1
/
5

なにをやっているのか

トップページ
M&Aクラウドは、「テクノロジーの力でM&Aに流通革命を」というミッションのもと、 M&A・資金調達のマッチングプラットフォームを開発しているスタートアップです。 ▼株式会社M&Aクラウド https://corp.macloud.jp/ 弊社のサービスは、買い手の顔が見えるM&Aマッチングプラットフォームです。 買い手と売り手が直接コミュニケーションを取ることによって、スピーディーで、売却後の不満の少ないM&Aを実現することが出来ます。 M&Aマッチングプラットフォームがいくつかでてきていますが、買い手企業がオープンで直接マッチングできるのはM&Aクラウドの特長です。 2018年5月に始まったばかりのサービスですが、安定して月間200社以上の売却希望があり、急成長しています。50万円から二桁億円のM&Aがこのプラットフォームから生まれています。 掲載買い手企業数は360社(うち上場企業180社)、登録売り手企業数は4,300社を突破しました。 また、売り手様に手厚いサポートを提供するM&Aアドバイザリーサービスも提供しています。 M&Aクラウドのアドバイザリーサービス(M&A Cloud Advisory Partners)は、ITの売却に強く、平均3社のトップ面談を実現しています。 ▼M&A Cloud Advisory Partners https://corp.macloud.jp/macap/ ▼公式note https://update.macloud.jp/ ▼代表者note「ベンチャー企業のM&AをM&Aの会社のCEOとしてあれこれ考えてみた」 https://note.com/atuhirooikawa/n/n4ec98532ac39 ▼開発者ブログ https://tech.macloud.jp/

なぜやるのか

MISSION "テクノロジーの力で、M&Aに流通革命を" 我々が取り組む事業は日本の産業の継続的な発展支援。 そのために解決すべき課題は「事業承継」と「スタートアップのEXIT」。事業承継が滞れば既存の伝統や産業は縮小し、スタートアップのEXITがスムーズに進まなければイノベーションの連鎖が生まれず、産業の成長が止まってしまいます。「M&A」は、これらを解決可能なソリューションであると考えています。 事業承継問題では、現状、経営者が高齢で後継者不在の企業約60万社に対して、中小企業M&Aの件数は年間1,500件程度しかありません。 東京商工リサーチの調べでは、事業承継できずに黒字廃業する企業は年間約3万社。 経産省の内部試算では黒字廃業を放置すれば25年までの累計で約650万人の雇用と約22兆円に上る国内総生(GDP)が失われると言われています。 この大きすぎるギャップを埋めるにはどうしたら良いのか? スタートアップのEXITにおいては、資金調達環境は改善し活況のように見えますが、ここ数年のIPO社数は横ばい。スタートアップにIPO以外の出口が増えないと、投資家は損をし、結果、次の世代への資金循環が止まる危険性があります。 会社を売却するということは、経営者にとって結婚や受験以上に悩むライフイベントです。多くの経営者が悩んでいるM&Aという業界をオープンでフェアなものにテクノロジーを用いて成し遂げていきたいと思います。 我々の事業であるM&Aのプラットフォームは、企業と経営の最適配置を行い、流動性を高める「挑戦をエンパワーメントするエコシステム」であり、これからの時代が直面する課題解決の手段となり得ると考えています。 M&Aをテクノロジーの力を用いてスピーディーかつ確実に成功させられれば、成長事業や技術、そして雇用を守ることができます。 M&Aにおける情報不均衡を解消し、経済発展の活性化、ひいては社会課題を解決する。 私たちはM&A業界では最年少のチームですが、パイオニアとして、M&Aに流通革命を起こします。

どうやっているのか

勉強する文化があります。ビジネス書も技術書もあります。
■メンバー 弊社では、大手ベンチャー出身のエンジニアや投資銀行や経営コンサルティングファーム出身者、シリアルアントレプレナーなどユニークなメンバーが集まっています! インターンもシティバンク内定者やエンジェルから出資が決まり起業した人 など実力が付く環境が揃っています。 現在メンバーは40名を超えましたが、まだまだ組織を強くしていく必要があります! ■バリュー M&AクラウドのValueは、「1 Team」「2nd Priorty」「10 Player」です。 この3つを持つ人材が集まることで、ミッションを実現し企業価値が最大になると考えています。 ■ツール M&AクラウドのMISSIONは、「テクノロジーの力で、M&Aに流通革命を」です。 MISSIONのもと、テクノロジーを駆使し業務にあたっています。 1 Slack 社内コミュニケーション 2 Amazon Web Service サービス運用 3 esa ナレッジ共有、社内ルール共有 4 Jira プロジェクト管理 5 GitHub       ソースコード管理 6 M&Zapier サービス間連携 7 Google Workspace Eメール、カレンダー、ドキュメント等 8 Figma UI/UXデザイン 9 Adobe Creative Cloud グラフィックデザイン 10 配配メール メール配信 11 interCOM カスタマーサポート 12 Monery Forward 会計、経費精算、勤怠管理、請求書発行