1
/
5

【事業部紹介vol.2】マーケティングのプロ集団が勢揃い!〜マーケティングテクノロジー事業 Robeeグループ編〜

こんにちは!Macbee Planet人事部の加藤です。

今回は【事業部紹介】第2弾です!

コンサルティング本部には、LTVの高いユーザーの集客支援を行うコンサルティンググループと、自社プロダクト「Robee」を活用し集客後のCVRやLTV向上を行うRobeeグループがあります。
今回はRobeeグループについてご紹介したいと思います!

↓前回の記事はこちら↓
【事業部紹介】Macbee Planetの大黒柱!〜アナリティクスコンサルティング事業編〜

本記事をもとに、当社の職種理解を深めていただければ幸いです。

Robeeグループについて

今回ご紹介するRobeeグループでは、自社プロダクト「Robee」を活用し、集客後のCVRやLTV向上を行っています。

冒頭でも述べたように、コンサルティンググループとRobeeグループの違いとしては、クライアントに対するマーケティング支援の過程にあります。
「Robee」を用いて行動を分析したり、クリエイティブのA/Bテストを行ったりして、クライアント案件のLPに訪れたユーザーのCVR向上や、それに伴うLTV向上につなげるということをしています。

Robeeグループでの仕事については、現場でマネージャーを務める為国のストーリーにも一部記載がございますので、是非ご覧ください!
【Member Profile】元自衛隊という異色のキャリア。現在はMacbee Planetの事業成長に大きく貢献中!その原動力とは一体?

自社プロダクト「Robee」とは?

Robeeは、データ分析に特化したWebホスピタリティツールです。

世の中の企業の課題として、本質的なデジタルマーケティングの運用ができていないことが挙げられます。ユーザーに対して様々なデジタルマーケティング施策を打っているものの、ユーザーの分析が十分にできていなかったり、可視化できていないデータが存在していることなどが主な原因となっているのです。

そんな課題を解決に導くのがRobeeです!

【Robeeでできること】

・CVRの向上
顧客転換率(CVR)を高めることで、LTV、ROIの最大化を実現。
・ユーザーインサイトを可視化
Webサイトの訪問ユーザーの属性、動きを可視化し、本質的なマーケティング施策の実施が可能。
・グラフィカルなレポーティング・分析で施策判断
集計されたデータを分析し、豊富なレポーティング機能によって、日々変化するユーザーインサイトやWebの利用状況を的確に捉えることで効果的な施策運用をサポート。

Robeeには分析以外にも様々な機能が備わっています。
マーケティング効果を検証したり、下記のような機能を用いながらユーザーインサイトに合わせた親和性の高いバナーやLPを訴求したりと、戦略的なアプローチが可能になります。

Robeeグループの強み・働く魅力は?

最大の強みは、Robeeで可視化できるユーザーの行動データの分析から、マーケティングのPDCA実施、CVRやLTV向上のためのコンサルティングまで一貫して支援を行っていることです。


上記を踏まえると、データ分析力マーケティング力コンサルティング力といった3つのスキルを身に付けることができるのが、Robeeグループで働く大きなメリットでもあります。

また、実際にクライアントに対して提案できる幅も広いです。
Robeeというツールを提供するだけではなく、CVR、CRM、LTVの領域であれば何でも提案できます。
その分勉強は必要ですが、身に付けた知見を活かした提案をして、その結果クライアントの売上が上がっていきます。
この経験によって自分自身の能力がアップするので、マーケティングの第一線で、ビジネスマンとして通用する人材を目指せるというのも大きいのではないでしょうか。

いかがでしたでしょうか?

今回はコンサルティング本部のRobeeグループについて紹介させていただきました。
今後も弊社内の様々な事業部について解説していきますので、引き続き楽しみにお待ちください!

株式会社Macbee Planetでは一緒に働く仲間を募集しています
3 いいね!
3 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング