1
/
5

設計と大工、ハイブリッドな職人を目指して -大工 濱田 彩人-

都市と田舎、両方の生活を経て気づいた田舎の魅力。設計と大工、ハイブリッドな職人を目指して

るうふでは、大工の見習いとして働かせていただいてます。るうふ棟梁のハルさん(栗原義治さん)にいろいろ教えてもらいながら、現場で作業しています。
具体的には今、澤之家の改修を行っていて、1階のフローリングと2階のフローリングの板を張りました。あとは木材加工とか、細かい作業ですね。その他随時、新しくるうふの宿としてオープンする古民家物件が県内にいくつかあるので、そういった現場に手伝いに行ったりすることになると思います。

工業高校から建築の専門学校へ。青春を建築に捧ぐ

生まれは福岡の北九州市になるんですが、育ったのは佐賀県です。
高校は工業高校で、建築研究部という独自の部活に所属してました。廃材を利用し、加工してベンチを作ったり、それを東日本大震災の被災地に寄付したりと授業では習わないことが経験できました。
ユンボなどの資格も取りましたね。それから建築の専門学校に進学し、2級建築士の資格取得を目指したカリキュラムのもと学びました。前職は専門学校を卒業してから新卒として工務店に入り、設計をやっていました。マンションとか鉄筋コンクリート造の物件が多かったですね。


無機質な素材を扱うことがほとんどだったんですが、個人的にはやはり木造の建物に携わりたかったという思いがありました。できれば設計としてではなく現場に入りたかったというのもありますね。
もちろん現場に入ることもありましたが、検査したり確認しに行くことが主でした。
環境を変えたいと思っているときに、たまたま転職サイトでるうふを見つけたことが最初のきっかけです。

大工さんの求人を追い求めて

るうふでは大工職として求人が出ていたので、まずそれだけでも貴重。
しかも古民家を扱うということは、自分のやりたかった木造建築ができるかもしれないと思いました。
ただ、そのときはまだ前職の会社に在籍していたので、すぐにアクションは起こせず、置いていたんです。ある日、結果的に自分の勘違いだったんですけど、その求人情報が消えてしまったことがあって。
実際は次のページに飛んでいただけだったんですけど(笑)。
情報はメモに全部控えていたので、あわててその場で電話しました。
まだ募集していることを確認して一安心しましたね。その出来事が決め手でした。

そこから、丸谷さんと直接会って話をしようってことになり、率直に会って話してみて楽しそうだと思いました。
若いメンバーも多いですし、前職だと同世代の人が全くいなかったこともあって、それも嬉しいポイントです。
リブランディングする、るうふのオリジナルメンバーとして携わり、関係性を築いていけるというのは魅力的でした。

もともとは現場志望で、ずっと大工を目指していたんです。
高校を卒業したら九州を出ようと思って求人を探したんですが、大工の求人って表に出てないんですよ。転職サイトで探してもなかなかヒットしない。やはり徒弟制度が主流というか弟子入りするのが常なんですね。
最初は京都で探していて、だんだん関東にきて、資格取得のために東京の専門学校に通ったという経緯があります。まず資格を取ってから探した方が自分の選択肢、可能性が増えるかなと。
就職してからも諦めきれず、ジレンマを抱えながら仕事をしていたっていうのが本音です。

都市での生活で気づいた田舎の魅力

前職の職場は神奈川県の川崎市でした。
田舎から首都圏の都市で初めて生活したんですが閉塞感を感じてしまっていたのも転職を考えるきっかけになりました。最初は田舎が嫌で少しづつ都市に出てきたんですが、都市に住んでみたら自分の住んでいた環境の素晴らしさに気付きました。当然ですが佐賀の環境とはまるっきり違ったので。海があって山があって、田んぼもあって。
自然が豊かな土地の尊さを、離れてあらためて実感しました。専門学校は蒲田と八王子が選べたんです。そのときも、八王子を選びましたね(笑)

設計職だと1日デスクワークってことが多かったんで、今とは正反対です。
るうふで現場に出ているとあっという間に時間が過ぎてしまう。
それだけ充実しているんだなと実感しています。木材を実際に叩いたり加工するっていうことが楽しいです。
自分の居場所を見つけたって感じがします。

設計のスキルと現場での対応力。ハイブリッドな職人を目指す

今後は、大工としての仕事を覚えて、現場でもっと動けるようになりたいです。
後々には自分で現場を持てるようになりたいと思っています。現場が指揮できるようになるまで、
何年かかるかはわからないですけど、今はひとつひとつ、現場で丁寧に仕事を積み重ねていきます。
古民家についても学びつつ、もっと大きな規模のもの、自分が作りたいものを明確にして具現化したいです。2級建築士の資格をせっかく持っているので、設計と大工、両方できるハイブリッドな職人になれたらベストですね。

身体を動かすことが好きなので、やったことのないアクティビティにプライベートでも積極的にチャレンジしていきたいと思っています。
昨年からマラソンを始めて、フルマラソンを2つ走りました。
大工は身体が資本なので、プライベートと仕事が相互に作用するように身体も心も充実させていきたいと思います。

株式会社るうふ's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more