1
/
5

ルシダスがこんなにブログを書くワケとは?

こんにちは、ルシダスの藤澤です!今回はルシダスが投稿している記事についてのお話です。

実は、wantedlyで投稿している記事はルシダスのオウンドメディアとして運営しているブログを使用しています。

マーケティング全般や個別のMAツールの話、制作チームのデザインの話などなど・・・

マーケティングに役立つ情報を現在までで200本以上執筆しています。(興味の湧いた方はこちらから!https://www.lucidas.co.jp/blog

本日は、なぜルシダスはこんなブログを書いているのか?そんな疑問に回答しているこちらのブログをどうぞ!

どうも、ルシダスの池上です!

いきなり本題ですが、「どうしてルシダスのブログでは情報を出し惜しみせずに出してるの? 誰得なの?」というお話。
実はこれ、皆様がブログを書くべきかどうかという悩みにも直結しているんです。

持ち上げた期待をいきなり落としてしまうかも知れませんが、実は出し惜しみどころか、実際には出してない情報の方が圧倒的に多いです。ごめんなさい!(笑)

これ、何もケチとか隠しているとかではありません。

文字数という制約

マーケティング戦略に関わるコンサルティングは、非常に多肢にわたる分野において多くのノウハウを必要としています。
正直、ブログという、文字数にも本数にも一定の制限があるメディアの中で全部を出すというのが、根本的に無理なんです。

その中から、「これはすぐ実践できそう」「これは役立つに違いない!」と思うものは、なるべく分かりやすく共有できるよう工夫して、ブログにアップしています。

そして、ブログでは到底収まりきらないボリュームのものについては、文字数制限のない無料ダウンロードコンテンツ(例:『マーケティングブログ25のヒント』)等の形態でお伝えすることを心がけています。

自己(会社?)表現手段としてのブログ

じゃあ、なぜブログを運営しているの?

簡単なことです。
私たちは知名度の高い会社じゃありませんし、Facebook広告専門の業者やSEOに特化している会社なんかと違って、全方位的にマーケティングをやっているから、具体的な中身が見えにくいんですよね。

でも、「あれもやれます」「これもやれます」と謳い文句を掲げるだけでは、口先だけなのか、本当にコンピテンツがあるのか、初めて私たちと接触した方々に判断材料を提供していることにはならない。
だからブログで、「あー、そりゃそうだよね」と思っていただける話をどんどん出す必要があるんです。

他の多くのマーケティング会社との差別化を図っていくため、「その他大勢」に埋もれないため利用している。それがブログなんです。

メルマガは検索エンジンにはひっかからないし、使えるチャンネルはどんどん積極的に使う必要があるから、ブログもやってるんです。

例えば、ルシダスが導入や運用を得意としている「マーケティングオートメーション」をいきなりキーワード検索にかける人は、そうそういません。
厳密にはいますが、リスティング広告の超高額キーワードでもあり、この中からルシダスに気づいてもらおうというのは無理というものですし、何もマーケティングオートメーション「だけ」に興味があるわけではありません。まずは、リードジェネレーションなんかに興味があって、その検索結果の中から興味を引くブログを選んで目を通します。その中で、リードジェネレーションの効率を改善するマーケティングオートメーションという存在を知り、さらに読み進めてくれる、というわけです。

ブログ運営のススメ

では、皆様の会社やお店ではブログをやった方がいいのか? と聞かれたら……。

はい、ズバリ、やった方がいいです!
例外的にやる必要がないのは、これ以上売れては困るところと、もう会社を畳もうかと思ってるところだけです。(苦笑)

そんなブログにお悩みの皆様に役立つヒントをまとめたのが、ルシダスの無料ダウンロードコンテンツ『マーケティンブブログ25のヒント』。

「うちはウェブ担当もいないし、スキルもないし、題材をどう決めたらいいかもわからないし、無理だよ!」という方には、ルシダスのコンテンツマーケティング支援サービスもお勧めです!

いかがでしたでしょうか?今後も定期的にブログ記事を投稿していきますので、お楽しみに!


*こちらの記事は2016年7月26日投稿のブログ「ルシダスがこんなにブログを書くワケとは?」(https://www.lucidas.co.jp/whyblog.html)を利用しています。

株式会社ルシダス's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more