1
/
5

なにをやっているのか

mederiは、代表の坂梨が自身の不妊治療を経て「一人でも多くの女性に後悔のない人生を送ってほしい」という想いのもと、2019年8月に創業しました。 「より女性が生きやすく暮らしやすく、働きやすい社会にむけて」をビジョンに掲げ、 産婦人科医と生理に悩む女性を繋ぐプラットフォーム「mederi Pill(メデリピル)」、 妊娠・出産準備をサポートする「mederi Baby(メデリベイビー)」などを運営しています。 「mederi Pill」は、2022年1月のサービス開始からわずか半年足らずで登録者数6万人を超え、 現在は登録者数20万人(2023年8月時点)も超え、急成長をしています。 2022年7月からはCM放映も始まるなど、さらなるサービスの認知と拡大をはかっています。 2022年6月には、自宅にいながら膣内の善玉菌と悪玉菌の割合を高精度検査センターで分析できる膣内フローラチェックキット「mederi Flora Check」の新規サービスの提供を開始しました。 女性の生理に伴う諸症状による社会的経済負担は6,828億円(※1)と試算されており、大きな社会問題となっています。 そのため、女性の健康課題に向き合うことで、社会全体の課題解決につながると考えています。 mederiは、今後も多角的に女性の生活をサポートするためのサービスの新規事業立ち上げおよび品質向上をはかると共に、男性や他ジェンダーの方を対象とした新規事業に着手するなど、誰もが愛でりあえる社会を目指して躍進してまいります。 ※1 健康経営における女性の健康の取り組みについて 平成31年3月 経済産業省 ヘルスケア産業課

なぜやるのか

「より女性が生きやすく暮らしやすく、働きやすい社会に向けて」が私たちのVISIONです。 すべての女性に、自分の体のことをきちんと知ってほしい。 そして大切に、愛でてほしい。 私たちは、安心、安全を追い求めながら、 心と体のバランスを整えるためのサービスを展開していきます。 mederiのプロダクトを通して、すべての女性がより健やかに、 幸せに暮らせる未来を実現します。 もっと誰かを愛でる。 もっと自分を愛でる。 そんな社会を目指して。

どうやっているのか

わたしたちは、 ・誠実さをもつこと ・主体的に能動的に行動すること ・明日ではなく「いま」動くこと ・周りとのコミュニケーションを大切にしながら動くこと を大切にして、日々の業務にあたっています。 スタートアップ企業だからこそ、経営陣との距離が近く、 上下関係なく、みながフラットで 自由な発想や意見を述べられる風通しのいい環境があります!