1
/
5

若手QAエンジニアがエムスリーキャリアで掴んだ成長のチャンス

こんにちは!エムスリーキャリア、採用担当の横山です。今回は開発エンジニアからQAエンジニアにキャリアチェンジした2人のメンバーにインタビューを行いました。キャリアチェンジのきっかけだけでなく、QAエンジニアとして仕事をする中でどのような成長や思考の変化があったのかについても伺いました。

開発エンジニアからQAエンジニアへのキャリアチェンジ

横山:お二人とも元々は開発エンジニアとして従事していたところから、QAエンジニアにキャリアチェンジしている共通点があると思います。それぞれの経緯について聞かせてもらえますか?

梅津:私は、前職で保守開発をしていました。その時に携わったあるプロジェクトで、製品のリリース後に不具合が発生したことがあったんです。原因はコーディングミスなどいくつかの問題があったのですが、しっかりとテストを実施していれば防ぐことができたものでした。

その時に、自分にはテストに関する知識やスキルが不足していることを痛感したんです。そこからソフトウェアテストに関する学習に力を入れる内に、テストそのものが面白い、開発システムの品質を高める仕事を専門にしたいと思うようになりました。

梅津 侑弥(ウメツ ユウヤ)
北海道出身。大学卒業後、受託開発会社にエンジニアとして入社。その後、QAエンジニアへのキャリアチェンジを目指し、2019年にエムスリーキャリアへ。現在は主に医師向けWebサービスのQA業務を担当。

綿貫:私は、前職で食品メーカー向けの業務アプリケーション開発をしていた時の違和感がきっかけでした。要件定義から設計、開発へと工程を進める中で「何かおかしい気がする」と感じることがありました。ただ、当時は私のスキルが不足していたため、その違和感の原因をうまく言語化できずにいました。

結果、その違和感はテストの工程で「バグ」として現れてきたんです。事前に防げなかったこのバグ対応にものすごい工数とコストがかかることを身をもって学びました。そこから、「どうすればバグを未然に防げたのか」、「自分には何ができて、周囲とどのようなコミュニケーションをとるべきだったのか」を考えるようになり、QAエンジニアという仕事を目指すようになりました。

綿貫 朱里(ワタヌキ アカリ)
群馬県出身。大学卒業後、受託開発会社へ入社し、クライアント向けの業務アプリケーション開発を担当。その後、2019年にエムスリーキャリアへQAエンジニアとして入社。現在は主に医師向けWebサービスのQA業務を担当。

横山:それぞれシステム開発を進める中での苦い経験がきっかけになっていたんですね。キャリアチェンジを意識するようになってから、それぞれどんなQAエンジニアを目指したいと考えるようになったのでしょうか?

梅津:私は自分が担当する案件において、できる限りバグを発生させないようにすることでシステム開発に貢献したいと考えていました。リリース後に不具合が出れば、ユーザーにも迷惑をかけてしまいますし、プロとしての仕事ができなかったことになるので、当然落ち込みます。だからそういった思いは絶対にしたくないという意識が強いです。

綿貫:私も梅津さんと近いですね。要件定義の段階からプロジェクトに参画していくことで、不具合を事前に防げるようなQAエンジニアになりたいと思っていました。

駆け出しQAエンジニアが選んだ転職先:エムスリーキャリア

横山:QAエンジニアの仕事に目覚めた後、転職に至った背景について聞かせてください。

梅津:私の場合は、前職にQAエンジニアという専門特化した役割・ポジションがなかったことが大きいです。身近にQAエンジニアとして働いている方もいなかったので、専門特化できる環境に身をおこうと転職を決断しました。

綿貫:私の前職もQAエンジニアとして注力できる環境ではなかったです。自分の望む環境を作るためには、開発体制や組織の役割分担を変えていく必要があり、そのためには相当な時間がかかるであろうと考えていました。

前職にはかなり強い思いを持って入社したので非常に悩みましたが、最終的には自分が伸ばしたいスキル、それを習得できる環境や成長スピードを優先したいと思い、転職を決意しました。

横山:その環境として、エムスリーキャリアを選ばれた理由は何だったのでしょうか?

梅津:転職先を決めるにあたって優先していた事項がふたつあります。ひとつは、QAエンジニアとして不具合の発生を未然に防ぐ仕事ができる環境であること、もうひとつは、自分の成長に繋がる環境でした。

エムスリーキャリアには自主性を重んじる風土があり、「これをやりたい」と手を挙げれば、やらせてもらえるチャンスが多いと感じていました。

また、私が転職活動をしていた当時のQAチームは立ち上げ時期にありました。チームとしてのスタイルや方針が確立していない状態だったので、チームビルディングの過程に関与できる点も良い経験になると感じたのが決め手です。

綿貫:私の場合は、QAエンジニアがキックオフ段階からプロジェクトに参画でき、自らテスト設計と実施も行える環境だと感じたことが理由です。

QAエンジニアといっても、開発プロセスのどの部分にどのような形で関わるのかは会社によって異なります。実際の働き方については、求人票だけでは窺い知ることができないケースも多いと思っていたため、転職活動をしていた当時は慎重に選んでいましたね。

エムスリーキャリアは、面接と内定後のオファー面談でも担当するプロジェクトの関わり方について説明がありましたが、実際にQAエンジニアが企画段階から関わっている事例や外部にも公開している資料を使って明確に示してくれたことが決定打になりました。

自分の上司になり得る方が、私のスタンス含め、希望する仕事のイメージを理解してくれているように思え、安心しました。仮に入社後すぐとはいかなくても、どこかのタイミングで自分が求める仕事ができるだろうと思えたんです。

成長への確かな手応え。入社後に最も変化した〇〇

横山:エムスリーキャリアに入社してから転職前と比較して、自身のどんなところに変化を感じますか?

綿貫:要件定義の段階からプロジェクトに参画していくことで、「不具合を事前に防げるようなQAエンジニア」になるために必要なことが見えてきた気がします。

特に、いくつかのプロジェクトを経験する中で「スコープの合意を作る」、「検証可能なレベルまで要求を具体化していく」ことが重要だと学びました。

自分の中でのスコープの合意とは、「やること/やらないこと/あとで決めること」を明確にすることだと思っています。実際にそうすることで、ユーザーとの期待値のすり合わせがしやすくなった実感があります。

検証可能なレベルまで要求を具体化することについては、『要求を仕様化する技術・表現する技術』などの書籍も参考にしながら実践の毎日です。

早い段階で適切な仕様化を進めることで、仕様の考慮漏れや矛盾が早く発見できるようになります。また、仕様を具体化するほど実現する際の難易度の高さも明確になり、他の機能の仕様との衝突も具体的なレベルで見えるようになると分かってきました。

梅津:自分は相手に物事を伝える能力が上がったと感じています。例えば、開発しているシステムの動きを実際に使用するユーザーが詳細にイメージできるよう、図解するといったことです。

これはある社内システムの開発に携わった際、テスト実施後に「システムとしては問題ない」と判断した挙動が、あとになって「ユーザーからすると問題がある(=期待通りではない)」とフィードバックを受けたことがきっかけでした。

エムスリーキャリアのQAチームでは、週次で業務の振り返りを行っています。チーム全員でどんな障害が発生してしまったのか、それはどんなテストを実施していれば事前に防ぐことができたのか、テスト設計時に足りていなかった観点はあるか、といったことを話し合うんですね。

その中で気付いた問題として、まさに綿貫さんが言う「期待値のすり合わせ」がユーザーとの間でできていなかったと気付いたんです。ここから相手に伝わるコミュニケーションの工夫をより意識するようになりました。

コミュニケーションに関する課題に限らず、目の前に起きた問題とその原因に向き合い、対策を考えて実行することを繰り返す中で少しずつできることが増えてきていると実感しています。

次に目指す理想のQAエンジニア像

横山:あらためて、今後はどんなQAエンジニアを目指しているのか聞かせてください。

梅津:入社当時は「不具合をできる限り発生させないQAエンジニア」になることを意識していましたが、現在は「ユーザーに適切な価値を届けられるQAエンジニア」を目指しています。

エムスリーキャリアでの業務を経験し、一緒にシステム開発を行う開発エンジニアやディレクター、デザイナーだけでなく、実際にシステムを使用するユーザーの方々に価値をもたらしていると実感する場面が増えました。

その中で単に不具合なくシステムをリリースすることに留まらず、「ユーザーに喜んでもらうにはどうしたらいいか」までを考えた仕事がしたいと思うようになりました。

綿貫:私もプロダクト、ひいては「ビジネスの価値を高められるようなQAエンジニア」になりたいと思っています。

そのためには自分の視野をもっと広げていく必要があるのですが、例えば、起案段階の施策について、「システムのどの範囲に影響があるか」だけでなく、「その施策で誰にどのような価値をもたらせるのか」という視点で関係者と認識を合わせられるようになりたいです。

今はまだ「システムを正しく作れているか」という視点で考えてしまいがちなところを改善し、「そもそも正しいものとは何か」、「ユーザーにとって最高の価値あるものが作れているか」という視点で施策と向き合っていきたいです。

横山:お二人とも「バグを事前に防ぐ」からさらに進んで、「ユーザーへの価値提供」を意識されるようになったんですね。今後、QAチームとして更に成長、発展していくためにどんな方を仲間として迎えたいと思っていますか?

梅津:エムスリーキャリアは、自ら必要な施策を考えて実行することが求められる環境です。そのため、アイデアを出したり考えること自体が好きな方、自らのアイデアで実施した施策がどんな変化をもたらしたかを効果検証するのが好きといった方に向いていると思います。

また、当社のQAチームは週次で社内勉強会を行うなど、チーム内のコミュニケーションが活発に行われています。お互いに学び、スキルを高め合える方と一緒に仕事ができたら嬉しいです。

綿貫:QAエンジニアとしての仕事はもちろん、様々な職種のメンバーと協働してサービスを「ともにつくる」ことを楽しめる方にフィットする環境だと思います。

エムスリーキャリアのサービスは、全て「イキイキと働く医療従事者を一人でも増やし、医療に貢献する」というミッションに繋がっています。このミッションに共感できる方とぜひ一緒に、それぞれの理想のQAエンジニアを目指していきたいです。

エムスリーキャリア採用サイト:https://career.m3career.com/
エンジニア特設サイト:https://career.m3career.com/engineer/

7 Likes
7 Likes

Weekly ranking

Show other rankings