1
/
5

Drupalって何なのよ…と思ったので機能について調べてみた(出会い編)




私の初執筆で記事ネタになってくれる御方は、青い姿の君、Drupalです。

昨年の6月頃に始まったDrupalを使うお仕事に、現在進行形で首を突っ込ませてもらってます。

弊社ロジカルスタジオはDrupalを扱うお仕事もしてますが、

ブログ記事は今までなかったので私が先陣を切ります。(自己主張強め)

まずDrupalってどんなものかを何のひねりもなく書いていこうと思ってます。

それじゃ、対戦オネシャス。


海外生まれのCMS

まず、DrupalはPHPで記述されたフリーのCMSです。

主に海外で使われているCMSで、NASAホワイトハウスといった、生きていたら多分1度は聞いたことがある有名な機関でも使われています。

日本でも、小学館大学航空会社などで導入されているみたいです。

Drupalの特徴

正直なところ約1年使っていても「Drupalの特徴はこれだ」と断言することは難しいので、調べてきました。

Drupalの特徴は、

だそうです。

詳細は公式に任せておいて、簡単な紹介と、実際にお仕事で使って実感したことを特徴別に書いていきます。

Drupal公式

豊富な機能

Drupalには拡張機能という、標準機能に機能を足すことができるナイスなものがあります。

デフォルトで備わっていない機能でも、拡張機能として提供されているものがたくさんあり、

ほしい機能をダウンロードしてきて、インストールすると使えるようになります。

「この仕様を実現させたいんだけど、●●な機能ないかな」と思って調べてみると、

大抵のものは拡張機能として提供されています。(マイナーな機能とか特殊なものはないかもしれない)

ただし、Drupalはアップデートがわりと多いため、

拡張機能がバージョンに追いついていない(更新されていない)ものも少なくありません。

インストールする際には必ず、

自分が使っているDrupalのバージョンと、拡張機能のバージョンが対応しているかどうか

の確認が必須です。


カスタマイズ自由

「豊富な機能」と少し被る内容ですが、Drupalは拡張機能が豊富です。

拡張機能の数は3万本以上デザインテーマの数は2千件以上だそうです。

実装したい機能を拡張機能で簡単に作れ、WEBサイトの雰囲気に応じたデザインテーマを利用できます。

お仕事の事情で既存のデザインテーマは使っていませんが、個人で遊んでみる時にいといろ試すのも面白そうですね。

また、自分好みのテーマを開発することもできます。

知識があれば、より自分好みのサイトにできそうです、ヤッタネ。

お仕事ではこちらの方法で、デザイナーさんが作成したデザインをもとにテーマ開発を行いました。

(私はテーマ開発してないです)


パワフルな多言語機能

現在の最新はDrupal9ですが、一つ前のDrupal8の時点で約100言語に対応しているらしいです。

多言語対応が必要とされるサイトにもってこいですね。

堅牢なセキュリティ

これについては特に実感できていないので、調べました。

一般的な攻撃の対策はもちろん、専門のセキュリティチームがあることで高いセキュリティが担保されているみたいです。

他にも標準の機能として、ユーザー管理アクセスルールアクセス権限を細かく設定することができ、

WEBサイトのセキュリティを高めています。

Drupalに適したWEBサイト

どんなサイトを作る時にDrupalを使うといいの?となると思います…なってください、ぜひ

せっかくCMSを使うなら、CMSらしい恩恵を受けたいですよね。

Drupalは多言語対応が可能なことから、SNS口コミサイトといったCGMサイトと相性がよいみたいです。

他にも、

などのサイトが適しているみたいですね。

特にSNSサイトは、マルチユーザーのログイン機能ユーザーごとのマイページ機能

投稿機能コメント機能いいね機能などなど

SNSサイトに必要な機能が基本機能と拡張機能で揃えられるので、

多少の知識は必要ですが、簡易的なSNSサイトならコーディングなしで作ることができそうです。


開発言語について

Drupalだけではできない細かなDBの操作や、開発したテーマを充てるのに使ったのはTwigというテンプレートエンジンです。

基本的に私が使ったのはTwigでしたが、もちろんPHPも使われています。

リダイレクトさせたり、URLのパラメータを設定したりするときに使われていました。

Twigについてはいつか誰かが記事にしてくれそうなので

ここではあまり触れないでおきます。


最後に

以上Drupalの紹介でした。

紹介だけだったので内容は全く濃くないですが、

Drupalが何なのかだけでもわかってもらえたら、きっとこの記事の存在価値はあります。

対ありでした。

現在ロジカルスタジオでは、デザイナー、エンジニア、ディレクターを募集しています。

ご興味のある方はぜひ、採用サイトからご応募ください。

フロントエンドエンジニア
即戦力募集!最新技術を追い求めるフロントエンドエンジニアをWanted!
ロジカルスタジオは、テクノロジーとデザインの視点からクライアントの課題解決をめざす、大阪のクリエイティブプロダクションです。 クライアントの期待を超えて「もっと良くなる、を見つける」のが私たちのスタイル。企画・提案からデザイン制作・システム構築、運用、改善提案をワンストップで行えるのが一番の強みです。近年ではその実績と品質が評価され、案件も急増しています。 代表の古川が掲げる企業理念は「絆を大切に、周りの人を豊かにし、社会に貢献する」。 私たちはこのミッションを推進するため、「新しい技術へのチャレンジ精神」を軸に、「切磋琢磨する仲間」と「働きやすい職場環境」を整え、「成長と可能性を大切にする風土」を育ててきました。 2019年9月に増床し、外部向けのセミナーにも活用できるカンファレンスルームを拡充。スタッフによる公式ブログや、マスコットキャラクター「ロージー&カール」によるTwitterなど、情報発信も強化しています。 可能性の芽をすくい上げられるこの場所を、より大きくしていきたい。 私たちと一緒に、このビジョンを実現しませんか。
株式会社ロジカルスタジオ
株式会社ロジカルスタジオでは一緒に働く仲間を募集しています
3 いいね!
3 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう