1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

mtc.って怖い会社?新卒の私が感じていた不安と入社後のギャップ

新入社員(弊社ではスプラウトと言います)第1期生の佐藤祐衣です!


採用合宿を経て内定が決まった当時の私は、入社までに半年の時間が空いていたため、mtc.のHPやWantedlyを見て会社に対するイメージを膨らませていました。

そこで想像していたmtc.の色々なイメージと、入社後に感じたイメージにギャップがあったのでお話したいと思います!


ギャップ1つ目。

入社前:プロじゃなきゃいけない?自分は大丈夫なの?
入社後:これから学んでいけばいい!プロになろうとすることが大事。

わからないことがあったりしたら怒られるのではないか?
プロレベルの仕事ができないと、幻滅されてしまうのではないか?
などと、求められているものに自分が達していないのでは、という不安がありました。

しかし入社後、
「自分をプロだと思っている人はうちの会社にはいらない、自分をプロじゃないと感じてプロになるための努力を惜しまない人でなくてはならない」と代表岡崎から話がありました。

また、わからないことは聞いたら皆さん教えてくださいますし、あんなに過剰に不安になる必要は無かったなと今では思っています。

私はまだまだひよっこなので、一人前になるためこれから頑張ります!!

ギャップ2つ目。

入社前:家でも休日もずっと仕事のことしか考えない仕事人間ばかり?
入社後:オンオフはっきりなような、境目がないような

仕事の話をしている時はとても真剣で真面目、でも雑談をしている時は変で面白い、みたいな人ばかりです。

私は最初その切り替えがすごくてとてもびっくりしました。笑
この前会社に高圧洗浄機のケルヒャーが届いたときは、みんなでキャーキャー言いながら急遽ベランダの掃除をしました。

そういう意味で、オンオフはっきりしてるな〜と感じます。でも、家に帰ったらもう仕事のメール見ません!とか、そういうオンオフではなく、

皆常に仕事のことは頭にあって、プライベートでの経験も全てインプットとしていこうという気持ちで生活していると感じます。

そういう意味ではプライベートと仕事の境目があまりないのだと思います。

さいごに

仕事を人生として捉え、より快適に、楽しく仕事をするための工夫も惜しまない。
まさにワークアズライフという言葉がぴったりな会社だと思います。

このように、入社まで札幌でドキドキした日々を送っていたのですが、不安は解消され、入社後は伸び伸びと働かせていただいております。

これからも居心地の良いオフィスでぐんぐん成長していきたいと思います!

ーーーーー

内定までの採用合宿の記録もぜひご覧ください!

▼私目線の記事はこちら

▼会社目線の記事はこちら

株式会社mtc.では一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう