする」ことで社会に少しだけでも良い影響を与えたいと考えています。 ◆私たちが提供するプロダクト「ストアーズスコア」「フードデリバリーマネージャー」  ▼飲食店のリピート率を向上させるSaaS「ストアーズスコア」の開発/運営 ストアーズスコアは、飲食店の常連客を増やすデータ分析改善サービスです。国内でも珍しい飲食店改善クラウドになります。データ分析にはNPS®を活用しており、顧客ロイヤリティ分析が飲食店でも実施可能にしております。※NPS®(ネットプロモータースコア)とは顧客ロイヤリティを計測するための数値です。 スタバ、マクドナルド、ケンタッキーなどの大手外食チェーンが店舗改善指標として活用しており、Lisa TechnologiesはNPS®を開発した世界有数のコンサルティング会社ベイン&カンパニーNPS®ライセンス認定パートナーです。 ストアーズスコアの機能としては、 (1)ABC分析ではわからない商品ごとのお客様の満足度がわかる 居酒屋であれば誰も注文する「枝豆」。出数は多いですが、果たしてお客様の満足度はどうでしょうか。出数ではない本当の満足度を測ることができます。 (2)今まで飲食店では困難だったお客様の属性分析が可能 「食べログ」「ホットペッパー」などの集客媒体、友人・知人の紹介、GoogleMapなど、お客様の来店経路を正確に把握することで、集客効率を最大化させることが可能です。ま た男女別や年代別、来店回数別にお客様の満足度を把握することができます。 (3)改善活動の効果測定が最速で実施従来はお店が改善活動を行っても、その効果は数か月後の売上で確認するしかありませんでした。ストアーズスコアを使えば、新しい商品を販売しはじめた日、店舗オペレーションを 変えた日からすぐにお客様からの評価 がどのように変化したのかを確認することができます。  ▼フードデリバリーを最適化するSaaSプロダクト「フードデリバリーマネージャー」を新たに立ち上げ、飲食店経営の新しい形を創っていきます。 弊社のもうひとつのプロダクトがフードデリバリーマネージャー(FDM)です。 ここ数年でUberEatsや出前館を使って、お店の料理 を自宅 で食べるということが当たり前になってきました。今回のコロナウィルスの影響でさらに急激に加速したといえるでしょう。 UberEatsや出前館だけでなく、最近ではmenu/ファインダイン/タイミーデリバリー/楽天デリバリーなど数多くのプラットフォームがあります。 飲食店を経営しながら最適なプラットフォームを選ぶことだけでも難しく、更に売上を最大化させる為のPDCAを回すことは困難です。 そこで私たちはフードデリバリープラットフォーム各社のサービスを横断的にデータ分析し、地域ごとのブランド戦略、商品戦略、価格戦略、マーケティング戦略を飲食店に代わって立案するサービスを提供しています。 飲食店経営においてデリバリーで収益 を上げられるようになった事は革命的なことです。お店を経営していく上で従来考えられていた、席数や坪単価という概念が変わってきています。ゴーストレストランと言われる、キッチンのみで飲食店を経営する事例も出てきました。FDMでは、飲食店経営者がこの大きな波にしっかり乗れるように飲食店をサポートしていきます。

なぜやるのか

プロダクトの名前を「Ubitous」から、「ストアーズスコア」へリニューアルしました!
飲食店の新たな経営スタイルであるデリバリーを加速させる「FDMサービスサイト」オープンしました!
◆ストアーズスコア 「ストアーズスコア」は今まで正確に把握することのできなかった、飲食店のお客様の感情データを可視化することが可能です。 このデータを活用してできることは、単にお店の売上を上げることだけではありません。飲食店は今まで唯一 の経営指標であった売上だけではなく、顧客ロイヤリティをタイムリーに数字で把握することが可能になります。 今まで、お店で働くスタッフの評価はどうしても、お店の売上と連動するものでした。当然スタッフは客数や客単価 といった目先 の売上を確保することに意識 が集 中し、飲食店が本来最も大切にしなければならないホスピタリティに意識 を集中しにくい環境 にありました。 しかし、「ストアーズスコア」を活用すればお店の売上だけではなく、顧客ロイヤリティを数 字で確認し、それを最大化させるという飲食店が追い求めるべき理想 の姿を実 現することができます。働くスタッフは売上を追求 するのではなく、お客様の満足度を追求 することができるため、働く意義も大きく変わってくるはずです。お客様の満足度を高めることに集中し、最 高のサービスを提供する飲食店と、そのサービスを受け、最高の笑顔 で食事を楽しむお客様、双方 にとって飲食店というものの概念 が一歩前へ進むきっかけづくりをしていきたいと考えています。 ◆フードデリバリーマネージャー フードデリバリー市場が急成長することにより、飲食業界は今まさに大きな転換期を迎えています。 私たちはデリバリーサービス各社のデータを分析するなかで、ひとつの真実にたどり着きました。それは「フードデリバリーは店舗型飲食店と同じやり 方が通用しない」ということです。 店舗を運営するなかで、培ってきたブランド 戦略 、商品 戦略 、価格戦略といったものはフードデリバリー事業に水平展 開することは難しく、フードデリバリーで成功 するためにはデリバリー専用に設計された戦略が必要になってきます。 しかし、多くの飲食店がその事実に気付かずに、店舗と同じ戦略 でフードデリバリーに参入してしまっており、お客様の満足度を高めきれずにいる現状があります。 私たちは、デリバリーサービス各社のサービスをシステムで分析し、多くの飲食店が最適な戦略 を実行できるお手伝いをすることで、飲食店とお客様がもっと便利 に、もっと楽しくフードデリバリーを利用していただける環境をつくっていきたいと考えています。 ◆飲食業界にデータ革命を起こした先にLisa Technologiesが描きたい世界観とは? Lisa Technologies代表の西村 は、IT化が遅れている業界に対しての営業経験が豊富にあり、そういった業態の顧客が本質的に何を求めているかを把握しています。IT化が遅れている飲食店についてはとにかくフォローが必須であり、Lisa Technologiesは体 系的 に繁盛店を創り上げるSaaSを展開したいと考えています。西村は飲食店が大好きです。友達や仕事仲間と飲食店でご飯を食べる時間が好きなのです。飲食店での親しい人との時間は 笑顔がたくさん生まれる場所です。日本の飲食店がもっと素敵な場所となるよう、Lisa Technologiesは事業研鑽をし続けます。

どうやっているのか

当社常勤4名、シードラウンドで資金調達を完了いたしました。
社内風景
◆社会に大きいインパクトを与える企業にしたい 代表の西村は、20歳で在籍していた通信系の営業会社で入社1ヶ月でトップセールスになり、21歳で独立しました。 その後、お金も時間もある生活を送っていましたが、人生にワクワクしていない事に気づきました。一生に一度の人生なのだからチャレンジをしなければもったいない。 今回、IT化が強烈に遅れている飲食業界を変革するべく事業を立ち上げ、シードフェーズの資金調達を完了させました。  ▼代表西村のキャリア、設立背景などはこちらに記載をしております。ぜひご覧ください。 https://www.wantedly.com/companies/lisatech/post_articles/223842 ◆メンバー紹介 - 西村 龍紀 / CEO 2011年:chプロダクションを創業。女子高生専門のライブ配信サービスなどを手掛ける。 2017年:Lisa Technologies株式会社を設立。Google認定パートナーとして約2年で2,500社以上の新規開拓をし、創業2期目で年商1億2,000万円を達成。 2018年にモバイルオーダー&ペイ アプリ『TOGO』をリリース。 - 田中 誠一朗 / COO 2017年5月~ 株式会社ベスト・モア 経営管理本部統括部長 2016年4月~ 株式会社田中コンサルティング事務所 取締役 飲食チェーンで店長を経験後、人材育成コンサルティング会社に就職。実務経験のある飲食業界に特化した人材育成コンサルティングを開始。 主にクライアントの経営戦略立案、従業員教育を行う。個人店から大手チェーン、海外のクライアントまで幅広くサポート。 - 鳥居 誉定 / カスタマーサクセス 国立大学法人三重大学経営学ゼミを卒業後、名古屋市にて食品原料商社に従事。EC事業を手がけるなど幅広く活躍。 2018年5月〜Lisa Technologies株式会社に入社後、3ヶ月で課長職に抜擢。課員や役員とともに事業を営むも、身内の都合などもあり一度退職するが、仕事の夢を忘れられず、私生活を切り離しての一代決心により再入社。 - 谷元 太郎 / セールス 2016年名古屋学院大学在学中に三重県にて大手放送局の営業を経験。入社3ヶ月で三重県内3位を受賞。半年後にはトップセールスを記録。 その後、LisaTechnologies株式会社に創業メンバーとして入社し、akippaの代理店の営業責任者や自社サービスの『TOGO』の立ち上げを歴任。 - 岩松 宗毅 / テックリード 情報系専門学校卒業後に名古屋でエンジニアとして就職し、約3年間自動車系システムを初めとした複数のプロジェクトにてマネジメントから設計、開発、保守運用に携わる。その中でリードエンジニアや小規模プロジェクトでのプロジェクトリーダーなども経験する。 その後活動拠点を東京に移し、現在は新規立ち上げ、グロース、機能追加や改修のスポット対応などフェーズにかかわらず、WebやiOS、Androidの開発をプロジェクトに合わせて臨機応変に立ち回る。 - 楠本 明花梨 / サーバーサイドエンジニア 日立系列企業に就職し、複数の金融系システムの開発・運用保守に携わる。 大規模システム移行に携わったプロジェクトで社内賞を受賞する。 その後それまでの経験を踏まえ、在庫管理・売上管理システムやECサイトの改修など分野を問わず様々な開発に携わる。