1
/
5

オンラインキックオフで2QMedPeer Awardが発表されました!

こんにちは、採用担当の加藤です。

少し時間が空いてしまいましたが、4月21日に17期3Qキックオフを開催しました。

今回もオンラインでの開催となり、部門長とプレゼンターは感染予防を徹底しオフィスから参加。Zoomで全社に配信しました。

初めてのオンライン開催から、早いもので1年です。参加側もオンライン開催に慣れ、運営はどんどん洗練されてきています。(初のオンライン開催の記事はこちら

今回も前半は2Q振り返りと事業トピックスの紹介、後半はMedPeer Awardという表彰パートでの構成です。

MedPeer Awardとは
・業績や実績への貢献はもちろんのこと、それだけではなく、メドピア社員が大切にしているCredoを体現できているかどうかを判断基準とした中で決定する賞となります。


今回は、準MVP賞が3名・MVP賞が2名と、活躍した社員が多い四半期でした。それでは早速、恒例のAward受賞者をご紹介します!

まずお一人目はこの方!

■準MVP MS事業部 メドピアラボグループ 佐野 公威さん

佐野さんは製薬メーカー向けのコンテンツ制作を担当しています。

プロジェクトマネージャーとしてチームを牽引し、部門の目標達成に大きく貢献。某大手製薬メーカーと初めてとなる取引き開始など、来期以降にもつながる成果が高く評価され、今回の受賞に至りました!コンテンツ制作は完全未経験からのスタートでしたが、今やチームのエースとして頼りにされている佐野さん、改めて準MVPの受賞おめでとうございます!


続いてお二人目!

■準MVP ドクターコミュニティプラットフォーム事業部  宮原 崇史さん


宮原さんは医師専用コミュニティサイトである「MedPeer」の開発を担当しています。
医師向けコンテンツの新機能の実装、キャンペーン推進に対し、エンジニアとして多大に貢献されました。自身が担当しているいないに関わらず、「MedPeer」で発生したトラブルには誰よりも積極的な対応をされており、メンバーからの信頼もとても厚い宮原さん。穏やかなお人柄で、いつも冷静に落ち着いた対応が周囲に安心感を与えてくれています。受賞改めておめでとうございます!


準MVP三人目はこの方!

■準MVP 経営企画部 HRグループ 高山 裕美さん


高山さんは入社1年未満にして、メドピアグループのSupporting(労務)領域をすべて取りまとめています。2Qは、対象者240%増(昨対比)の年末調整対応をチームメンバーと連携して完遂。並行して上期のイベントである人事評価対応、組織変更対応等をすべて期限内で進行、更に、会社の仕組を整えるペーパーレス化のプロジェクトなどをどんどん進めて下さっています。

高山さん、改めておめでとうございます!


それではいよいよ、MVPの発表です!

■MVP フィッツプラス ヘルスケアソリューション事業部 営業部 新関 えりか さん 


新関さんの授賞コメント一言目は、「入社以来、この賞をずっと狙ってました!」という力強いお言葉!

特定保健指導領域は新型コロナウィルス対応が続く状況ですが、2Qの目標を大きく超える達成と3Q以降の成果創出にもつながる、大型案件の受注にも成功されています。

自身のナレッジ共有をメンバーに展開することにも積極的に取り組まれ、周囲の信頼も抜群な新関さん。4月からはチームリーダーとして、更なる活躍が期待されています。改めてMVPの受賞おめでとうございます!

そして、今回はMVPがもう1名。珍しいW受賞となりました。もう1名の方はこちら!

■MVP フィッツプラス ヘルスケアソリューション事業部 
カスタマーリレーション部 吉田 寛子 さん

なんと2Qは、フィッツプラスからのダブルMVP受賞でした!

吉田さんが所属するカスタマーリレーション部は、特定保健指導を最後まで完遂していただくために対象者及び健康保険組合とコミュニケーションを取る部門です。

初回面談の実施件数を伸ばす目標を追うチームのプレイヤー、そしてメンバーをまとめるリーダーとしても大きな成果をあげていらっしゃいます。チームの目標達成はもちろん、フィッツプラスの業績向上にも大きく貢献されました。驚きと喜びで涙涙の授賞式となった吉田さん。オンライン上でも感動が伝わってきました。本当におめでとうございます!

激戦の末に受賞者が決まるMedPeer Awardですが、今回も大いに盛り上がりました。
このような形で四半期毎に社員の頑張りや功績をたたえる文化はとて良いものだと思いますし、仲間の素敵な仕事を目の当たりにして、自分もいい仕事しよう、と前向きな気持ちになります。

あらためてMedPeer Awardを受賞された皆さま、おめでとうございます!!


多様な職種の方々が活躍するのも弊社の特徴です。
少しでもメドピアに興味を持っていただける方は、ぜひ気軽に話を聞きに来てくださいね!



Railsエンジニア
Railsでヘルステック事業を前進させるサービス開発エンジニアを大募集!
メドピアグループの事業はすべて、「Supporting Doctors, Helping Patients.」(医師を支援すること。そして患者を救うこと)のミッションに沿って展開しています。 ・医療従事者や医療現場をサポート(Supporting Doctors)する「ドクタープラットフォーム事業」 ・個人の予防や健康増進をサポート(Helping Patients.)する「ヘルスケアソリューション事業」 この2つの事業体を軸にして多数のヘルステックサービスを企画・開発しています。 すべての事業の基盤になっているのは、医師12万人(国内医師の3人に1人)が参加する「MedPeer」のドクタープラットフォーム。最近は、スギ薬局などの大手からベンチャーまで、多数の企業とも積極的に提携をしながら、新規事業の開発を加速化しています。 ▼ドクタープラットフォーム事業 ・医師専用コミュニティサイト「MedPeer」※医師会員限定  https://medpeer.jp/ ・医師の求人・アルバイト情報サービス「MedPeer Career」  https://career.medpeer.jp/ ・医師のスカウト型転職支援サービス「MedPeer SCOUT」  https://scout.medpeer.jp/land ・開業医のための開業・経営支援サービス「CLINIC Support」  https://clinic.medpeer.jp/ ▼ヘルスケアソリューション事業 ・オンライン医療相談プラットフォーム「first call」(株式会社Mediplat)  https://firstcall.md/ ・管理栄養士による食生活コーディネート「ダイエットプラス」(株式会社フィッツプラス)  https://dietplus.jp/ ・医師と患者をむすぶメディカルサービス「イシコメ」  https://ishicome.medpeer.jp/ ・スギ薬局とのセルフケアサービス「スギサポ」シリーズ(株式会社スギ薬局/株式会社Mediplat)  ミールデリバリー「スギサポdeli」(https://sugisapo.ws/)  歩数記録アプリ「スギサポwalk」  食事記録アプリ「スギサポeats」
メドピア株式会社


サポート総合職
グループ全体の事業推進を支えて頂くサポート総合職を大募集!
メドピアグループの事業はすべて、「Supporting Doctors, Helping Patients.」(医師を支援すること。そして患者を救うこと)のミッションに沿って展開しています。 ・医療従事者や医療現場をサポート(Supporting Doctors)する「ドクタープラットフォーム事業」 ・個人の予防や健康増進をサポート(Helping Patients.)する「ヘルスケアソリューション事業」 この2つの事業体を軸にして多数のヘルステックサービスを企画・開発しています。 すべての事業の基盤になっているのは、医師12万人(国内医師の3人に1人)が参加する「MedPeer」のドクタープラットフォーム。最近は、スギ薬局などの大手からベンチャーまで、多数の企業とも積極的に提携をしながら、新規事業の開発を加速化しています。
メドピア株式会社
メドピア株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
5 いいね!
5 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング