「エムスリーキャリアの社内SEってどんな仕事?」エンジニアとして開発だけにとどまるのはもったいない!

エムスリーキャリア採用担当の真鍋です。

みなさんは社内SEと聞くとどんな業務を想像しますか?

ヘルプデスク?システム運用?会社によって役割は様々ですよね。


今回は、エムスリーキャリアにおける社内SEの具体的な業務内容とやりがい、おもしろさをお伝えするために、社内SEメンバーである岸川さんにインタビューを行いました。

岸川 拓斗(きしかわ たくと)
北海道出身。大学院卒業後、パッケージベンダーに新卒入社。部署同期内最速で昇格を果たすなどの結果を残し、2018年にエムスリーキャリアへ社内SEとして入社。入社1年目にグッド・プラクティス賞を受賞。現在はSalesforceの開発やRPA導入など様々な案件を担当している。



―こんなにあった。バリエーション豊富な社内SEの仕事内容。

真鍋:現在の業務内容を教えてください。

岸川:メインは当社のCRMシステムであるSalesforce(以下:SF)の機能開発を行っています。

SFを活用している営業・コンサルタントメンバーからSFの機能追加・改善要望などが私たちに届き、その要望にダイレクトに応えています。

メンバーが使いやすく、かつ業務効率が向上し全社の生産性を高められるよう支援しています。

真鍋:メンバーが求職者やクライアントへ迅速に適切な情報を提供できるよう、陰で支えている存在なんですね。SF以外の業務にも携わっているんですか?

岸川:はい、いろんな業務に関わる機会に恵まれています。新規事業や新サービスにおけるSF以外のシステム開発と導入に携わることもあります。

具体的な例を挙げると、LINEとの連携やRPA、BIツールの開発や保守、人工知能(AI)、IoTデバイスの活用など、自分から手を挙げればいろんなことにチャレンジできる環境です。

真鍋:既存のものだけでなく、新しい分野にも挑戦できるんですね。

岸川:そうなんです。その場合も開発業務だけでなく、要件定義や技術選定、設計から参画できるので裁量があり、おもしろいですよ。

当社にエントリーする前はSFという限られた開発経験しか積めないのではないか、と不安もあったのですが、面接時に説明があった通り、実際に入社してみてチャレンジできる業務の幅広さに驚きました。

真鍋:想像していた以上にいろいろなことに挑戦できるんですね!



―「スピード・クオリティーUPを実現」。人に代わる仕組みを作る。

真鍋:SF以外の具体的な開発案件について教えてください。

岸川:特に印象深いのは、オートメッセージ機能の開発です。これまでは、求職者の方がサイト登録後、希望に沿う求人をコンサルタントが手動で抽出していました。

それを自動でマッチングさせ、最適な求人を登録後すぐに提案できるような仕組みを構築しました。

真鍋:開発前に比べて求職者の方へよりスピーディーに提案できるようになったんですね。

岸川:はい。しかも手動で行うより圧倒的に早くなっただけでなく、結果的にマッチングの精度が上がることにも繋がり、業務効率化に直結しました。

真鍋:スピード・クオリティーがともに向上すると顧客満足度のアップにも繋がりますね。

岸川:当社の社内SEは、「業務効率化」や「生産性向上」をあらゆるテクノロジーで実現できるよう取り組むことができます。

特定の技術に限らず、いろんな視点から最適な方法を考え、選択し、実行できるのでおもしろいですよ。



―エムスリーキャリアに転職して気づいた。仕事のやりがい3つ。

真鍋:さまざまな開発案件に携わっていますが、岸川さんがその中でやりがいや楽しさを感じるのはどんな時ですか?


岸川:一番は、エンドユーザーから直接フィードバックがもらえる時ですかね。前職はパッケージベンダーだったので、エンドユーザーの声を聞く機会はほとんどありませんでした。

当社の社内SEにとってはエンドユーザーが社内メンバーになるので、その距離の近さに驚きました。距離が近いことでコミュニケーションもとりやすく、実際の貢献度ややりがいも感じやすくなっています。入社して感じた前職との一番のギャップです(笑)。

良い時も悪い時も直接フィードバックがもらえる。だからこそ、どの案件も自分のことだと受け止めて対応する使命感・責任感を持ち続けることができています。

真鍋:気軽にコミュニケーションがとれる関係は素敵ですね!


岸川:とてもありがたいです。また、私たちエンジニアのミッションは、当社メンバーの生産性を高めて業務効率の改善に繋げていくことです。

そのため、担当した開発によってどれだけの効果があったかを数字で見られるよう、基本的に生産性の変化を数値で追っています。自分が行った業務が明確な成果となって返ってくるので、誰かに自慢したくなりますよ(笑)。

真鍋:あらゆる角度からフィードバックが得られ成長が実感できそうですね。

岸川:そうなんです。さらにエンジニアではない他職種のメンバーと関わりながら業務を進めていくため、そこでも様々な価値観やビジネス視点を学ぶこともできます

会社として、エンジニアリングの価値が認められているからこそエンジニア視点の意見も尊重され、ビジネスパートナーとして事業成長をサポートできる。エンジニアとして開発だけにとどまらない成長があると感じています。

真鍋:社内SEは、SIerやSES出身の方も多いので、みなさん共通して魅力に感じているのではないでしょうか。この魅力に共感してくれるメンバーをもっと増やしていきたいですね!本日はありがとうございました!

エムスリーキャリア株式会社's job postings
5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more