1
/
5

「もっと高く、もっと効率的に」CDO神谷郁がMAMORIOではたらく理由

MAMORIOのCDO( Chief Design Officer )を務める神谷郁(かみや・いく)。デザインを中心軸に据えながらもMAMORIOで彼女が担当する業務は幅広く、デザイナーという業種で想像される範囲を超えた責任を負っています。彼女がCDOとして意識すること、MAMORIOではたらく理由とは?その素顔にせまります。

正しい方向を指し示すことがCDOの仕事

アプリの運用・改善から新しいプロダクトの開発、アライアンスまで、神谷がCDOとして関わる分野は広がります。MAMORIOにおけるCDOという役職は、どのような仕事なのでしょうか?

「デザインという立場から、“正しい方向性”を指し示すことが私の仕事です。たとえば、新しいプロダクトを作るときはプロトタイプを作って方向性を確認しますし、それらを完成させるためのタスクやスケジュールの管理もサポートします。その過程で課題が見つかったときは、開発を効率化するために必要なツールの提案も行います。広く言えば、こういったプロセスのデザインもデザイナーの仕事です」

MAMORIOでは、「なくすを、なくす。」というゴールに向けてプロダクト開発とサービス立案や、それらの活用方法の提案を同時に行っています。デザイナーはその全てに対してアプローチする必要があると神谷は考えています。

「最近力を入れている業務として、ビジネスでの活用を鑑みた新しいサービスの活用方法の模索があります。MAMORIOの既存アプリや新規開発中のプロダクトなど、ソフトウェアのUXやUIを考えることも重要です。MAMORIOのWebサイトをはじめとした、MAMORIOのプロモーションに関わるブランディングも担っています」

淡々と業務内容を説明する神谷の言葉からは、多大な業務量が想像できます。しかし、にこやかな表情に無理は感じられず、むしろ楽しんでいる印象があります。神谷にその理由を問うと、笑いながらこんな言葉が。

「私、仕事でプレッシャーをかけられないと、逆に病んじゃうんですよね」

もっとよくできるはず、もっと効率化できるはず

MAMORIOは商品をユーザーに届けるからこそ、ユーザーからの意見が直接作り手に届きます。開発の発展途上で、中には厳しい意見もある現状を、神谷は感謝の気持ちとともに受け取っていました。

「厳しい意見があるのは、期待していただいているからこそです。だから悪い意味でのプレッシャーは感じていません。むしろ何も言われなくなったら終わりだなと思います」

神谷は日々の業務のなかでも問題解決のための提案だけでなく、さらなるクオリティの向上につながる意見を発言することが多く、それは自身の資質に根ざしたものだと語ります。

「デザインの面で“もっとよくできるはず”、業務の進行方向で“もっと効率化できるはず”と、いつも考えています。MAMORIOは、まだ最上の結果には程遠いです。だからこそ、多くの課題を抱えている状態で、程よいプレッシャーをかけられているんです。MAMORIOの環境は私にあっています」

常に最上を目指す神谷にとって、MAMORIOの持つスピード感と直接フィードバックが飛び交う環境は、自身を高めるための最適解だったのでしょう。加えて神谷は、CXOのメンバーにも信頼を寄せています。

「CEOの増木やCOOの泉水は、“こういう社会を創りたい”というヴィジョンのもと、ロードマップを引いて事業を実現していけるメンバーです。これまで社会の構造そのものを変えるようなプラットフォームの多くは、シリコンバレーなど海外の拠点から誕生しています。日本から社会を変えるものを創ろうという想いを持って進んでいる企業は、国内では珍しいと思います」

MAMORIOではたらく理由としてそのエピソードを教えてくれた神谷の目には、世界進出への野望も垣間見えました。

他にはできないことができるMAMORIOで、未来のデザイナーに夢を創りたい

神谷とMAMORIOとの出会いは、彼女がMAMORIOの運営していたコワーキングスペース『GEEK GARAGE』のスタッフとして働いていた大学生時代のことでした。神谷にとってMAMORIOのCEOである増木との出会いは衝撃的なものでした。

「『Googleが情報の在り処を可視化した。Facebookは人間関係を可視化した。次はMAMORIOが、物の位置情報を可視化する』……このヴィジョンを増木から聞いたとき、私は大学4年生でした。ヤバい、超いい!!そう思ったんです。この会社では、他ではできないことができる、と確信しました」

増木との出会いから大学時代の自身を振り返る彼女は、実戦型の学びを重視していたことを明かします。

「当時は大学の講義よりも、インターンや学生団体のプロジェクトを通じた活動から得られることの方が楽しかったです。自由に働くのが好きでした」

とてもアクティブな印象を受ける彼女のエピソードですが、その裏には努力と“デザイナーになる”という強い目標がありました。

「私はあまり進学で成功したタイプではありませんでした。だからインターンや外部活動には力を入れていました。手作りの名刺を渡しながらチャンスを探していました。誰か仕事くれないかな……って。それが今につながっているのかもしれません」

現在CDOとして邁進する神谷は、未来のデザイナーに夢を創る立場を意識しています。

「デザイナーは、下請けのような立場として扱われることが多くあります。エンジニアの技術仕様書や営業の企画書が完成した状態でヴィジュアル作成だけを任されるようなケースをよくみかけます。けれど、デザイナーが企画段階から参加することで、真価が発揮されると思うんです」

神谷はデザイナーという職業そのものが持つ課題に対しての解決策を模索していました。

「CDOがいる企業は、現在そう多くありません。だからこそ私の仕事を通じて、MAMORIOでは企画段階からデザイナーが携われる、多視点からデザイナーの意見を反映することもできる、と伝えていきたいです。CEOや他のCXOと対等に働いているCDOがいることで、今後共に働くデザイナーが胸を張って働ける環境をつくりたいですね」

ジェットコースターのような日々を楽しむCDO、神谷郁

神谷はインターン時代、MAMORIOの苦難も見てきました。

「初期のMAMORIOは電池がもたず、商品として成立しない状態でした。本当にこの商品を世に出せるのかな、と不安だった時期もあります。それでもなお、社会構造を変えるサービスを日本から発信しようという気概が、MAMORIOからは感じられました。だから今、多くの方がMAMORIOを使っている姿を見ると、胸が熱くなります」

神谷は学生時代コワーキングスペースの運営に関わっていた経験から、人とのつながりも大切にしています。MAMORIOのユーザーミートアップの思い出を振り返り、目を細めます。

「老若男女問わず多くのユーザーがMAMORIOを愛用しているという声や、もっとこうしてほしいというご意見をくださることを、嬉しく思います。作り手だからこその喜びがあります」

冷静でいながら熱く、絶えずスピードを求められる環境を楽しむ神谷。そんな自身のことを一言でまとめてほしいとお願いすると、少し悩んでから答えてくれました。

「ジェットコースターを楽しむ人、です。MAMORIOの仕事はスピード感があって、高低差も激しいです。それが楽しいんです」

自分がどう見えているのかはわからないですけれど、と首をかしげながら語る神谷。過去についても質問すると、「人生自体もジェットコースターのような落差が多かった」と教えてくれました。

「底辺まで落ち込んだ時期もありました。だからこそ、そこからハイスピードで上がってこられたんです」

取材が終わるまで、彼女が表情を曇らせることは一度もありませんでした。今の仕事を楽しんでいることを、その表情は語っていました。

“もっと高く”を目指し続けるCDO神谷郁のジェットコースターは、これからどんなルートを描いているのでしょうか?その答えは、MAMORIOの未来に映し出されるのでしょう。

MAMORIO株式会社's job postings
11 Likes
11 Likes

Weekly ranking

Show other rankings