翼をもがれた車好きMRがエムスリーマーケティングに転職した理由

こんにちは。エムスリーマーケティング(以下m3mと記載)の遠藤です。


突然ですがみなさん、ポルシェ カレラ993はご存知ですか?
最後の空冷エンジンモデルで流線的なフロントフェンダーラインはコアなファンにたまらない仕様となっています。

そのカレラ993を私がなぜ手に入れたのか?そしてなぜ失ったのか?ついでになぜm3mに転職したのか? 僭越ですが筆を執らせていただきましたので、最後までお読みいただけますと幸いです。

※画像はイメージです※

                           出典:www.flickr.com

前職ではどんなことをしていたか

▶大学卒業後、6年間外資系製薬会社のMRとして活動していました。

医師とのコミュニケーションの中で患者さんに最適な薬剤選択のアドバイザーとして活躍できるMRは非常に興味深く、「MRは天職だ」と感じながら仕事をしていました。

▶新入社員の奈良時代

朝から晩まで無我夢中で仕事を頑張り、その年の最高評価を取り表彰を受けました。調子に乗った私は生活費をなげうって、入社2年目でポルシェを買い(中古ですが)、生駒の山道を毎晩走っていました。

カレラ993は、空冷エンジン特有の吹きあがりのあるエンジン音や自然で心地よいシリンダーファンの作動音、ブレーキの感覚など一つ一つが絶妙で私の気持ちを最高潮まで高めてくれます。最高潮に達した私は仕事もプライベートも好調で、業績もどんどんアップし、順風満帆かのように思えました。

・・・が、ある日突然歯車が狂い始めました。とある休日、いつものようにドライブしているとガスの臭さがと突然、車内にたちこめました。「これはまずい。」と思い、急いで修理工場に行くと「排管のトラブルで排気が室内に漏れ始めていますね。これはすぐ修理出した方がいいですよ。ただ修理費はけっこうかかりますね・・・。」と言われてしまいました。ただでさえ、購入費、維持費でお金が底を尽きているのに加え、修理費で〇十万円・・・。痛い出費でありましたが愛車のためですから、背に腹変えず修理に出そうとしました。

しかし、その件を当時お付き合いしていた彼女は良く思っておらず、「車にそんなにお金を使う人とは将来が見えない。」と言われ、いきなりフラれてしまいました。 「なんて日だ!」思わず生駒山の山上から叫びました。気分転換にポルシェを走らせるも車内のガスの臭いは一際臭く感じました。 ポルシェも壊れ、彼女にもフラレ、貯金も底をつき、失意のどん底にいた私はある日、突然大阪への転勤辞令を受けることとなりました。

▶大阪時代

奈良での事件も少し落ち着きを取り戻し、大阪で地道に仕事に邁進しておりました。結局、愛車のポルシェは大阪では駐車場代が高く維持できないので、売却。まさに、翼をもがれた鳥でした。

ポルシェという武器を失った私は自分自身のトーク力で勝負することしかできず、その結果、皮肉にも営業スキルが少し向上したように思います。 営業が大好きな私は、医師や薬剤師の先生方とのコミュニケーションの際、自社医薬品の話をする前に関係性をしっかり作りこむことを意識しており、基本は趣味の話や自分の身を削った失敗談ネタで懐に入り込むスタイルでした。

先生方との話の中で「最近こういうタイプのMRさんいないよね。というよりMRが来なくなったよね。」との話を伺う機会が多くなり、そのたびに「今はMRの担当範囲も広がり、最低限の情報提供だけ行うMRも増えたので昔のような人情味がある営業は少なくなってきているかもしれませんね。」と答えていました。

どの業界でもよく聞く話ですが、営業不要論など飛び交っているなかで、AIやITへ業務効率化など耳にする機会も多くなってきました。MRの業務もITを駆使する機会も多くなりiPadを使った情報提供やWeb講演会などの活動も増えていき、この傾向は次第に大きくなるのが間違いないのは、身をもって感じていました。 ※家の鍵と残されたポルシェのキーホルダー・・・ださいですね・・・




現在

▶入社のきっかけ

そんなさ中、m3mに転職した前職同期の船木から「面白いワークショップがあるから参加しない?」とのお誘いがありました。

内容は「メディカルマーケター体験セミナー」というもので、メディカルマーケターというWebプロモーションやマーケティング活動を行う新しい職種を体験しようというものでした。エムスリーのデータを分析し、あらかじめ作成されたメッセージを最も効果のあるセグメントにアプローチするというワークショップは非常にダイナミックかつ衝撃的でした。何万行にも及ぶExcelデータを駆使するのはMR活動ではありえませんから。

ビックデータに魅了された鳥は再び息を吹き返し、迷わず面接を志望し入社を決断しました。

▶そして現在

製薬企業のマーケティング部門をクライアントに、Webプロモーションを請け負っています。

MRがリーチできない医師(在宅医など)を中心に全国の1万人を超える先生方に動画やメッセージなどを通してWebプロモーションを展開。個々の医師のニーズに合った内容を適切な形式やタイミングでプロモーションしています。 Excelとのにらめっこだけでなく、MRとして培った交渉力や調整力も求められます。

製薬企業のプロダクトマネージャーとのミーティングの中で、これから現場で展開していくディテーリングに最適なターゲットを選定するためにアンケートで市場調査を実施したりもします。

クライアントと協働して0から新しい施策を生み出していく機会もありますので、アイデアマン系MRには持ってこいの環境だと思います。

エムスリーマーケティングについて

MR出身者だけでなくコンサル出身者も多い職場で、個性的なメンバーが多いと思います。

元々、大手企業にいたにもかかわらず、20人規模の会社に転職するような人たちなので、変わった人が多いのかもしれません(笑)。

PDCAのスピードが鬼速い、提案したプロジェクトが次の日からすぐ動き出す(仮説や根拠が大前提ですが)など、スピード感が12気筒エンジン並みに早いので、成長スピードを最大化させたい人にはマッチしていると思います!

今後どういうことをしていきたいか

私は今年の1月に入社してまだ7ヶ月しか経ちませんが、前職の6年間で得たスキル以上に身に付いたように思います。

Excelなどの分析スキルはもちろんですが、Webコンテンツ記事のライティングスキル、サーバーサイドを理解するためのプログラミングスキル(ruby,html5,css3)、なによりm3mのカルチャーであるロジカルシンキング(勉強中ですが)など、MRの頃には身に付きにくかったであろうスキルが短期間で吸収されているのを細胞レベルで感じます。

もちろん、スキルを身に着けるにはそれ相応の努力が必要ですが、翼を授けるドリンクを片手に日夜頑張っております! 今後もこの成長スピードを落とさず、むしろブーストさせてクライアントとのコミット達成はもちろん、エンドユーザである医師にもお役にたてるよう邁進します!


メディカルマーケターという職種について、もっと詳しく知りたい方やここに書けない話を聞きたい方はぜひ気軽にご連絡ください。最初はカジュアルに電話で情報交換させていただきます。

お問合せ、ご意見はリクルート室三浦まで


メディカルマーケター/MM
エムスリーグループ企業でMRからマーケターにジョブチェンジしませんか?
エムスリーマーケティング株式会社は、エムスリーグループの豊富な情報インフラとITを駆使してMRの働き方から製薬業界を変えるマーケティング会社です。 製薬業界を取り巻く環境は、業界の透明化や医師内でのIT普及、病院への訪問規制と、変化の真っ只中。当然、現場に赴き医師のスキマ時間に営業活動をするような、従来のMRのスタイルにも変革を迫られています。 そこで私たちは、MRによるヒューマンタッチな営業活動とWebマーケティングを融合した次世代MRサービス「メディカル・マーケター(MM)」事業をスタートしました。 会員数25万人以上の医師向けポータルサイト「m3.com」と、その情報インフラを運用するMMにより、営業・マーケティング戦略を成功に導きます。 またMRがカバーできない地域でも、ITを使って最短最速で医療情報を提供し、情報不均衡を解消。先生方の医療活動を最大限サポートします。 製薬業界と医療業界をつなぐMR、そのMRの働き方を最適化し、成果を最大化することがエムスリーマーケティングの使命です。
エムスリーマーケティング
15 Likes
15 Likes

Weekly ranking

Show other rankings