1
/
5

完全リモートで働くメディアファーストのデメリットとは?その❷

こんにちは。
スタッフ全員が完全リモートで働くWEB広告代理店
株式会社メディアファースト採用担当のkondoです。

以前、デメリットのストーリーを投稿したところ
予想以上に多くの方から反響をいただいたので
ワタシ的デメリットを追加でお伝えしたいと思います。

▼「完全リモートで働くメディアファーストのデメリットとは?その①」はこちら


① ON / OFF がよくわからなくなる

自宅で仕事をしていると、隙間時間にササっと仕事をすることも多く
自分に都合がつけば、休日や夜間も働けます。

そのため、いつでも仕事をしてしまう私みたいなタイプは
オンとオフの切り替えがうまくできなくなってしまいます。。

ただし、一つお伝えしておきたいのは
『休みの日や夜中まで働かされるブラック企業』
というわけではありませんので、あしからず笑

自分のプライベートを優先させながら
可能な時間にお仕事ができるということですが、

もう少し、うまく切り替えができるようになりたいなと思っています。


② すぐに答えが返ってこない

メディアファーストのスタッフ同士のやりとりは基本、チャットワークを使用しています。

タイミングによっては、しばらくチャットの返信がないこともあるので
同じオフィスや隣の席にいたら、すぐ答えが聞けるのに、、、という内容も
なかなか解決しないことがあります。

ただし、これは【慣れ】なので
返事がすぐこない前提で仕事を進められる能力が身につきました!

私自身、オフィスで働いていたこともあるのですが
「すぐ聞けるのがメリットだったんだな〜」と改めて実感しました。


③ 電気代が高くなった

これは、今までオフィスで仕事をしていた人にとっては
シビアな問題だと思うのですが、、

ずっと家にいるようになったので、夏や冬はエアコンがフル稼働。

そのまま電気代に直結します(泣)

通勤がなくなり、自由な時間も手に入れましたが
家がオフィスになると、かかってくる経費も増えてきます。

快適な仕事環境づくりは大切なので必要経費だと思っていますが
デメリットとしてお伝えしておきますね。


いかがだったでしょうか?

メディアファーストで働くメリット・デメリットを理解いただいたところで
もっと知りたい!と思っていただけたら、ぜひご応募ください♪

株式会社メディアファーストでは一緒に働く仲間を募集しています
14 いいね!
14 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
株式会社メディアファーストからお誘い
この話題に共感したら、メンバーと話してみませんか?