1
/
5

マーケティングと営業チームをつなげるインサイドセールス-潜在的ニーズをヒアリングし自社サービスの価値を最大化する

S. A : m3dcインサイドセールス1人目として2019年12月に入社。

前職の仕事と転職のきっかけ

前職は営業のアウトソーシング企業でインサイドセールスとそのマネジメントを行っていました。 大手IT企業の営業の一角を担えるという点で非常にやりがいのある仕事でしたが、アウトソーシングの性質上、業務改善の範囲にどうしても制限される部分があったので転職を考えるようになりました。 M3DCとの接点はエージェントからの紹介にはなりますが、面接を通して非常に組織の風通しが良い会社である事がわかりました。また、医療業界のデジタルシフトを推進できる事業内容に将来性と社会貢献性を感じ入社を決意しました。

現在の担当業務とやりがい

マーケティングチームと営業チームを繋ぐインサイドセールスとして、自社サービスに反響のあったお客様へのコールを中心に活動しております。インサイドセールスの仕事は単に電話をかけることではなく、会社に必要な情報を聞き出して終わりというものでもありません。電話だからこそ聞ける“様々な情報”を社内にフィードバックします。各部門にいる専門性の高い知識を持ったメンバーとその情報をどのように活かして自社のサービス向上とクライアントの課題解決に繋げていくことができるか、アイデアを出し合い実際のサービス向上につながるとき、インサイドセールスとして大きなやりがいを感じます。

M3DCで実現したいこと

例えば、現状と大きく変わった10年後の医療業界(患者さん、医師、看護師や技師、薬剤師等のコメディカル、製薬会社、製薬卸等…)で、当たり前のように使われているツールがあったとします。「昔はこんなことをしていたんだよ、大変だったよね」なんて会話が交わされる時に、自分は胸を張って「その改善に自分が関わった!」と言えるようになりたいです。そのためには、まずこの業界の事を深く知り、お客様の潜在的な課題を引き出せるように日々知識をブラッシュアップしていきたいと思います。 専門性の高い業種ではありますが、年齢も経歴も関係無く、知識を共有し質の高い業務を目指せる環境です。今までのインサイドセールスの経験をM3DCに還元できるようにしていきたいと思います。

エムスリーデジタルコミュニケーションズ株式会社's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more