1
/
5
This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

クライアントの言葉は、要望に対するヒント。想いを理解できたとき、あるべきデザインが見えてくる。STAFF INTERVIEW

エムハンドのメンバーをクローズアップして紹介する、社員インタビュー。今回は、新卒入社から6年目、大手クライアントのデザインを担当するなど活躍する上坂に、ここまでの道のりについてじっくりインタビュー。合わせて、どのようにデザイン業務に取り組んでいるのかなど、日々の仕事についても話を聞きました。

上坂幸代 Sachiyo Kousaka|チーフデザイナー
京都造形芸術大学(現京都芸術大学)空間デザイン学科でデザインを学び、新卒でエムハンドに入社。現在6年目を迎え、チーフデザイナーとして多くの案件をこなしている。一昨年、結婚を機に長く働いた京都オフィスから東京オフィスに移動。趣味は編み物で、最近は料理への興味も高まっている。

新卒で選んだエムハンド。実は、「Web未経験でも歓迎」の一言がきっかけだった。

--上坂さんは新卒でエムハンドに入社されたのでしたよね?せっかく空間デザインを勉強しながら、WEBデザインを選んだのには何か理由があったのですか?

上坂:そうなんです。大学では、全くWebデザインに触れていなかったんですよね(笑)空間デザイン学科に所属し、ウィンドウディスプレイやジュエリーデザイン、ソーシャルデザインなどを専攻していました。でも、大学では専攻分野以外にもさまざまなことを学ぶ機会に恵まれ、デザインについて幅広く勉強することができていましたので、未経験のジャンルに対する抵抗感というのはなかったですね。

就活の時は、経験してみたい業種が色々ありすぎて、全くひとつに絞れなくて。でも、大学で課題をこなしていく中で、何をするかということよりも、一緒に仕事をする仲間や環境が自分に合っているかどうかが私にとっては大切だなと強く感じていました。

そんな中でエムハンドに出会って、会社説明会・面接・インターンと進むにつれて会社の雰囲気や先輩方の人柄に惹かれるようになりました。で、「ここで働きたい!」と思うようになって入社を決めたというわけなんです。

--なるほど。仲間や環境が魅力だったのですね。ちなみに、インターンに至るまでの最初のきっかけは何だったのですか?

正直に言うと、当時求人情報に書かれていた「Web未経験でも歓迎」という言葉が応募のきっかけだったと思います(笑)やってみたかった業種の就活があまり上手くいかず、少し見直しの時期に入っていた頃だったので、「未経験のことでもやってみよう」という私の気持ちに、その言葉が響いたのかもしれません。

今は会社説明会を広い会場で行っていますが、私の頃はまだ京都オフィスの会議室で行われていて、ワークスペースも見ることができました。「かっこいいオフィスだな~」というのが第一印象だったのですが、後で社員が働きやすい環境を大切にしているという話を聞いて、ますます魅力を感じました。空間デザインを勉強していたからというわけではないのですが、クリエイティブには環境ってすごく大切だと感じていたので。

説明会の中で、業務をポイントで評価する制度があると聞き、これは面白いなと思ったこともあります。それまでデザイン業務は数字で評価されにくいものだと思っていましたので、とても新鮮でしたね。自分で目標を立てることももちろん大事だとは思いますが、新卒の私には、目の前の目標がしっかり見えるようになっている方が頑張りやすいし、非常に魅力的なシステムだと感じました。

デザイナーに向いていないのではないか、と悩んだ日も。続ける力をくれたのは、エムハンドの変わらない姿勢と仲間たち。


--実際に入社してみて、どうでしたか?インターンを経験していたので、すんなりスタートできたのでしょうか?

いえいえ、全然です(笑)やっぱり…とは思っていましたが、未経験での入社は本当に大変でした。インターンの形で研修や簡単な作業を任せてもらっていたので、会社の雰囲気には慣れていたのですが、仕事の面ではきつかったですね。会議で出てくる専門用語も全然わからないし、毎日戸惑うことばかりで。そのうえ、デザインの経験があると言っても、紙ものとWebでは気をつけるポイントがかなり違いますし、スキル的にもスピード的にもあせることばかりでした。

私は、口調のせいか、おっとりして穏やかに見えるようなんです。内心あせっている時でもまわりからは落ち着いて見えるらしいのですが、正直、いっぱいいっぱいな日も多かったです。毎日定時で帰っても、ヘトヘトでしたね。でも、「やる」と決めたことを途中で放り出すのは嫌なので、とにかくコツコツとマイペースで頑張りました。こう見えて、結構負けず嫌いな方なんですよね(笑)

--今の上坂さんからは想像もできないですね。ちなみに、入社後はどんなお仕事から始めたのですか?

まずはアシスタントとして先輩の下について、サイトの下層ページのデザインなどを担当しました。それに慣れてきたら、比較的シンプルで課題が分かりやすいサイトのデザインをTOPページからまかせてもらったり、いろいろなタイプのデザイン構成を学びました。

それを安定してこなせるようになったところで、ようやく案件を任せられるようになったのですが、そこまでになれたのは3年目くらいだったでしょうか…。当時は目の前のことをこなしていくのに一生懸命で、あっという間に過ぎた3年間でしたが、この期間に得たものはとても大きかったと今でも感じています。わからないことが多いながらも、とにかく数をこなしたことが大きな成長につながったと思います。

もちろん、環境に恵まれたことも大きいです。新人の私にTOPページのデザインを任せてみて欲しいとディレクターに頼んでくれたデザイナーの先輩や、上司の支えがなかったら脱落していたかもしれません。エムハンドでは人を育てるしくみがしっかりとあるので、Web未経験でも、3年あればプロとして通用するようになれると思いますよ。もちろん、やる気があればの話ですが。

--「もう無理!」と思ったことや、挫折しそうになったこともあったのですか?

ありますよ~(笑)自分の力不足を感じて落ち込んだことは、一度や二度ではありません。不安な時って、なんでもダメダメに感じますよね。負けず嫌いの私もさすがに自信を無くして、そもそもデザイナーという仕事が自分に向いてないんじゃないか…とか、どんどんどんどん、深いところまで落ち込みましたね(笑)

でも最後には、「やっぱり、エムハンドのみんなと仕事をしたい」「ここで諦めるのは嫌だ」という気持ちが勝りました。そこで支えになったのは、私が新卒で入社を決めた時に惹かれたエムハンドのものづくりに対する姿勢や、アットホームな社内の雰囲気でしたね。会社がどんなに成長しても核となる部分は変わらない。そして、いい人が多い。それが、エムハンドという会社の大きな魅力だと思います。

それに加えて、会社の成長が順調だということも大きかったかもしれません。会社が長期的な目標をしっかりと立てていて、業務の体制も充実させてくれているおかげで、私たちは目の前の目標である「より良いものづくり」に集中できてきたのかなと思います。これは、特にデザイナーのようなクリエイティブな職種にとっては、本当にありがたいことです。

デザインを言葉で説明できるかどうか。それが学生とプロの違い。

--話は少し変わりますが、学生時代に学んだデザインと仕事としてのデザインって、やはり違いますか?

私は小さいころからアートやデザインに興味があって、自然な流れで芸術系の大学に入ったのですが、デザインという仕事に強い興味を持ったのは、大学に入ってデザインのことを学んでからかもしれません。課題をクリエイティブな発想で解決するという、そのプロセスがとても面白いなと感じました。

コンセプトに合ったデザインをするという根本の部分は、学生時代も今も一緒な気がします。そのうえで、私が感じる最も大きな違いは、デザインそのものではなく、「そのデザインを説得力のある言葉で説明できるか」というところでしょうか。学生時代は、感覚でいい感じのデザインを作るトレーニングをひたすら行ったわけですが、実際にはその「いい感じ」の理由は言葉で説明できるはずなんですよね。

デザインを説明する力は、エムハンドに入社してからかなり鍛えられました。所属部門の垣根をこえて意見を言うことも多いですし、チームで円滑に仕事を進めて行くためには、なぜこのデザインがいいのかということを、言語化して説明できなければだめなんです。クライアントさんへのプレゼンテーションでも、論理的に説明できるデザインの方が、説得力が高まりますしね。私は、そのことを経験の中で学びました。

--ちゃんと説明できるデザインですか?言うのは簡単ですが、実現するのは難しそうですよね。どうすればできるのでしょう?

そうですね。やはり、クライアントの気持ちを理解したうえで、とことん考えることでしょうか。たとえば、クライアントが求めるデザインが自分が考えていたものと少し違ったとしましょう。その時に、クライアント様のニーズだから…と、単純にそれを受け入れるのではなく、「なぜクライアントはそうしたいのか?」をしっかり分析したうえで、要望を反映するようにしています。

たった一言の中にクライアントの個性があったり、課題解決のヒントがたくさん潜んでいることがあります。それらを感じ取って私なりに理解したうえで、クライアントの指示通りに調整することもあれば、「要望の核心はこうだと思ったので、このように反映してみました」と、別のかたちを提出することもあります。

私は、「クライアントの言葉は、要望に対するヒントだ」と、考えるようにしているんです。そのヒントをもとに色々考えることで、クライアントへの理解が深まります。そこから、期待以上のより良い提案、そして結果を生み出す…。それがプロのWebデザイナーに求められていることなのかな、と思っています。

--でも、そういうレベルでたくさんの案件をこなすのは大変じゃないですか?上坂さんは、仕事が早いタイプですか?

いえいえ(笑)エムハンドでは、仕事の質と同時に時間管理もかなり厳格に行われているのですが、実は私は作業に時間がかかるタイプで、最初はすごく苦労しました。でも、後になってみれば、その苦労から得たものは大きかったですね。時間内でいいものをつくるためにはどうすればいいかをいつも考えるようになったことで、仕事のスキルがぐっと高まった気がします。

やり方はそれぞれのデザインスタイルにもよると思いますが、私の場合は、作業を区分けすることで時間の問題を解決してきました。たとえば、最後の微調整には時間がかかります。クオリティを保つために、それは絶対に時間短縮できない作業です。じゃあ、そういう時間をしっかり確保するためには、どこを短縮すればいいか…。そんな感じで時間配分を意識することで、自然に業務にメリハリをつけることができるようになりました。

とはいえ、なかなか予定通りにはいかないんですよね。今でも、作業していたら意外と苦戦してしまって予定外に時間がかかった…、なんてことはしょっちゅうです。そういう時は「このままの調子で作業していたらまずいな。間に合わせるにはどうすればいい?」と、冷静に考えるタイミングを設定するようにしています。そういう時って不思議と頭が冴えて、良い解決案が出ることが多いんですよね。

新卒で入って目の前のことで精いっぱいだった時も、6年目の今も、根本的な「もっと良いデザインをしたい」という気持ちは変わりません。でも、たくさん場数を踏んで多くの経験をしてきたことで、時間も含めて自分の仕事をコントロールできるようになった気がします。これがキャリアというものなのかな…と、最近少し思うようになりました。

エムハンドは、 チームで働きたい人には理想の職場。

--いろいろ素敵なお話、ありがとうございました。最後に、これからエムハンドに応募してくる方に向けてのメッセージをお願いします。

デザイナー部門には、とにかくデザインが好きな人たちが集まっているので働いていて楽しいし、刺激にもなると思います。ただの作業者ではなくチームの1人として提案できるので、特にチームワークが好きな方にはぴったりの職場です。

分業制の職場の場合は、自分の専門分野の話ばかりになりがちですが、エムハンドではチームで連携してクライアントやユーザーに寄り添うことができます。だから、どこにも負けないより良いモノづくりができると思いますし、私自身、それが実際に良い結果につながっているという実感があります。

自分の枠を超えて意見を言うのは少し勇気がいるかもしれませんが、エムハンドにはそれを受けとめてくれる環境があります。それに、デザイナー以外の人も含めて社員はみんな良い人ばかりで、とても話しやすい空気があるので、転職した際によくあるストレスもないと思います。

新しい職場を選ぶ時には、うまく溶け込めるかな…と心配だと思いますが、安心して応募してください。新しい仲間が増えるのを、楽しみに待っています!

株式会社エムハンドでは一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング