Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

科学研究の現場に画像解析・人工知能技術を提供していくために

エルピクセル株式会社に入る前

生物の形の美しさに魅かれ、東京大学で生命科学の研究をしてきました。とくに画像解析技術の開発に従事し、国内外の多くの研究者と共同研究を通じて広くライフサイエンス研究の現場に画像解析・人工知能技術を用いた新しい研究ツールの提供を行って参りました。

生物の多様性を反映するかのように、ライフサイエンスでは多種多様な画像が解析のターゲットとして用いられていますし、取得される画像の枚数も日々膨大に蓄積していまして、それをいかに処理してデータとして活用していくのか、画像から有用な情報をどうやって引き出すのか、が今まさに課題となっています。大学で研究者としてこのような課題に取り組む中で、私たちの研究室で開発した技術をより広く多くの研究者・技術者の方々に提供していく仕組みを作りたいという思いを強くして参りました。しかし大学の一研究者として携わることのできるプロジェクトには当然限界があります。

こうした背景から、個人の研究者としてだけでなく、よりシステマチックに画像解析・人工知能技術を科学研究のためのソリューションとして提供していくことを目的として、2014年春に研究室の後輩らとともに大学発ベンチャーとしてエルピクセル株式会社の立ち上げに携りました。

現在

民間・公的機関を問わず、画像を用いた研究開発を行っている研究者・技術者の方々に対してそれぞれのニーズに合わせた最適な画像解析ソフトウェアを開発し提供していく、というのを主な仕事としています。海底から宇宙まで、ナノメートルからキロメートルまで、画像を通じて各分野の最先端の研究開発を推進していくための協力をエルピクセル社では行っています。とくに可視化法や撮影法の検討段階から、画像解析の手法の確立、そのためのハードウェア・ソフトウェアの提供、そして統計解析等による研究結果の最終的な評価の段階まで、一貫して取り組むことができること、これらを通じて私たちもお客様が挑戦している研究開発分野について学び、それを自分のスキルと掛け合わせることで新たな発見や創造につなげていくこと。これが仕事をしていく大きなモチベーションとなっています。

エルピクセル株式会社について

個人の裁量を最大限に尊重し、自由に独立性をもって研究を進めることを旨とする研究室からスピンアウトして設立されたということもあり、エルピクセル社では母体となった研究室の風土をそのままに、自由闊達を旨としています。幸運にも多くの方々のご支援を賜ることができまして、会社の規模は少しずつ大きくなっているところですが、この社風のもとで自主独立性をもって研究開発を進めていくことが最大限の強みとなると信じています。

今後どういうことをしていきたいか

画像の解析技術ひとつとっても、過去に多くのブレイクスルーがあって現在があり、それは今後も続いていくことは間違いありません。"流行っている技術" をフォローすることは勿論ですが、それに囚われず、"枯れた" 古典的な手法も、マイナーだがお客様の抱える問題解決に対しては最良と思われる技術も、バランスよく適材適所に駆使していくことが会社としても一開発者としても重要だと考えています。

エルピクセル株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
Anonymous
64b48152 5dad 48d6 970b 37bbf6dadb8c?1501215690
Picture?1523171888
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
8d4ea293 15ed 4793 80f4 08093f7d2e73
23561848 1751023744968811 8439415842268852290 n
6 いいね!
Anonymous
64b48152 5dad 48d6 970b 37bbf6dadb8c?1501215690
Picture?1523171888
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
8d4ea293 15ed 4793 80f4 08093f7d2e73
23561848 1751023744968811 8439415842268852290 n
6 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる

Page top icon