Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

個別指導塾WAYS代表の想い~講師が、楽しく働きやすいと感じでもらえる環境を作り出したい~

今回は、弊社運営塾の個別指導塾WAYS 藤根代表がWAYSに入社した経緯やWAYSに対する想いをインタビューしました!


藤根代表について

【なぜ教育業界に興味を持ったのですか?】

高校を卒業する時点で人生の大きな進路を決めることはすごく大変なことだと思います。実際私も高校時代医学部志望だったのですが、あまり理由を考えずに医学部を目指していたのですが、私自身本当に何がしたいのかを考えた時中学生・高校生が、自分のやりたいことを見つけた際に道が開けるような手助けをしてあげたいと思いました。なので、教育業界で働き始めました。

【なぜWAYSで働こうと思ったのですか?】

元々個別指導塾WAYSで働く前は、中高一貫校で講師として働いていました。中高一貫校は新入生を集めるために、大学の進学実績をとても大切にしています。進学実績を上げるためには上位25%の生徒の成績をアップさせれば、自然と上がるのです。なので、その上位25%の生徒たちの指導に力を入れ、残りの75%の生徒にはあまり力を入れていないというのが現状です。私は、その75%の生徒達を何とかしてあげたいと思いました。勉強ができない子でも、勉強のやり方を教えてあげることで出来るようになりますし、勉強のやり方を身につけることは、社会に出た時にどんな職業においても役に立つスキルだと思います。個別指導塾WAYSは勉強のやり方を身につけることに重点を置いている塾であるところから私の考えていた指導と一致していると思い志望しました。

WAYSについて

【どんな塾ですか?】

WAYSであれば、勉強したい!と思える塾だと思います。学校の授業が分からない、勉強の仕方が分からないと悩んでいる生徒でも、WAYSに来ることで勉強のやり方から指導をしてくれますし、講師も面白い先生が多いので生徒が、ここであれば勉強したい!、成長できる!と思うことが出来る塾です。

【指導で気を付けていることは何ですか?】

どうしても教育現場では先生と生徒という立場上、上下関係が生まれがちです。上下関係が生まれてしまうと生徒は思っていることや、悩みを言わなくなってしまいます。そこで私は生徒と対等な目線で、思っていることや、悩みなどなど、じっくりと話を聞いてその上で対応を考えるようにしています。後は笑わせることです。人の心を開くことは意外と難しいことです。この人面白い!と思ってもらうことが心を開く近道だと思っているので生徒を笑わせることを心がけています。

【WAYSのいいところを教えてください】

生徒がまた来たい!と思うようなアットホーム感があるところがいい所です。働く講師(社員)においてのいいところは、勤務時間がホワイトなところです。

【WAYSと他塾の違いを教えてください】

通常、塾では生徒が問題を解いて、分からないときに講師が解き方を教えるという指導であるため塾を辞めてしまうと勉強のやり方が分からず成績が下がってしまう傾向があります。一方、個別指導塾WAYSでは勉強のやり方を教えてくれるので普段から自分1人でも勉強する姿勢を身につけることが出来ます。また、生徒を何とかしてあげたい!という想いが強い講師が多いので、生徒のことを第一に考えて指導をしている先生が多いです。生徒のことを考え1人1人に最適な指導を行っているので保護者の方からの要望、振替え授業、遅刻など出来る限り柔軟に対応することが出来ますね。

【仕事をする上で何を大切にしていますか?】

講師が、楽しく働きやすいと感じでもらえるような環境を作ることを心がけています。生徒は楽しく仕事をしている講師をみることで、生徒にも自然と楽しく働いている雰囲気が伝わり生徒も楽しい先生がいるWAYSに来たいな!とおもうと思うんですね。なので、みんなが働きやすい環境づくりを常に心がけています。

【今の仕事における将来の夢を教えてください。】

校舎をこれからより増やしていき、最終的には中高一貫校の中にWAYSを作りたいです。WAYSは、中高一貫校を対象にした塾なので同じ学校の子たちが集まりやすいんですね。なので最終的にはその学校ごとにWAYSを作り、放課後の時間を使って定期テスト対策や勉強の仕方を教えていくことが出来たらいいと思っています。個人的には学校を建てたいです。教育業界にいると、今の学校のシステムで変えていきたいところが沢山出てきます。(笑)今より生徒想いなカリキュラムの学校を作れば、生徒にとっても1番いいことなのかなと思います。

【やりがいのあること、嬉しいことは?】

やりがいのあることは、講師の育成です。アインシュタインが”常識は18歳までの偏見”という言葉を残しています。それぞれの常識は18歳までの経験を踏まえて作られていくので、人によって常識にズレが生じてきます。中高生であれば、吸収していくことでも、大人になると、既に過去の経験を元に常識・価値観が作り上げられているのでその価値観を変えることはとても難しいことだと思います。講師にもよく言っているのですが、年取って成長するのは20歳までです。そこからは、自分で成長しようと思わない限りずっと中身は20歳のままで止ってしまいます。私自身も含めWAYSの講師にも常に成長し続けてほしいという想いがあるので、講師と共に成長していける方法を模索しながら、探していきたいです。嬉しいことは、生徒の成績が上がること、今まで勉強をやらなかった生徒が勉強が楽しいと言ってくれることは、とても嬉しいです。また、個別指導WAYSは大学受験には対応していないのですが自分の指導していた生徒が、大学にAO入試で合格したことも嬉しかったです。

【タブレット指導の良いところを教えてください】

1番の利点はデータが蓄積出来ることです。以前は紙でデータを取り、そのデータを自分で集計をし統計を出さないといけませんでした。アプリであれば自動で統計を出してくれるので、一目で振り返りやすいですし、統計学的な面からもアプローチしやすくなりました。他には、事務処理のスピードがとても速くなり、仕事の効率がアップしたこと、入力したものがすぐに他の講師と共有できる点も良いところだと思います。

株式会社メイツでは一緒に働く仲間を募集しています
Anonymous
Picture?height=40&width=40
Adcafef5 0f2a 440d 900e b3abc0138bb8
72e357c2 cd12 4e10 bb2c db08e0a3c63e
Picture?height=40&width=40
4 いいね!
Anonymous
Picture?height=40&width=40
Adcafef5 0f2a 440d 900e b3abc0138bb8
72e357c2 cd12 4e10 bb2c db08e0a3c63e
Picture?height=40&width=40
4 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる

Page top icon