1
/
5

「Human Relationsを科学する」SaaS スタートアップ企業のHR部ってどんなところ?

こんにちは!
採用PRのセオです。

今回は採用ミートアップ直前!ということで我々のHR部をご紹介させていただきます!
HR部のパラレルキャリアなメンバーはどんな人?インタビュアーにお話を聞いていただきました!

Profile. HR部長_平賀 晶雄(AKIO HIRAGA)

予備校講師(現代文)、ライター(洋楽専門)、モデル、バーテンダーなど、極めて異色な経歴の後、2015年に株式会社イマジンプラス入社。
同社では人事・採用・広報・Web・広告営業の部門統括責任者をしておりました。
2021年4月、株式会社manebiにジョイン。「世界一のHeart Tech Company」を目指す同社にて、HR部・人事部長として”ハートフルな組織づくり”を、そしてその実現に向け新たな仲間探しの航海に出ます♪
座右の銘は「Stay Hungry, Stay Foolish」
重度のApple信者。さそり座。

Profile. HR部採用PR_妹尾 知美(TOMOMI SEO)

新卒で化粧品メーカー → IT業界 → 海外でマネージャー兼Webディレクター、スパ運営 → 地元で英語教育とフリーランスをして日本社会に馴染む → 東京に戻りmanebiでソーシャルミッションに燃えている。
ビジョンは「多様でボーダレスな世界」。
ITはどんな事業とも親和性が高く、ソーシャルミッションを担う仕事に従事することが微力ながら社会貢献になると考えています♪
趣味はお仕事、旅、ヨガ。

manebiのHRってどんなところ?

ーmanebiのHRについて教えてください!

私たちが考える”HR”

ー平賀:私たちはHRの”R”をResources(人的資源)ではなくRelations(関係性)であると捉えており、関係構築を重視するチームで在ろうと考えています。今後のmanebi HR部はヒトや世界との"Relations"をデザインし、Relationsの架け橋になりたい思っております。

その意味では、選考においても「人材を探しにいく」のではなく、「関係構築をしていく姿勢」を大切にしています。選考はご縁であり、関係構築を進める中で「今ここでご一緒するか、5年後10年後にご一緒するか、別の道で歩いていくか」など、さまざまな選択肢がある中で”双方にとってのベスト”を共に探求することを重視しています。manebiのミッションである「世界縁満」は"World Relationship"です。その姿勢を"Human Relations"として体現するのがmanebiのHR部といえます。


HR部メンバーがmanebiに入社した理由

ーHR部のお二人はなぜmanebiに入社しようと思ったのですか?

ー平賀:私がmanebiに入社したのは2021年4月です。就活の軸としては、「自社プロダクトを持っている企業であること」「会社が成長フェーズにあること」「伸びている業界であること」の3つを置いていました。
転職活動はリファラル、エージェント、媒体を使って進めていたのですが、manebiはエージェント経由で紹介されました。実は前職でmanebiのサービスを使わせてもらっており、良いサービス・会社だということは知っていたんです。紹介された時には既に10社程の内定があったので「知っている会社だし話を聞きにいってみよう!」とライトなスタンスで受けたんですよね笑。

manebiに決めた理由としては、「まだまだ未完成な部分があり、自分の知見を活かしてお役に立てることが多いのではないか、”組織づくり”を共にできるのではないか」と思えたことや、一緒の部署となる妹尾の存在ですね。妹尾のSNSを見ると、発信する姿勢や新しい取り組みをしようとしていることは伝わりましたし、自分がイチからやるというよりも既にHR部にそういったメンバーがいて、一緒にやっていくイメージもできました。

ー妹尾:おお、、、ありがとうございます笑。積み重ねて発信してきたことからmanebiの想いが伝わって、今一緒に働けていることが奇跡ですね。

ー平賀:ほんとですよね笑
それからもうひとつ、最も大きな決め手となったのはやはり社長の田島の存在です。入社前にオフィス見学をさせてもらったのですが、そこに田島がわざわざ来てくれて、「なぜ来てほしいのか、なぜ内定を出したのか、manebiでどうなってほしいのか」をお話ししてくれて、さらに”そのためのあらゆるサポートをお約束します!”と言ってくれたんです。こんな幸せなことって、あります?笑 強烈に惹き込まれる人間的な魅力はもちろん、語る事業の未来と私自身のmanebiでのキャリアプランのお話しをさせていただく中で、ここしかない!と思い、その場で田島と握手して、manebiへの入社を即決しました。


ー妹尾さんの入社理由も伺えますか?

ー妹尾:私がmanebiに入社したのは2019年の10月です。フリーランスを経て「自分ひとりでは達成できない大きな目標を組織で達成したい」と考え、今までの経験を活かして貢献できる企業を探していました。また「IT×教育」といった領域に興味がありましたので、manebiをご紹介いただいた時は親和性を感じて「一度お話しをお聞きしてみたい」と思いました。社長の田島とCS部長の田浦とカジュアル面談をさせていただいたのが最初です。

軸としては会社の事業、人、会社のフェーズを中心に見ていました。manebiに決めた理由は、カジュアル面談時に社長の田島が語った「未来の事業構想」や「会社の目指す方向性にワクワクしたこと」が大きいです。また、「チームで大きな目標を達成したい」とも思っていましたので、選考中に接する社員の皆さんのお人柄やSNSで拝見した経営陣の考え方もmanebiに惹かれた理由でした。平賀の理由と被るところもありますが、会社から機会を与えていただくだけでなく、自分が貢献できることがどれだけあるかというのも面接の中で情報を得るようにしていました。

スタートアップで働くメリット・デメリット

ー採用ミートアップでもお話しいただくと思いますが、スタートアップで働くメリット・デメリットを教えてください!

ー平賀・妹尾:スタートアップで働くメリットは、「会社の作り手になれること」「裁量が大きいこと」「成長フェーズのスピード感」だと思います。デメリットとしては大手の企業とは異なり「正解がないこと」「ネームバリューがないこと」「自律自走する必要があること」です。メリット・デメリットは表裏一体でメリットも人によってはデメリットになり得ますし、その反対も然りだと思っています。ご自身がどこに魅力を感じるのかを事前に見極めていただくことが大切だと考えています。

manebiで活躍できる人ってどんな人?

ースタートアップについてお話しいただきありがとうございます!成長フェーズにあるmanebiではどんな人が活躍できると思いますか?

ー平賀・妹尾:manebiで活躍できる方は「はっきりとやりたいことがある方」「ご自身のビジョンを持っている、または持っていなくても考えてアウトプットできるようになる方」だと思います。

manebiのミッション・ビジョンにご共感いただける方はぜひご一緒しましょう!

採用ミートアップを開催します!

より詳しいお話は12.10 (金) 17:00-18:00にHR部とのミートアップがございますので、ぜひご参加ください!ざっくばらんにお話ししましょう^^

急成長HR SaaSスタートアップの人事とフリートークしませんか?


新卒の方はこちらからご参加くださいませ!

新卒限定!ソーシャルミッションを担うITベンチャーの内定者×社員対談

次回予告

今年で創業9年目を迎えるmanebiにおいて、人事評価制度が初めてアップデートされます。
また、上記の側面だけでなくmanebiが上場を迎え、100人の壁をも突破し、次のフェーズに進むための礎づくりも同様に大切であると考えており、現在”manebi人として”のバリューやプリンシパルを再設計する、コーポレートブランディングプロジェクトも進行中です。

「manebi HRが考える"Human Relations"」「人事評価制度への反映」と「コーポレートブランディングプロジェクト」については別途記事にする予定です。ぜひお楽しみに!

ここまでお読みいただきありがとうございました!

株式会社manebiでは一緒に働く仲間を募集しています
5 いいね!
5 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング